• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)32(最終)話

華流ドラマっていくつか見ましたが、淡々と展開していく感じがします。起承転結がはっきりしないで、エピソードが羅列されるだけって印象がある。それでも、エピソードそのものや、シーンシーンは凄く劇的で面白いです。そんななか、現れては命を落としていく女性たちが印象的でした。


荊軻が戻るまで待てないか?と於期に願う丹。荊軻は刺客・蓋聶の同伴が必要だというが、もう待てない。丹が鍛えていた兵たちの中から選ぶことに・・・。そこに、キジャクとの戦いで死んだと思った舞陽が帰ってきた。

荊軻は暗殺を決し、於期に別れを告げに行った。於期は、理想と現実の違いに打ちのめされたような気持ちでいる。荊軻は「チャンスは来る」というけど、於期は「本当に世のためか?秦王に天下統一させるのが真の平和を呼ぶことでは?丹が本当に平和を呼ぶか?形勢が変わることは、多くの死を呼ぶことでは?」という於期の疑問は晴れぬ。晴れぬけど、荊軻のためには成功を願うしかない。
色々な状況を考慮して、「王の傍に寄るには、王の気がかりとなっている私の首を差し出すしかない」と言い出した於期。「それは出来ない」という丹王子。決断できぬまま時が過ぎ、王箋が侵攻してきた。玉砕覚悟の反攻を望む丹だが、「それでは民のためにならぬ。投降か、暗殺かしかない」と言い出す。

ガン蘭が「一緒に逃げて静かに暮らしたい」と言い出した。あんたらが煽って、戦争の渦に連れ帰ったんだよ~。もう、逃げるに逃げられない男が二人。

於期、自ら決断して荊軻の元へ。最後に酒を酌み交わし、自決・・・。こんな決断も引き受けられぬ丹王子じゃダメだよなあ。

荊軻はサントウを連れて斉へ旅立とうとする漸離と再会します。「なぜ、このようなことを?なぜキジャクを殺した。友達を信頼できないか?」と問いかける。「お前も彼女も責めないが、秦王が悪いのでもない。改革で暴力的な手段を使うのは同じだ。私の音楽も役に立たなかった。秦王が死ねば世はさらに混乱する。理性では秦王の統一を、燕国人の感情としては暗殺の成功を願っている。」漸離はキジャクに贈られた楽器で音楽を始めたんだね。それで、易水の別れという曲を作り、荊軻にささげる。

旅立つ荊軻と一晩を過ごしたガン蘭。一緒に死ぬと決めてしまってる。結果を聞いたら、自決する・・・。

暗殺計画の結果は、荊軻一人で挑んで返り討ち。丹王子の生首を差し出しても秦王の怒りは収まらず燕国滅亡・・・。

歴史的な結論がこうなだけに、やはり虚しさが残ります。作品全体として、「闘いの虚しさ」を悟った上で、それでも戦う道を選ばさるを得なった荊軻と於期を描いてきたこの作品。残されたのは一つの詩。

スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)31話

荊軻の目的を聞き出そうとするキジャク。ギリギリで荊軻が現れた。短刀を取り上げ、秦王を殺す気か?と尋ねたキジャク。ガン蘭が反応しちゃったよ~。戦いの合間でとにかくガン蘭は救ったが、キジャクを口封じに殺さねば!と荊軻が追いかける。
しかし、荊軻は強い!強すぎる!伝書鳩も射殺し、キジャクと直接対決。。そこには燕の兵を率いた猛将軍が。「殺せ」と刀をさし出したキジャクだが、猛将軍はその刀で自分を刺した。「裏切った自分が許せない。お前を殺せない・・・」。
キジャク、勝負よ!と荊軻に戦いを挑む。
そこに、キジャクの伝書鳩を追ってきたサントウと漸離が「やめろ」と止めに入った。「友のために人を殺すのではなく、友のために人を殺すのを止めてくれ」という漸離が、刀を構えてまで訴える。キジャクにも「ともに生きることだけ考えるのだ」と訴えるが、「私は愛することが許されぬ身だ。愛しただけで十分だ」って、「もう一度会えた」という約束が叶って、キジャクは諦めちゃってるだろう。
「ここで辞めても私は死ぬ。あなたは巻き添えにならないで」って漸離を庇うように戦いを挑んでしまう。「ごめんなさい」って言葉を残して、「サントウを失いたくなくて、言葉が話せぬようにした。ごめんなさい。荊軻を責めないで」って、キジャクは逝ってしまう。

ガン蘭は戻ってきた荊軻に「あなたが好き。私を好き?」なんて無邪気だねえ。あんたの不注意で殺し会いになったんだが・・・。荊軻は、「今の時代、愛情を持つのは間違いだ。誰も愛さない」という荊軻。
ガン蘭は「公主として使節になる。私も行く」なんて言い出した。しかし、「荊軻にとって暗殺が彼が輝くとき。我々がなすべきことは他にある」と言い聞かせるが、ガン蘭は聞きわけない。

秦が攻撃を開始した。急がねばならぬ。丹から王宮の詳細を聞き出した荊軻。計画はこうです。
燕国の使節として、秦に屈し地図を献じるという名目で秦王に拝謁。「土地の説明をしましょう」とそば近くにより、地図から刀を出して襲いかかる。そして、「正当な王ではない。次の王は定遠君だ。」とやった。国は次の王をめぐって争いが起こる。

於期が、「もう打つ手がない。これは敗戦だ。それを受け入れて策を決断せねば」と言ってきた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)30話

漸離と丹は再会。
相変わらず荊軻をくっついてまわし、「なぜ短剣のために徐師匠(初回あたりに出てた旧知の人ですね)を探すの??」と聞きまくるガン蘭。
死んだのでは?だろうってことになっても、「使命だ」という荊軻。隠遁生活を送っているらしいほら穴を発見。そこには、錯乱した徐が。優れた剣匠だったのだが、その記憶もない。ガン蘭が薬を煎じてみるけど、効果なし。で、剣を作る手法の話をして、思い出してもらおうと・・・。次はハリ治療!というガン蘭。
で、妻が亡くなった場面を再現して見せる荊軻。(荒療治だな~)思い出したけど、失踪しちゃったよ~。
見つけた徐将軍、意識は取り戻したが「もう、人を殺す剣は作らぬ」という徐に、「剣を作った罪を償うために、秦王を殺す剣を作ってくれ」と説得する荊軻。
短剣を作り始めました。しかし、炉に足りぬものがあるという。徐師匠は、炉に身を投げて、自らの体を「強い剣」のために捧げました。

秦の攻撃が始まり劣勢に。丹は「立てなおす」と王に粘ってるけど、「情報が漏れている。民のために撤退を」という於期。丹は「荊軻が戻れば活路が開ける。それまで耐えてくれ」と願い出た。「抑えるだけなら、王箋の慎重さを利用できる。小さい軍を沢山ちりばめる。だか、戦略は極秘に」という於期。

キジャク宅を訪ねた猛将軍。夫・漸離がいて、「なんで夫が?え?サントウの父?」ってことに。猛将軍、「キジャクの真の職業を知っているか?俺は諦めないぞ」といい残す。

荊軻とガン蘭は剣を得て秦に向かうが、見張られている。ガン蘭がキジャクに捕まり、荊軻に「明日 10時・・」という呼び出しが。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)29話

荊軻を暗殺者とする計画の丹王子。荊軻を頻繁に訪ねて説得しようとする。「秦王を殺して、次の暴君があなたなら?」と問われた丹王子。既に静かに暮らす荊軻を利用している時点で、「仕方なかった」と言って残虐に走りそうなんだよなあ~。でも、彼の力仕事を手伝いながらしつこく願う丹王子。
田光までが出てきた。「殺すのは一人で良かった。友人なら俺に出来ない事を引き受けてくれ」と脅して自殺・・・。

丹王子、王には内緒で動いてます。王が軍費を流用しているのでは?という疑惑も鋭く父親に突っ込んで、なんとか地位を保とうとしてる。

そんな丹の動きは、猛将軍→キジャクという経路で伝達されている。しかし、キジャクの懐かしい恋人・筑奏者の漸離が帰ってきたのを知った。漸離は荊軻と始めて出会った時も、「密命たちの拠点近く」だったもんなあ・・・。元から、密命に接点があったってことか。使命のために、漸離を残して立たねばならなかったキジャク。
訪ねてきた漸離に会おうとしないキジャク。「この7年忘れようとしたが、想いは強くなった。君は一生の人だ」と語りかけられ、とうとう扉を開いたキジャク。でも、「幸せにはなれない。帰ってくれ・・・」なキジャクだが、まとわりつく漸離の子・サンシンが2人を取り持つ形に。
しかし、キジャクは行かねば実が危険だ。「待っている」という漸離に「必ず帰ってくる」と言い残した。残された父と息子。初めはギクシャクしたが、音楽のおかげで距離が近くなってきます。

一方、荊軻をガン蘭がこっそり付けてます。ぐっすり眠っているところ、何者かに襲われた。荊軻が救ったけど、手引きした秦舞陽がいない・・・。「帰れ」という荊軻。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)28話

丹(たん)の妹・ガン蘭(がんらん)公主は、地図を狙った賊が荊軻(けいか)であるとにらみ、しつこく彼にまとわりついていた。
そして、女主人の喜雀(キジャク)と対決。妙に強い彼女に不信を盛った。
その主人は、盛将軍を酒に酔わして捕縛。黒い仮面の男が、秦の密偵として行動するよう壮絶な拷問を行う。 キジャクを囚われたと思ったために、従うことに。公主の所で見たという地図を書けと命令されたが、半分しか思い出せないと抵抗。

ガン蘭は止められてるのに逃げ出して経過を追いまわしてる。それで、王子と田光が宿に押しかけて来た。キジャクは「公主?ああ、阿野裕福そうな人。出て行ったわ」とかわした。しかし、息子サントウが持ってたトンボで、田光は「荊軻が居た」と気がついたね。
しかし、そのころ、ガン蘭は「足くじいいちゃった」なんていって、しっかり荊軻におぶってもらって帰ってきてる。兵を見た荊軻は逃げ出しちゃった。ガン蘭は「彼、退屈そうだった」と遊びにかこつけて呼び出した。「好きに生きさせてくれると約束したのに」な荊軻。
しかし、於期がいると言われて出てくる気に・・・。穏やかな場所を探す荊軻と、そう思いながらも戦う於期。
蒙甜に「於期引き渡し」ともう入れられ、「将軍職は解雇した」と言ったけど、信じてもらえなかった。斉と結びついての先制攻撃を丹王子が考えた。しかし、秦王は既に斉と話を付けてあり、戦が始まったとたんに斉撤退・・・。

もう望みはないのでは?とガックリの丹。田光は「秦王を取り除けば、形勢が変わる。戦を望むのは権力者のみ」(うーん、違うと思うけどね)と言い出した。しかし、失敗したら燕の攻撃は避けられない。秦王は呂不意の息子では?という噂があり、これを秦の帰属に広めて動揺を狙い、さらに王箋と蒙甜の二つの武家を争わせて内戦を引き起こす作戦。うーん、これは秦の民にとっては最悪の事態っすね。平和どころじゃないって感じ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)27話

Gyaoで見てたのが追い付かなくなってYahooに乗り換えました。あと5話。

戦いは苦しみだけだという於期に「燕国なら平和な世を作れる。趨勢が決まっていても、弱きが強きをくじくこともある。秦国が出来ることならば燕国でも出来る」と訴える丹。
説得されてしまった於期。しかし、「斉国人の田光、秦国人の於期と将軍になられては・・・」と代々の将軍・盛翼が一対一の勝負を申し出た。ま、於期が勝つよねえ。倒した相手に手を差し伸べて、一緒にやる意思を示した於期。
でも、やっぱり盛将軍は気が収まらない。

荊軻が働く店の女主人は、やはりスパイのようで、盛将軍から情報を得て、鳥を使って秦王に情報を流してます。於期と丹が組んだのが、秦王は不安。丹の改革は数年かかる、その前に叩くつもりの王。楚と斉に交渉し、燕を孤立させる予定。しかし、冬は匈奴が南下してくるため、秦も将軍を燕に差し向けるのに不安がある。

於期には女の刺客がさし向けられている。
臨戦態勢の燕に、蒙纒が兵を率いて「於期を引き渡せ」やってきた。官は「今は領土を譲り、時を稼ぐ」といいつのる。於期は「今は分裂してる時ではない、私を引き渡してくれ」と申し出るが、丹は「また頭を下げるのか」と強硬に主張。
丹(たん)の妹・ガン蘭(がんらん)公主は、自分や女官たちの宝石類まで差し出して、兵站に生かそうと頑張っている。王にも可愛く甘えて謎かけし、「犬のような秦国人に、どこまで領土をさし出すのか」と主張した。

天然の要害に構え、長期戦の構えをする於期。反対する盛将軍も説得した。しかし、内部が落ち着かない。丹は「於期に迷惑をかけずに田と二人で精鋭を鍛え上げる計画」を立てます。ガン蘭(がんらん)が、「私が教えるわ!」なんて出しゃばってまずが、田が「剣の指導者」として荊軻を探し始めた。

しかし、「於期を差し出せば攻撃しない」と秦王が揺さぶりをかけてくる。燕王は「民が耐えられぬ」と於期の引き渡しを決定。しかし、田が「これは策略だ。引き渡すのであれば私は将軍を引く」というし、丹は「燕の気骨を守りたい。私も於期と一緒に行く」と主張。だが、王の決定は変わらない。

荊軻は相変わらずの隠遁生活。しかし、秦王のスパイの女が、彼の腕前を試すようなことをしたために、かなりの使い手だとばれてしまう。
ガン蘭は、スパイに模した男の背中に地図が描かれせ、それを発見。私の部屋に地図があると噂を流して、スパイをおびき寄せる作戦を立ててます。地図が盗まれたガン蘭は、刺客を追って荊軻の元にやってきた。「迷っちゃった」なんていう彼女。荊軻じゃなくて、あのスパイの女・百里香という店をやる女性を追って来たんだけど、ガン蘭は荊軻に疑いを向けてしまう。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)26話

蒙艶が於期を逃した。囮となった蒙艶が追いかけられ、崖に追いつめられたふりをして時間を稼ぐ。馬車ごと崖下に落ちて自害。生死確認で時間を取られるため、さらに時間を稼げる。その隙に、意識を失った於期を部下が筏で逃がした。

蒙艶の父は「私は罰してくれ。しかし、一族の命を・・・」と王に願い出た。「これまでの功を考え、娘まで失ったお前を罰するつもりはない」と静かに告げた王。蒙艶の父は引退を決めた。
王は、蒙を責めるより活用すべしという意見。そして於期が逃げるなら燕だろうから、丹王子の逃亡を口実に燕を攻撃すると決定。

丹王子。楚から縁組を断られた。秦の攻撃を避けるためにも、丹王子が秦に戻り臣従を示すしかない。「秦に謝る屈辱には耐えられぬ。戦場で死ぬ」という丹だが、民を思うと如何ともしがたく。

意識を取り戻した於期は絶望しながらも、蒙艶の意思を無駄にしないために生き延びなければならない。
放浪の中で、「天下統一など庶民には何の役にも立たない」という老人に出会う。慶が語っていたように、静かに暮らすことこそが平和への道で、自分の大望は間違っていたと痛感した於期。部下とも離れ、それを慶に告げようと燕に入ります。
しかし、燕で捕縛。「趙国人だ」と名乗るも信じてもらえずに拷問を受ける。そこに田光が現れて、於期を救い出した。そして、「燕でなら目的を達せられる」と於期を刺客組織にさそいます。

丹を助けた功もあり、将軍に推薦する丹。反対する官を押し切って、公主の蘭が「最高の秦の将軍を得たことを宣伝し、民心を勇気づけ、信頼を勝ち得るのが国を治めるすべだ」と進言して、王は決断した。
しかし、於期は「将軍にはならない。私は間違っていた。戦争は平和のための手段にならず、苦痛になるだけだ」と言って去ろうとする。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)25話

イイは密偵の疑いが。自分の居場所はないのだと感じたイイは、すでに自ら命を絶ってしまっていた。丹太子は、自責の念を強め、呆然となってしまう。優秀な妹が、「楚と組んで燕も先手を打たねば」と必死に現実に呼び戻します。

海裳は、於期を探す蒙艶を逃がしたと死刑を言い渡される。それでも、蒙艶を助けてくれと必死に願う彼女。海裳を送り、於期の牢に残された「艶」の文字を眺めるばかり。蒙家は於期を捕まえねば一族が滅ぶ。海裳のようなものが出る。
蒙艶の父は「牢に入れたのは文官と武官を和解させるための策。だが、優しすぎる於期を捨てる覚悟を決めたのだろう」と王の意図を理解している。

逃げた於期。食べるものもなく盗む部下に「代金を置いてこい」と言う。それが手掛かりとなって、蒙艶の父が捕縛に動こうとする。
蒙艶は考え抜いて、「於期に振り回されない。王妃になる。蒙家を助ける。生きて捕らえれば見せしめになる」と申し出た。
於期に会いに行って「もう離れない」と訴えた彼女。部下の疑いを余所に、於期は完全に信じ切ってしまってます。二人で婚礼の儀式に盃を交わした。毒が入っていて立つ事も出来ない於期。「逃げろ。仲間がお前を殺す」と証拠を握りつぶして蒙艶に訴える於期。「本当に愛してくれている」と実感した蒙艶。
彼女に刀を向けた部下に「外に見張りがいる。私が馬車で気を引くから、密かに逃がせ。寝ているだけだ」と命令した。命を賭けて於期を救おうとする蒙艶です。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。