• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

冬のソナタ  19・20(最終)話

冬のソナタ DVD-BOX vol.2韓ドラみるなら見なきゃ!と思って、3度目のトライでやっと完走。頑張ったけどホント―に辛かった。ガラスの靴以来の「ウザいヒロイン」に、イライラしながら見てました。激しく無神経で自己中な女なのが凄く嫌だった。で、だれも、それを指摘しないという異常な世界。ユジンほどではなかったけど、ジュンサンの無神経ぶりもかなりだったしなあ。敵役・悪役のチェリンの方が、よほど細やかな神経持ってたなあって感じ。
あと、息抜きになってくれる笑い要素キャラが皆無だったのも、見るのが苦痛だった原因かも。


19話
兄妹であることを知ってしまったユジン。ジュンサンを訪問し、ミヒと会った。本当に父の子なのか?と問うユジンに「ジュンサンは諦めて」とミヒが語った。
会社に久しぶりにやってきたジュンサン。ユジンが駆けつけたが「サンヒョクに聞いただろ?別れたんだ。俺はアメリカに立つ。愛してない」とジュンサン。「嘘よ!ただ、愛しあっちゃダメなの?」と泣くユジン。いや、ダメ!だろ~。あと、落ち着いたら、サンヒョクにいかに辛い役回りをさせたか、思い出してあげてね~。
ユジンは母のところに、ジュンサンもミヒのところに・・・。別れるしかないもんな~。それはチェリンやサンヒョクにも波紋となって広がる。

ジュンサン、体調不良。彼を訪ねてきたサンヒョク父の前でぶっ倒れた~。事故の後遺症らしい。で、サンヒョク父、こっそりDNA検査をやっちまいやんの。プライバシーだぞ~。連絡受けたサンヒョクと、一緒にいたチェリンが駆けつけた。寝言でユジンを呼ぶジュンサンを看病するチェリンは良い子だねえ。チェリンの「逃げちゃいなよ」っていう訴えは泣けました。ユジンには全く泣かされないのにねえ。

ユジンは故郷で思い出と別れを告げ、ソウルに戻って来ました。で、サンヒョクに迎えに来てもらうとかどうなのよ~。まずは、あんたはサンヒョクに謝らないとダメなのに、「ジュンサンに会いたい」とか何なんだよ~。ホンっとに、無神経すぎない?「泣いたりしない。ジュンサンに話があるだけ」とか、はああああ???あんたは泣かなくても、サンヒョクは泣くっつーの!

≫ Read More

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 冬のソナタ | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

冬のソナタ  18話

冬の恋歌(ソナタ) オリジナルサウンドトラック ?国内盤?視聴がノルマ化してます。あとチョット!頑張れ、自分!最後になって、ドラマそのものも引き延ばしが入ってる感じですね~。

ユジンとジュンサンは二人だけで結婚式を。花の冠をかぶったユジンは美人でしたね。でも、幸せそうじゃないなあ。
サンヒョクがユジンを探し当てて、「絶対にダメだ、二人で式をあげても解決しない」と、無理やり引っ張りだしました。ユジンは「離して~。助けて~ジュンサン~」と悲劇のヒロインぶってます。
怒るユジンに「諦めきれない」と悪者になってあげるサンヒョク。ユジンは怒るより前に、サンヒョクが何を考えているのか、少しは理解しようとしろよ。20年以上付き合ってきた男だろ?今さら、そんなことをする男じゃないのも分からんのかい。すっかり、自分を愛してるからだと思いこんで「世界中が反対しても構わない」とか言ってる場合じゃないっつーの。

ジュンサンは、サンヒョクに知られていると分かって、がっくり。「誰も知らないと思ったのに」って、親が反対していることから想像してなかったんかい。やっぱ、ジュンサンって、ド・アホ?「見逃してくれれば二人で遠くに逃げたいと言ったら?」とか言っちゃってるが、流石にそれは許されないと知っていて、一人で遠くに逃げてしまいます。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 冬のソナタ | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

冬のソナタ 16・17話

冬のソナタ 完全版〈2〉 (ヴィレッジブックス)ユジンがどーしても好きなれないまま終盤まで。ますますデリカシーのない女っぷりを全開にしてますねえ。なんか、冬ソナブームの時に「一昔前の健気で純真な女性像が人気の秘密」とか言ってた気がするけど、全然違うよな~。単に思いやりも優しさもない図々しい女じゃんなあ。チェリンやサンヒョクの気持を全部分かっててあんな事出来るなんて、よっっぽどアホか、性格最悪がどっちかしかアリエンだろ。
彼女が涙しても、「泣き落しかよ。ケッ」としかもう思えない。

16話
愛してるって言いたかった!とかいいつつ、全部思い出した?って、そっとしとけないのかよ。ソウルに戻って病院で思いだそう!ユジンって図々しいキャラっすね~。

ユジン母がサンヒョクに結婚資金などを返しにきた。こんなことまで母にさせてんのかよ~。ホント、都合のよい女。「私の方こそすみません。幸せにしたかったのに」っていうサンヒョクはいい人すぎるっしょ~。まだ、ユジンを思う気持ちは消えてなくて、また露骨にげっそりしちゃってるのに、「ユジンも辛かっただろうな」と言っちゃって、耐えてるのはエライ!
サンヒョクの所にインタビューにきたミヒとユジン母が再会してしまいます。ユジン父=ヒョンスを挟んが二人の女性。ユジンの母だと聞いて、ミヒはオットケー・・・。

日本に演奏旅行に行くミヒをユジンとジュンサンが見送ったけど、ミヒはユジンを不審な目で見ます。今までの経緯からして仕方ないと思うのに、露骨に不満顔するユジン・・・。既に、彼女の行動の全てが「性格悪いな」と見えてしまうよ~。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 冬のソナタ | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

冬のソナタ  15話

冬のソナタ 完全版〈1〉 (ヴィレッジブックス)このドラマがヒットしたってことは、ユジンを好きになれる視聴者がかなり居たってことだよねえ・・・。私は絶対ダメだ。腹立って仕方ない。

思い出したミニョン=ジュンサンと、ひたすらに想い出話。
記憶が戻ったと聞いて駆けつけたサンヒョクがそれ見ちゃった。記憶が戻る前に別れ話をしないのが嫌。
チェリンは酔っ払い。ユジンは「申し訳なくて誰にも言ってない」って、ええ??思い切り言ってるジャン!こういうわざとらしさが嫌い。チェリンの強がりのが、よっぽど可愛い。ミンヨンさんを忘れちゃだめよって、これが正しいだろ。
サンヒョクが「身を引く」と話しに来て、「私、天罰が下るわ」って・・・。散々助けてもらったんだから、「ありがとう。ごめんなさい」の一言でも言えよ。泣いてるのみても、自分が悪者になるのが嫌としか見えないよ。
サンヒョクは「ユジンを愛してるのではなく執着だった。疑って傷つけるばかりだから、私から断った」と周囲に説明。こういう悪者をやってあげるのは、やっぱ愛情だよなあ
一番悪いユジンは一言も謝らず、サンヒョクやジュンサンばかりが謝るのが納得いかん

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 冬のソナタ | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

冬のソナタ  13・14話

冬のソナタ DVD-BOX vol.2ユジンの性格がどうしても好きになれないっす。ジメジメ・ネチネチ、「そんなつもりじゃないんです」といいながら、計算づくで周りを振り回してるように見える。策略かけまくりなのに、抜けてて失敗ばっかりのチェリンの方が、素直でカワイイとすら思う。ま、顔がカワイイからかもしれないが。

13話
サンヒョクは「ユジンが欲しくて、そんな嘘を」なんていってミニョンに殴られた。ユジンはサンヒョクを庇って一緒に帰宅。二度と会わないでと願うサンヒョク。
一方、ユジンの友達は「あの人がジュンサンなら運命ね。サンヒョクもチェリンも諦めるべき」って。オイオイ、あんたはサンヒョクの友達でもあるっしょ。サンヒョクとユジンだって、何十年って積み重ねがあるのは運命だからじゃん?無理やり、主役カップルの正当性を出そうとし過ぎ。
「貴方はジュンサンとは凄く違う」と電話で話すユジンだが、最後に一度と会い行こうと。止めようとした母がぶっ倒れて、とりあへず阻止。

サンヒョクが「ユジンを傷つけるな。過去にユジンを利用したことを思い出してないなら、お前はジュンサンではない」とけん制。で、やっと、母親に「記憶を取り戻したい」と訴えた。だけど、「ジュンサンを愛して居たけど、凄く苦労したから、思い出してほしくなかった」という母。ジュンサンは残された思い出の品を探して、記憶を自分で掘り起こそうと。で、出てきたのはユジン宛てのテープ(練習してるやつね)。母校に行ってみるジュンサン。同じく、母校を訪ねたユジンとニアミス。
しばらく雲隠れしてたけど、やっと会社に復帰。アメリカに行くと言い出した。で、サンヒョクにも会って「ジュンサンを諦める。私はミニョンだ。この姿でユジンを愛した。思い出せないジュンサンには戻らない。ミンヨンはユジンを諦める」と告げた。しかし、「今は」そうするのが一番って、一発逆転を狙ってるだろオイ!
サンヒョクも「ジュンサン、生きていてくれてよかった」とか、余計なひと言を。更に、チェリンにも渡米の話をしてしまったり、本当に余計なことするんだな。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 冬のソナタ | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

冬のソナタ 12話

冬のソナタ DVD-BOX vol.1全20話。完走できるのかなあ・・・。イライラして仕方がない。

サンヒョクを追いかけるユジンを見送るしかなかったミニョンはがっくり。催眠療法でも受けてカウンセリングするか?って次長に言われて、「俺、もしかして記憶がない?」と思いだした。(なんて、間抜けな男)
逃げ出したサンヒョクをユジンは追っかけた。「ゴメン」ってユジンはサンヒョクを抱きしめた。サンヒョク、チョイ浮上。式の日取りも決めたし穏やかに・・・。ユジン父の誕生日で、二人でお墓参りして結婚報告。「ユジンの心に綺麗な絵を描きたい」って、良いセリフだなあ。
サンヒョクは、ユジンの家に心配させないように、結婚費用も準備してて、ユジンはちょっと不満。「なんでも勝手に決めて、私はどうすれば?」って、いつも頼り切ってる癖に、プライドだけは高いんだから~。
ユジン父の墓にはカン・ミヒさんも参ってて、すれ違いましたよ~。そのカン・ミヒさんの自宅にインタビューに行く予定のサンヒョク。車にあったチラシを見たユジンが「ミニョンさんのお母さん」と言ったことで、サンヒョクは嫌~なことに思い当ってしまいます。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 冬のソナタ | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

冬のソナタ 10・11話

もう、すごーくイライラするので、ながら見にどんどんなってます!やっぱり、最初に見たのが冬ソナだったら、私は韓国ドラマを見るようにはならなかったな~。イライラしまくり。四季シリーズ、夏→秋と見てたけど、こんなにイライラはしなかったなあ。
夏も婚約者を振って男と・・・って話だけど、あんまり媚ない演技のソン・イェジンがヒロインだったからかなあ。ウジウジ系キャラだけど、そっと静かに花のように微笑むヒロインだったし、憂鬱そうな顔一つとっても夏なのもあって爽やかさがあって重くはなかったもんな。あと、笑い要因の脇役がいたのも気を抜けた。


10話
7歳の時に海に落ちて大変だったと母が言って、「それはアメリカの話っしょ?今回、始めて韓国に来たんだし・・・」ってミニョン。
道に迷ったら動かないポラリスを探せとジュンサンが言ったという話をするユジン。「沢山傷つけて、許してもらえないかも、どうしよう!」とか、思い切りミニョンに頼ってる。結局、頼りになるサンヒョクからミニョンに乗り換えるだけじゃんな。
サンヒョクは「ユジンはソウルに帰した。お母さんの誤解だ」とユジンを庇う。しかし、一晩過ごしたことにして、どんどん外堀固める手段を。ま、汚い手なんだけど、ユジンが逃げたのが悪いわ。でも、サンヒョクの人柄を知っているから、信じてもらえない。サンヒョクがユジン母に謝るのが、とても悲しいよ。
ユジンは一泊して自宅に。やってきたサンヒョクに「ゴメン」って泣いて見せる。許せないっていうサンヒョクの気持がわかり過ぎ。友人ジンスクも、サンヒョクやチェリンを思って家を出た。
ユジンは問題解決から逃げて、ミニョンから星のネックレス貰ったり、デートしたりと呑気にラブラブしてます。
サンヒョクが会社まで辞めて、完全に引きこもりになった。ヨングクが心配して、ユジンに「お前がなんとかしろ」と。でも、「何もしてあげられない」とユジン。さらに、サンヒョク母までが、「何でも言うこと聞くから」と頭を下げてきた。それでも、ただ黙って下を向くばかりのユジン。あのさ、思い切り悪女を演じてあげるとか、いろいろ出来ることあるっしょ?ま、サンヒョクも振られたくらいで断食なんてって感じだが・・・。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 冬のソナタ | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

冬のソナタ 9話

もう、どうしてもユジンが好きになれん。あのウジウジした表情もだけど、「いい人ぶりっこ」してるのが。

ユジンをスキー場まで連れ帰ったミニョン「ユジンさんが僕を好きだと信じたい」とか言っちゃって、はああ?って感じ。で、迫りまくりだし、どんどん流されているし。そもそも、男に襲われて逃げた女が、無防備にミニョンに抱き締められたり、夜の戸外でぼんやりって不自然じゃね?
サンヒョクが謝罪に。出来れば忘れてほしいというサンヒョクに、「あの日のことが原因じゃないけど、結婚を考え直したい。いろんなことが揺れているから、とても辛い。家族のような友達に戻りたい」と。そりゃ無理に決まってるがな。散々傷つけておいて、図々しいぜ。このウザったい表情見てるとイライラする。
ミニョンにも「どっちを選んでもどちらかが傷つく。あなたが好きだけど、ダメなんです。つらくても一人で頑張る。だから、助けてくれますよね?」だと。オイオイオイ。ダメなら、どっちも好きじゃないというのが礼儀だろ。これで、ミニョンは自分が悪者になって奪う道を選ぶっしょ。
公開放送でスキー場にやってきたサンヒョクはミニョンに「あなたは感情が抑えられない欲深い人だ。私は自分のものは守るけど常識的にふるまう。ジュンサンの存在を利用して、彼女を振り回すな」と。しかしミニョンは「利用などする必要はない」だと。
サンヒョクはユジンを同僚に紹介したりして外堀を埋める作戦。ま、婚約したんだしなあ・・・。しかし、ユジンは二人になったとたん「決心は変わらない」と逃げだした。納得いかないサンヒョクの気持をわかれよ。「どうせ今までだって僕だけが愛してたんだ。愛してなくても良い」というサンヒョクに、「愛してなかったと思ってるの?」だと・・・。はああ??ホントのこと言われて「私が悪者かよ!」って切れるのか?口喧嘩してるところにミンヨンが出てくる。あんたは出てくるなっていうか、ミニョンに頼るユジンが嫌。一応「サンヒョクと話す」とは言ったけど、一度ついて行きかけるだけでダメっしょ。何から何までミニョンに相談する所も嫌。自分で悩みぬけよ・・・。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 冬のソナタ | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。