• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

タンポポ 22話(最終話)

え、ここで終わり?って拍子抜け。回想しまくりで、それぞれの人生に別れて、終わりは終わりなんだけど、ポーシェンとチンチンの関係とか、まだまだ使えるネタが山ほどあるのに!って感じ。

ビンとシュエの父が静かに亡くなりました。妻に会いたいと言い続け、ビンに苦労をかけ続けた父親。「恨んでない。愛してる」ってビンの言葉、聞こえたかな?幼いビンが、刑務所の父と面会しているシーンとかかなり泣けますね。「愛しているから恨んでいる」と行っていた父さん。ビンは、シュエに「遺骨を台湾に持って行って。私は残ってちゃんと幸せになる」と告げます。
シュエは一緒に台湾にというけど、「ずっと一緒には居られない」そうだよねえ。チャンハオが過去を思い出す薬を与えた時点で、ビンかチャンハオかどっちかは去らないとダメなわけで。
シュエが育てたビンの庭の花が咲きました。これを残して、シュエは旅立つ予定。でも、彼らを見送らないで、ビンは旅立ってしまいました。「タンポポみたいに、気ままに旅をする。幸せになって帰ってくる。だから、父さんと花を台湾に持って行って」と手紙が。ビン、ポーシェンのくれた「アイ・ラブ・ユー」ってしゃべるぬいぐるみ持って行ってるんだ。ポーシェン、今こそ追っかけないとダメじゃん!
ポーシェンは、両親に黙って大連をでようと、置いていくプレゼントをチンチンと選ぶ。チンチンはポーシェン好きだと思うのに、ほんと女心が分からん奴だな~。だから、ビンをなかなか捕まえられないんだよ!チンチンは見送りに来てくれる。ビンを探しに行くってのは彼女にはバレバレ。「運命だから、きっと探し出せる」と信じてるポーシェン。

≫ Read More

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| タンポポ | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

タンポポ 21話

物事には良い面と悪い面がある。シュエが語ったように、チェンハオの記憶が戻ることはビンを苦しめる。療養のためにもシュエに残るようにいうビンを、気遣うシュエ。ふっ切ろうと、雨の中を走りに行くビン。ほんと、いい子すぎる。
皆で作業中、ふとしたキッカケで色んなことを思い出したチェンハオ。駆けだしたチェンハオを追いかけたシュエに、「思い出した。君を愛してる」と抱きしめてキス。やっぱり心配して追いかけたビンが、それを見ることに・・・。ビンを好きだった気持は忘れちゃうのかよ!ってことだよなあ。逃げるビンをポーシェンがフォロー。隠れたい気持ちを察して、秘密の洞窟教えてあげるんだ。流石に、ポーシェンに抱きついちゃったビン。泣いていいよ。ビンは何も悪くないもん。
ビンとポーシェンは洞窟で一晩。朝になってビンが居ないのに気がつくシュエ達。それどころじゃないのは分かるけど、あんたら、チト自分勝手だよ。

しかし、洞窟でシャオトン崖崩れから逃げ遅れたと情報が、ポーシェンとチェンハオで救いに行くも、チェンハオ逃げ遅れた。しかし、事故の多い人生やな~。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| タンポポ | 19:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

タンポポ 20話

シュエは、父親に「もう恨んでない」という話をしてあげます。後悔し続けている父に、母のお迎えの夢が。追いかけて居なくなった父を、ビンとシュエで探し回ります。瓦礫のビルの上に座って、妄想の星を眺めている父。

チャンハオはシャオトンと仲良く。親子の絆は着実に深まってます。シャオトンは農村の子どもたちとも交流を。星を眺めて、「シリウスより地球が良いな」というチャンハオ。薬の効果が出たのか、次第に農村での過去の記憶が、断片的に戻り始めました。しかし、激しい頭痛に見舞われてしまい、ポーシェンがヘルプ電話を。ひとまず薬を中断。
シュエとビンは、チェンハオの見舞いも兼ねて農村に。チャンハオの記憶はどんどん戻ってきています。だから、シャオトンのためにも薬をやめたくないとチャンハオは粘る。ビンは医師としては止めたいけど、記憶が戻るのを嫌がってると思われたくはないから、強く言えない。
ビンは、シュエやチャンハオの家族の邪魔にならないように、そっと席を抜け出してブラブラ。ポーシェンがビンに付き合ってくれます。ポーシェンは「君はいつか僕から離れていく。だから、ちょっとでも見ていたい。僕は君の理解者だ」だなんて、寂しいなあ。ビンも「親友」としか言わないしなあ。現実から逃げて星を見てばかりの父の話から、「手が届かなくても、綺麗だから遠くから見るだけでいい」って話をするポーシェン。

夕立ちなのに、帰ってこないビンを心配するシュエ。でも、3人で寝たいってシャオトンのおねだりには逆らえない。気にしないフリしてるけど、ビンは辛いよなあ。眠れなくて、散歩にでたシュエとチェンハオ。当然、やっぱり眠れないビンはそれを後ろから見るしかない訳で・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| タンポポ | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

タンポポ 19話

農村で仕事を手伝うことになったチェンハオは、以前の感覚を取り戻していく。ポーシェンのビンへの一途な愛に「僕には資格がないから、祝福する」というチェンハオ。まだ、ビンが好きなんだなあ。
ビンの家で暮らすシュエとシャオトン。届かないと分かって書いてきた手紙を、お互いに呼んだ二人。特にシュエ。やっと、ビンの苦しい人生を理解したか?でも、シャオトンはいまだに一人になる恐怖があり、ビンに敵意を隠さない。時間をかけてビンはシャオトンと気持ちを通わせて行きます。
ずっと一緒にいられたらと願うシュエだけど、ビンは「お互いの生活がある。離れてても思っていればいい」と。こうやってビンは「チェンハオはシュエと台湾に」というのが決まったことのようにふるまって、彼を譲っちゃうんだなあ。チャンハオ追い出せば、二人で幸せになれるんだけど。シャオトンが可愛そうか。シュエはチャンハオが植えていた植物の世話を。ビンのために花を見せてあげたいんだって。
ある日、ビンはアメリカの新薬で認知症や記憶喪失に効く薬があることを知る。認知症がどんどん進む父。母さんが恋しい父を思うと、父に無理させているような気がして、薬を使う気になれないビン。
大連に上司への報告に戻ったボーシェン。ビンは薬をチェンハオに渡すよう頼む。しかし、二人でいるのをポーシェン母が見て怒ってます。家にはチンチン呼んでるし・・・。チンチンが「友人です」とはっきりさせてくれて、ちょっと安心のポーシェン。嫁じゃなくて娘にすれば?ってお父さんナイスアシスト!しかし、とっくみあいでじゃれ合ってると、チンチンはちょっと気持ちが揺れちゃうよなあ。ポーシェン鈍い!諦めに行ったはずなのに、「待つ覚悟ができた」って決意して帰ってきちゃうし・・・。
シャオトンはポーシェンと一緒にチャンハオに会いに。チャンハオは「記憶に関係なく、シャオトンを愛してるよ」って、シャオトンをたっぷり愛してあげます。
 
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| タンポポ | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

タンポポ 18話

シュエは、ビンとやり直してとチェンハオに。ビンは一人でどうやって生きていくのか?やっと想い至ったか。でも、ポーシェンが毎日お迎えに来て待っててくれるし、「歩ける限りついていく」とか言ってくれるし、そっとしといてあげれば?朝からランニングのビンを追っかけるポーシェン健気だねえ。でもポーシェン母はひたすらチンチンやら看護師やらをポーシェンにプッシュ。チンチンとは普通に仲良く気軽に軽口をたたく友人関係。
でも、ビンはチャンハオとの思い出を確認しに、1人であの広場に。そこにはチャンハオが一人で座ってた。「貴方達を怨むのはもう疲れた。それに姉さんとの絆を感じた。あなたのことを愛してはいなかった。姉の幸せが憎かったからだと思う」というビン。本当にイイ子だ。悪者になってあげる。「すべて忘れて、姉さんを幸せに」と。チャンハオは台北に戻るからシュエを頼めないか?とお願い。
二人で過ごすことで、ビンとシュエの絆は深まります。想い出の品を持って行ったビンに、「ずっと思っててくれたのね」と感動のシュエ。当たり前じゃん。あんたはビンの話しを聞こうとしなさすぎ。ここで「ゴメン」と謝るビンはいい子すぎ。だから苦労するのよ。チャンハオを返すというシュエにも「終わったこと」と。こういうとき、「チャンハオを返す」ではなく、「愛してないから別れる」って言えば、ビンの負担も減るのにね。シャオトンと帰ってきたチャンハオ。シャオトンは相変わらず「パパを取らないで」と怒ってる。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| タンポポ | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

タンポポ 16話後半・17話

17話を見ようとしたら、16話の後半をみてないことに気が付きました!しかし、私はどうしてもシュエの無神経さにイラっと来ます。悪気はないし、優しい気持ちで言ってるんだろうけど、実際にやってることは傷つけることばかり。ビンの苦しみを理解しようとすることもなく身勝手すぎる。で、許すから許してほしいって、どうなんよ?

まずは16話後半
ビンは施設の父の所へ。ビンが誰か分からない父さんとこっそり晩酌。「酒に頼る父さんの気持が分かる。だけど、生まれ変わる。誰も愛したりしないで、自分のためだけに生きる。」だって。そんな寂しいこと言わないでくれよ。父さんはシリウスに帰りたいだって。
チェンハオはこっそり影からビンを見ることしかできずに明け方帰宅。なんと、シュエがぶっ倒れてた。優しくしてくれるチェンハオ。だけど、病院でチェンハオとビンは再会してしまいます。目をそらして知らんふりする二人。
シュエは急性白血病。分かってたとか言っちゃって。黙って大連に連れてきた理由を「私の代わりに幸せになってほしい。神様がそう思ってる」と犠牲的な態度を示すシュエ。うーん、でも、結局は手に入れるだろ?チャンハオは優しい人なんだしさ。「感謝するべきだった」って、愛してくれないならビンに返すってのは、拗ねてただけじゃんな。シャオトンのために生きて帰らなきゃって、結局ビンの骨髄協力が欲しかったんじゃ?と、ひねくれた自分は思ってしまうぜ。それでもいいんだけど、ストレートにそれを表現しないのがな。ビンの犠牲のが常に大きいから、気の毒になっちゃうよ。
チャンハオも、この状況でビンに移植を頼みに。出て行けというビンに「白血病」だと。この状況で頼んだら、「まだ愛してると言ったのは嘘か」と思うだろ?「姉さんなんかいない。あの人は夫を奪った人。」というビン。しかし、二人でもう一度お願いに。

17話

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| タンポポ | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

タンポポ 16話

ビンはポーシェンと一緒にバンジージャンプ。これで死んで、チェンハオとの記憶を捨てる勇気を持とうとしたビン。健気だなあ。24時までポーシェンに付き合ってもらったビン。なんとか復活です。ポーシェン「シンデレラはお姫様になるんだよ」とか言ってくれて、優しいんだけどなあ。
でも、ポーシェン母はビンとの交際は反対。ビンを呼び出して二人で話を。
チェンハオはブランコから落ちたシャオトンを見てとっさに駆け寄った自分に「シャオトンへの愛」を実感。しかし、シュエは「血は水より濃いからシャオトンを愛して居ても、私は愛していない。だから、ビンの所に行きましょう」と。愛情がないなら、一緒に居て欲しくないというシュエ。シャオトンを友人ヨンシーに預けて、二人で大連に。
まずはシュエが待っていて、「返しにきた」と。だけど、ビンは「あなた達はもう関係ない」といいつつ、なんで帰ってきた!と大声をあげるしかない。ポーシェンがまずはチェンハオに会って、「動揺させるだけだ」と。シュエが離婚したいといっても、チェンハオの気持は家族の責任を果たしたいということ。だったら会うなっていうポーシェンは正しいよね。
でも、チェンハオはビンとの思い出の街かどに立ち尽くす。すごく会いたくて家まで行ってみるも、会う勇気が出ないチェンハオ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| タンポポ | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

タンポポ 15話

ポーシェンはビンをなんとか助けたくて必死にフォローしているけど、朝帰りしちゃったりして母親の不信を。ポーシェンは、悩み相談でティワンを呼び出した。「三角関係は複雑ね。片思いなんて、自分を苦しめるだけ」と言われても、ビンがどうしても放っておけないポーシェン。だけど、ティワンとの気楽な関係に慰めを求めてないか?ちょっと危ういなあ。
ビン。起きたらポーシェンの「汚れたから男もの借りた。自分を傷つけるな」というメモが。その男ものはどう考えてもチェンハオのじゃん。ポーシェン、ちょっと無神経だぞ。
ビンはその後も酒浸り。ひたすらフォローの日々のポーシェンだけど、ビンは「あなたなんかみたくない」だと。男のために人生を棒に振るのか?なんて説教、聞きたくもないよなあ。ビンが悲しいのはチェンハオのことだけじゃなくて、何もかも与えられない苦しい人生のせいだから。泣きだして抱きついたビンに、ポーシェンがキスしようとしたけど、ビンは「これが作戦なの?」と押しのけた。ポーシェンって、ほんとイイヤツなんだけど、女心が分からん奴だな~。
嫌われても、毎日しつこく後を付き添って、酔っ払いの世話。いやあ、よく続くなあ。誕生日を迎える瞬間も一緒に居て、ケーキを用意したり。健気だねえ。この10年、誰にも祝ってもらったことがないビン。ビン、可哀想すぎるよなあ。ろうそくに願うのはチェンハオに戻ってほしいという願い。ビンは「優しくしても何も変わらないよ」ってポーシェンに言いながらも、傍に居てほしいって、少し甘える気力が出てきたか。
翌日、一日ポーシェンに付き合う約束をしたビン。ポーシェンは「辛くて死にたいのに勇気がないんだろ?一緒に飛び降りる。今日死んで生まれ変わって」とバンジージャンプに誘いました。これで、なんとか酒浸りからは脱出できるか?
シュエはチャンハオを、始めて出会った、そしてプロポーズの場所に連れて行った。そして、前に住んでいた両親の果樹園に。でも、まったく思い出せない。それに、義兄たちは外国に移住してたし、果樹園は売られて住宅地になっている。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| タンポポ | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。