• 06月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

地下鉄の恋  21(最終)話

小道具なんかは可愛かったけど、ストーリーは散漫でした。目が見えないのにカメラを持つとかのエピソードは綺麗に使えていたと思います。
中華圏ドラマは放送前に撮り終わることが多いそうで、OPで最終話までネタばれして初回が始まっちゃう・・・。その上、あわい感じのストーリー&一回の時間も短めってことで、ちょっと物足りない感じはしました。主役コンビも綺麗だけどそれだけって感じのキャラクタで、もうちょっと個性が欲しかったかなあ。
そういう意味では、「ありえないドジっ子フェイヤン」につい注目してしまいました。顔でかくてインパクトあるしさ。



フェイヤンは「タレントの人気に頼らないCM作りを」と頑張ってます。
ジンジンはタンDJ結婚に伴って昼の番組に移動。
でも、ユンシャンは体調が悪化してるのよ。「目が見えるようになったときに見るのを楽しみにしてる」というジンジンのカメラが虚しいなあ。
体調悪化で病院に担ぎ込まれた。連絡受けたミンミンとフェイヤン。先生の顔が曇ってたとミンミンはフェイヤンに泣きついた。
ジンジンは本番中で連絡が取れない。ユンシャンが連れに行った。「なんで黙ってたの?」と泣き叫ぶジンジン。そうだよねえ。とりあへず意識は一時的に取り戻した。でも、しゃべれないユンシャン。見えないジンジンとは触覚で交流するしかない。
最後の力を振り絞って「ずっと一緒だ」と言い残したユンシャン。角膜が残されて、ジンジンとともに生きることに。「彼の居ない世界なんて見たくない」というジンジン。でも、ユンシャンが残したのはカメラ。見えるようにならないと、ユンシャンの残したものは見れない。ジンジンが拒否することも見据えて、ジンジンを納得させる道筋を作っておいたのね。
写真が凄く良くて、感動的でした。そして、ユンシャンが残した絵は、二人で見て、ユンシャンが言葉でジンジンに見せてくれた虹。

ミンミンのウェディング姿可愛かったねえ。あんな優しい表情の彼女は初めてかも。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 地下鉄の恋 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

地下鉄の恋 20話

先週で終わりかと思われる展開でしたが、もう一押しがあるんですね。
ラブラブな二人がとっても微笑ましく、仲間や家族に囲まれて、昔住んでた家で一泊。フェイヤンもプロポーズして受けてもらったし、めでたしめでたし。
あのワン・ヨウもお父さんが「君が私を愛してくれているのは分かってるんだよ」と懐柔して、団欒は遠慮してもユンシャンと理解し合った。
しかしですね。ユンシャンは「結果が思わしくない」という連絡を受けているっぽいんです。そして、ジンジンに目を与えることに希望をつないでしまってる・・・。
うーむ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 地下鉄の恋 | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

地下鉄の恋 19話

ジンジンは復帰して「心で美しいものが見える」という話をして感動を呼びます。
そのジンジンが、どうしても少しだけ会いたいと粘るので、ミンミンとフェイヤンは困り果てます。アトリエだと病院の庭に連れて行き、ユンシャンもそこに連れ出して、少しだけ会わせた。
ジンジンに会ったことで「どうしても生きたい」と思い始めたユンシャン。「ジンジンのためだと思ってくれ」という父親の懇願を受け、骨髄移植。
手術は見事に成功!回復早いなあ。絵も完成したので、皆でパーティ。病気のことはジンジンに隠したままです。
友情も愛情も、情というのもは家族の情になると感じたユンシャン。ジンジンと家族になりたいとプロポーズです。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 地下鉄の恋 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

地下鉄の恋 18話

父は治療法を見つけると言ってくれた。ジンジンを紹介すると言うユンシャン。しかし、かなり深刻な状態。骨髄移植という手段は、手術直後の父には負担があると医者は言う。
入院していて電話もなかなかできないユンシャン。ジンジンには仕事と誤魔化してるけど、彼女はちょと不安。ミンミンが「休暇を切り上げて仕事した方が良い」と判断し、チェンPDに相談に。

入院で時間が出来たこともあって、フェイヤンとユンシャンにはおしゃべりをする時間が増えました。眼科の絵のことや、ジンジンを誤魔化すための芝居にも協力。
復帰が嬉しいジンジンにねだられて、昼食の約束をしちゃったユンシャン。フェイヤンが支度を手伝って、髪のセットまでして連れ出した。でも、目の前まで来たのにユンシャンは倒れちゃった。フェイヤンが「ちょっと急用で」と誤魔化して、おんぶしてジンジンを見送って、病院に連れ帰った。でも、意識不明に・・・。

父は「移植を試したい」と医師に。しかし、これはワンヨウが大反対。そして、ユンシャンにこっそり「父親の体を考えて、あなたから移植を断って」とお願いした。「そんなに、俺が憎いですか?」と問うユンシャン。「あなたが嫌いでも生きるのを奪いたくないが、私にとってはあの人は夫なの・・・」うーん。

タンDJ。結婚決まったからか、ちょっと素が出てきちゃってますねえ。タンタンともぶつかることが。でも、親子になるなら喧嘩も必要かなあ・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 地下鉄の恋 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

地下鉄の恋 15・16・17話

15話
ユンシャンは鼻血を隠して仕事だといったけど、自宅でぶっ倒れた。これをシャオチェンが発見して病院に。末期白血病と知ってしまいます。病院を出たい&ジンジンを助けてほしい&知られたくないという彼の願いをかなえるシャオチェン。

フェイヤンは父を迎えにドイツに。優しい気質のフェイヤンを認める父と、父に感謝し目標だというフェイヤン。ユンシャンの仕事ぶりも報告。
で、父は「命が助かったのはお前とやり直せという神様の意志だと思う」と話をしにユンシャンに。

ミンミンは新たな有意義な道を探してみたいと退職を決めた。そして、ユンシャンにもジンジンを守ってあげてとお願いに。ユンシャンは、「彼女は守られるだけの人じゃない。幸せにしてもらった分、幸せにしたい」とミンミンに。

フェイヤンはまた遅刻。ミンミンに「社長の息子なんだって?私が好きなの?あり得ないよね」と言われてしまった。で、「仕事辞める。あんたが言ったように仕事以外を見てみたい」とか言われてトホホ。
母親に抗議したフェイヤンだけど、あのお母さんの高圧的態度!勝てねー!


16話
ユンシャンは父に「俺にかかわるな」と言ってる。
ユンシャンは、死んだら自分の目をジンジンにと思ってる。ジンジンに僕を見てほしかったのに・・・・。父には「やり直す時間」が与えられたのに、自分には時間がない・・・。
しかし、父が「母さんが病気を隠してたのが悔しい」と当時の真相を知らされて、心が揺れ始めました。やっと「父さん」と呼びかけたけど、病気のことは言えません。

フェイヤン母・ワン・ヨウはミンミンを降板させろと言いに行って、すでに自主退職と聞かされて肩透かし。
ミンミンは空飛ぶ眼科というボランティア団体の広報に就職。ジンジンをユンシャンに託せるというのもあって、海外にも積極的に行く仕事を選んだ。

フェイヤンは「辞めるな。君が好き」と言いに行ったけど、簡単に受け入れてもらえるわけもなく。
沈みがちのフェイヤンはユンシャンに相談。で、母と戦うお手本だ!って、ユンシャンはワン・ヨウを凹ませてくれました。

ワン・ヨウは男どもがグルになってるとヒステリー。


17話
来世でも一緒にというジンジンに泣いてしまったユンシャン。夜店でネックレスをプレゼント。そして、あのオルゴールの王子様にぴったりの人形を見つけて、こっそり買ってオルゴールにセットして「王子様が帰ってきたよ」とプレゼント。

フェイヤンは花持ってミンミン宅を訪ねたりしてますが、相手にされてない。ユンシャンとジンジンのサポートで、夕食だけは食べさせて貰った。

ユンシャンは空飛ぶ眼科の仕事も始めました。しかし、シャオチェンは体を心配して掛け持ちなんて!と大反対。結局、シンファにもばれて、ヒルズの仕事はシンファに引き継いで、空飛ぶ眼科の仕事に専念することに。こっちも仲間がサポートしてくれます。

ユンシャンが空飛ぶ眼科の仕事を始めたことを父に報告したフェイヤン。ついでに「寄付をしましょう」と父に願って、ミンカイグループ代表として、ミンミンに会いに。「怒ると可愛くないし、健康に悪いよ」なんていってるけど、怒られないと詰まんないファイヤン。マゾっすね。

しかし、ユンシャンは作業中にぶっ倒れた。フェイヤン・ミンミンも来てたので、病名はばれてしまった。ジンジンには知られたくないというユンシャンの気持を優先するミンミン。
一方、父親を呼び出したフェイヤン。ユンシャンは「ジンジンに会って、父さんと和解して、だからこそ怖くて逃げていた」と黙っていた理由を告げた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 地下鉄の恋 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

地下鉄の恋 14話

一晩、星を見たユンシャンとジンジン。おかげで、ユンシャンは大幅に会社に遅刻。
その会社では、ジンジンを待って徹夜だったミンミンが広告の方針についての打ち合わせ中。なんと、フェイヤンまで遅刻~。(ホント、見事なまでにドジっ子。一人立ちできるのか?シャオパオって呼ばれてるのが不思議だったけど、幼名って奴なのね)で、ミンミンに厳しく叱責されてしまいます。
遅刻なのに朝食を用意してたり、プライベートなジンジンの話題を出したり、仕事の手順がめちゃくちゃのフェイヤンに「こんな事も分からない馬鹿?」というミンミンを見たフェイヤン母は、「息子を叱るなんて」って気にくわない。家庭環境も気に入らない。

ミンミンは、またもジンジンと喧嘩してしまった。行くあてがなくて会社に行ったミンミンをフェイヤンが連れ出してくれます。「第三者だから冷静に見れる。心配し過ぎ。仕事と妹さん以外に何があるの?」と助言をして、一晩遊びに付き合ってくれます。
で、ミンミンはジンジンにお土産買って帰る。待ってたジンジンは、ミンミンのために帽子を編んでプレゼントしてくれた。
ジンジンの休暇中。番組はタンさんが代理を務めることに。障害者のための話をしてもらうコーナーを作って「人にやさしい社会」のコーナーを。で、ジンジンの主治医の先生もインタビューを受けた。自分の話題も出たジンジンは、「姉さんがいるから私は生きていけるのに、ごめんなさい」と大泣きです。ミンミンが慰めてくれます。

フェイヤンは、一晩付き合ったご褒美にケーキ貰ってニコニコ。でも、父を迎えにドイツに行けって言われちゃって、しかたなく仕事をお休み。居ないとなると、こき使いまくってたミンミンは不在を痛感します。
そんなミンミンを呼び出したフェイヤン母・ワン。高級会員だけのレストランに呼び出して、「良い人紹介するわよ。」と言って、「フェイヤンは息子。交際は認めない」と発言。え??なミンミンです。圧力をかけてくるワンに反発したミンミン、辞表を書いてます。辞めちゃうの?フェイヤン、帰ってこーい。

ジンジンとユンシャンは仲良く遊園地デート。でも、ユンシャンが鼻血!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 地下鉄の恋 | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

地下鉄の恋 13話

姉のミンミンは「あの時の少年」と聞いて、パパとママに顔向けできない!と激怒。ジンジンが「誰の許可もいらないわ」と反抗したもんだから姉妹喧嘩に。

何気にこのドラマでお気に入りのドジっ子フェイヤンを運転手にして、郊外のユンシャンの職場に行ったジンジン。「魂胆は?ジンジンに近づくな。」と詰め寄った。「人間だから勇気がなくて言えないこともある。別れない」と対抗したユンシャンです。(見てるフェイヤンも大変だなあ~)
気晴らしに、ユンシャンは休みとってジンジンと想い出の郊外にドライブすることに。オルゴールの王子様が、事故で無くなったことを教えてもらいました。

シンファ達も同じ郊外にやって来てて、ばったり。でも、シャオチェンは妙に挑発的。ジンジンを連れ出して、「運命の人が見つけてくれる」かくれんぼをしかけて、何も知らないユンシャンをあわてさせます。結局、ユンシャンが見つけるのはジンジンで、がっかりなシャオチェン。悪態ついてユンシャンに殴られちゃった。

ミンミンに怒られたことを知ったジンジンが「今日は帰らないで遊ぶ」と言い出した。電話一本入れて、星空を見上げて朝日を待ちながらおしゃべりです。

ミンミンは、ジンジンがユンシャンと出かけたと知って、家でイライラしながら待つばかり。ファンを呼び出して食事することに。ヤッター!な彼、オモシロい。でも、食事っつってるのに映画じゃ怒られて当たり前な気も・・・。
「ユンシャンはそんな人に見えない。妹を取られて嫉妬してるように見えますよ。」とか言って、喧嘩になってるし。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 地下鉄の恋 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

地下鉄の恋 12話

フェイヤン、「病院に友人がいるから」てさりげなくユンシャンの救急車についてった。小さい頃、絵がうまかったお兄ちゃん。でも、自分に冷たかったお兄ちゃん。(っていうか、年齢がユンシャン>フェイヤンって驚いた!)
精密検査を「金がない」と断るユンシャンに、「金の心配はしないで、検査しろ」と勧めた。
そのユンシャンの絵を見たミンミン。能力があって安いなんて最適!と、デザイナーに採用することにしました。フェイヤンも素直に賛成。フェイヤン母は、ミンミンの能力を信じて、全面的に広告を任せてくれました。
そのフェイヤン、ミンミンにどうやって声をかけるかの練習してて、ミンミンに見つかっちゃいます。ホント、こんなドジっ子はプロデューサーで一人立ちできるんかいな?と思うけど、ミンミンは彼の一途なところを頼りにしてるっぽいねえ。
でも、仕事の話ばっかりなのは、どうにかしないと進展しそうもないな。がんばれ。

犬のパオベイの様子がちょっと変。散歩に出かけたジンジンだけど、パオベイは様子がおかしくて、家からドンドン離れて行こうとする。凄く遠くまで来て、パオベイは引き綱を振り切って行ってしまった。ジンジンはすでに自分の居場所も分からなくて、パニックに。
電話を受けたユンシャンは病院から抜け出して探し回ります。やっと見つけて声をかけた瞬間、思わずジンジンが飛び出して事故に会いそうに。それを救おうとしたパオベイが事故死してしまいました。
ユンシャンは「犬は死期を悟ると家から離れようとするんだ」と慰めるけど、「私が気がついてあげられなかった」とジンジンは自分を責める。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 地下鉄の恋 | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。