• 03月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

ファン・ジニ 23・24(最終)話

終わりました。チニがまともの芸に励んだのって、ホントに少なかったよね~。恋愛すると芸術をあっさりと捨てちゃうし、やっぱり役者さんの舞は素人レベルなので、芸術への思いをあんまり感じられなかった。特に、ハ・ジウォンちゃんは気の強さはあってるけど、致命的に姿勢が悪い。頑張ってるのはすごーく分かるんだけどね。古今東西、踊る人というのは立ち姿のきれいさがあるものだと思うんだ・・・。
どうしても、チニの天才性の表現が浅かったので、イマイチに感じました。詩の才能とかの方が、再現しやすいのかなあ。


23話天下の名妓
ミョンウォルをあきらめきれずに、彼女の冷たい態度に傷つき苦しむキム・ジョンハン。ミョンウォルが2人の子どもを身ごもっていることを隠していたと知って、我慢できずに彼女のもとへ。寺から出てきたミョンウォルを見つけると、腕をつかんで「妓夫(ぎふ)になればよいのか」と詰め寄る。ところがキム・ジョンハンの手を振り払おうとしたミョンウォルが、その弾みで階段から転げ落ちてしまう。キム・ジョンハンはあわててミョンウォルを教坊へ運ぶが、子供は助からなかった。

自分を責めるジョンハンを慰めるピョクケス。

タンシムが都に行ってミョンウォルの看病をする。タンシムの子を抱いて泣くミョンウォル。歌をつくり、ジョンハンの笛とともにジョンハンに贈った。
一緒に暮らしたジョンハンとあって、そこでコムンゴと笛で子供を弔う。「人々を私たちの子のように慈しんで、それぞれの場所で生きよう」というミョンウォル。

タンシムは我が子に遠くからでも父の顔を見せてやりたいと考え、トクパルに案内を頼んでピョクケスの屋敷へ向かう。ピョクケスは、穏やかに彼女を迎え、名前をつけて引き取ろうと言い出す。「さみしくなるだろうが・・・」と心配するピョクケス。そして「愛してくれる男に出会え」と言ってくれる。タンシムにはトクパルがいるからねえ。
わたしは、ピョクケス割と好きです。ミョンウォルに対しても「芸」に進むように刺激してきたもんね。

女楽の妓生(キーセン)としてさらに名声が上がったミョンウォルは、王や両班(ヤンバン)たちの宴(うたげ)にひっぱりだこの忙しい日々を送っていた。ミョンウォル、舞よりも楽曲の方が評判良さそう?

一方、そんな状況にプヨンはあせっている。それでも、舞うことはやめないプヨンが好き。荒れて行き、童妓の指導もせずに酒で気を紛らわせていた。
ミョンウォルと酒を酌み交わすプヨン。「何が不満なのだ」というプヨンに、「なぜ、キーセンをしているのか?」と芸に対する疑問を語る。噂ばかりで実質がなく、芸を分からぬ客への不満を述べる。

メヒャンが「ヘンスはキーセンを指導することも仕事だ。世間の評判が必要か?おまえは力が及ばないと認めるのか?」とプヨンを叱り、最後まで戦えと説得。
メヒャンは「最高の舞を」と二人に告げる。判断するのはキーセンにさせるという。6か月後に女楽の行首(ヘンス)の座を賭けて競演することになったミョンウォルとプヨン。メヒャンは2人それぞれが思う最高の舞を披露するよう命じていた。

一方、万人に感銘を与えられる舞こそが最高の舞だと考えたミョンウォル。うーん、でも芸に無知な人たちに対しては、結構「目新しさ。刺激」で感動は呼べるって面もある。ミョンウォルって、基本的に奇策ばかりで、正道は拒否してるよね。それは「芸」ではないよなあ。

ミョンウォルは、庶民の集まる市場で舞を披露する。すぐに人だかりができるが、通りがかった高名な学者ソ・ギョンドクに、見るに値しないとののしられてしまう。

教坊に戻ってあることに気づいたミョンウォルは、地味な服装で再び市場へ出かけ、仮面で顔を隠して舞ってみる。すると、今度は誰も見向きもせず、ミョンウォルはぼう然とする。


24(最終)話永遠の舞

芸を究めようとする二人。芸を求めるのは、裕福なものばかりというプヨンに「万民の心を打つもの」って言うミョンウォルだけど、半端な芸でも衣装がきれいなら心を打つのが庶民なのよ。プヨンは「ペンムの意思を告げ。脱線するな」と手厳しい。
プヨンはさまざまな舞を習って新たな舞を作りだそうと各地の教坊を回る。これって、前にジョンハンがやってた、各種芸の保存活動だよね。

ミョンウォルは、教坊には真の舞はないと、化粧や豪華な衣装がなくとも多くの人の心を打つ真の舞い手になることを望むミョンウォルは、「競演までには必ず戻る」と手紙を残して教坊から姿を消す。

家で降る雨を眺めていたソ・ギョンドクの前に、ミョンウォルが現れる。私は単なる娼妓であることすら気が付いてなかったと言って、「まずは娼妓であることから捨てる」と決意を語る。

そして、道端で投げ銭をあてに舞って暮らしていくという。そんな簡単に稼げるわけもない。「お前の踊りは傲慢だ。己の過ちに気がつけ」と厳しいギョンハク。
教えてほしいというミョンウォルに「教えることはできない。問い続けることだ」と言って、乾燥した花茶を飲ませてくれる。湯を含んで広がる花茶の姿を見て「きれい」と感じるミョンウォル。民に認めさせるのではなく、まずは民を認め、暮らしを学ぶことだといって、民とともに暮らし始めるミョンウォル。民衆が日々の暮らしの中で歌い踊るのに交るミョンウォル。

対決の日。ミョンウォルは戻ってこない。先に踊ったプヨンは最高の舞で賛同を得る。プヨンは、平服のまま飛び込んできて、そのまま踊るという。「最高の舞は最高の舞人が踊るもの。衣装はいらない。情感が体を通して一つとなったとき、最高の舞になる」と。凄い奢りだよなあ。「舞譜なしに、心の赴くままに踊る」とミョンウォル。
演奏する曲も支持できない踊りなので、無音のまま踊りだすミョンウォルだけど、楽師がそれに合わせて音をつけ始める。笑顔で踊る舞ってのは珍しいのかもな。キーセンは舞に拍手をくれた。プヨンは「負けた」と意識する。

しかし、メヒャンの結論は「プヨンをヘンスに」というもの。「私の負けだ」というプヨンだけど、「舞うだけでなく、才能を見極める能力があるのはお前なのだ」とメヒャン。

弱っていくヒョングムを見守るオムス様。すこし回復したヒョングムのために、一曲を演奏するオムス様。「来世があるなら・・・」と最後に。オムス様は本当にカッコよかったねえ。
危篤と聞いて、ミョンウォルが駆けつけてみとった。

泣く場所が欲しいと、ギョンドクのもとにやってくるミョンウォル。そして、民と舞いながら生きる日々に戻っていくミョンウォル。人が悲しみを乗り越えて笑顔になって舞う力を信じるというラストでした。
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ファン・ジニ | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ファン・ジニ 22話命のゆくえ

刑の日。王はキム・ジョンハンが孤独な死を遂げるよう、同日に盛大な宴(うたげ)を開催し、誰も刑場にいかないようにしていた。
ミョンウォルは捕まるのを承知のうえで、妓生(キーセン)として宴(うたげ)で舞いながら死にたいと願い入れ、メヒャンは自分の死も覚悟で承諾する。
舞台装置に隠れて入場し、おもむろに顔を隠したまま踊り出すミョンウォル。顔が現われて、ビックリの官吏や王。この舞だけは踊らせたいと願うメヒャン。

一方、刑場ではキム・ジョンハンの刑が執行されようとしていた。ジョンハンを見守るのはムミョンくらいしかいない。ムミョンの姿に「ミョンウォルは助かった」という思いを強めるジョンハン。

キム・ジョンハンを信頼していた王は、罪を許して再登用する機会も与えたのに、彼は妓生であるミョンウォルを守ることを選んだことで、怒っている。王がキム・ジョンハンに辛い死の場を与えたのは、彼を失いたくないという強い思いを裏切られたがためだった。そんな王の気持ちを察し、ピョクケスは宴の中止を勧めるが、王は聞き入れなかった。
王は、ミョンウォルの舞に込められた「ジョンハンへの思い」に触発されるように、「自分のジョンハンへの思い」を思い出して、とりあへず刑の中止を決定。ミョンウォルを逮捕。メヒャンが必死に庇うけど、無理っすよ。

舞は完璧だった!とかメヒャンは言うけど、実際に見せてる舞そのものは凄く拙いから厳しいよね。このドラマ、「詩」だけは才能を再現できるんだけど、他の芸に関しては厳しいな。

ヒョングムは「一緒に死なせるために送り出したのに、ミョンウォルだけが監禁なんて許せない」と怒る。えーっと、この人はチニが自分で望んでキーセンになって、自分で望んで法を破ったというのを忘れてるよね。

プヨンが「勝負が残っている」とピョクケスに「助けてやれないか?」と交渉する。そんな甘くないよなあ~。真心を信じるのは生き方を否定することだというピョクケスだけど、気持が揺らいでいるのを見据えているプヨン。プヨンは良い女だよね~。
でもねえ。昔にしてたピョクケスの側室になるっていう申し出って、キーセンとしての自分を受け入れずに荒れていて、いつ罰せられても仕方ない危うさを持ったミョンウォルを救う道だったんだと思うんだよね。私はそういうピョクケスが好きよ。
王は、「権力のために王妃を見捨てた」過去を語って、ジョンハンを救おうとしたミョンウォルの勇気を褒める。でも、王なんだから当たり前っしょ。ホント、甘い男だなあ~。ミョンウォルとジョンハンは死んだことにして、庶民として生きろと王は決断する。
しかし、ミョンウォルは「自害しても良い。生きることが許されるなら、私はキーセンに。ジョンハンは官吏に」と申し出る。ええ・・・??正直、一度裏切ったあんたらを認めろってことか??すげー、図々しいぜ。赦しちゃう王様、甘過ぎるわ。

ミョンウォルは戻ってきたけど、妊娠してる。二人で逃げよというのを断ったと聞いてヒョングムは怒ってる。でも、ミョンウォルは「元に戻っただけだ」という。まあ、才能を生かして生きるという決断をしたミョンウォルは、女楽に所属することに。
ミョンウォルは、芸よりも「かけおち」の評判で人気になってませんか?ワイドショータレント?

ムミョンの正体を知ったミョンウォルは、最後にお願いが・・・と言って、ムミョン父にジョンハンをフォローしてほしいと願う。ムミョンは「罪人のミョンウォルをかくまった。ばらされたくなければ」と脅したけど、無理。ムミョンが家に戻ることを条件に出された。ムミョンは「父のようには生きぬ。そのために自分で官吏となる」と決断。
王は、反対を押し切って「ジョンハンを再登用する」と言い出した。ムミョン父の後押しもあってなんとかOKでた。でもなあ・・・。ジョンハンってホントに有能なの?前も、楽譜を集めてただけだよね?

ミョンウォルに願われたまま、ジョンハンをフォローするピョクケス。しかし、ジョンハンは「捨てられた」という意識を持ってしまって、官職に復帰してもダメダメ。ミョンウォル会おうと訪ねてくるけど、拒否される。世話するピョクケスはやっぱ良いやつだぜ。
ピョクケスに「話したいなら玉代をもっていけ」と言われて、やっとキーセンとしてのミョンウォルに会う決心がついたジョンハンだけど、芸を見る気にはなれない。「幸せなのか?無意味な3年だったのか?私のためにしているのか?」と問うジョンハンに、「答えは出ている。」と突っぱねるミョンウォル。ジョンハンのためでもあるけど、ミョンウォルは芸も大事なんだよね~。キーセンを「男の媚びる職業」なんて言ってはならんよな。

ジョンハンは、子がいるってのを聞いてビックリして怒る。寺に居るミョンウォルに会いに。引きとめられたのを振り払おうとして、ミョンウォルは階段を落下。

ミョンウォルが自分と思った方に行かなかったからって、「娘は血の涙を流してる」と嘆き苦しむヒョングム。いや、ミョンウォルは芸の世界に戻りたい気持ちがあったんだけど・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ファン・ジニ | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ファン・ジニ20・21話

20話隠れ里
ペンムの死を受け入れられずに廃人同然となったミョンウォルが、師匠の後を追って崖(がけ)から身を投げようとしたところを救ったキム・ジョンハン。ミョンウォルを癒やしてやりたいと、2人で松都(ソンド)から姿を消して3年が経つ。

松都教坊ではチュソンが行首(ヘンス)、エンムが教育係になり、皆、厳しい中にも協力し合って頑張ってる。
母ヒョングムはミョンウォルが愛する人と幸せに暮らしていることを願っていた。

しかし、執念深くずっと2人の行方を追っているピョクケスは、必ずや捕まえて重罰に処すと決めていた。確かに「彼女の芸のために」とかいってピョクケスをけん制してたんだから、「酷すぎる」って気分だよねえ。なんだかんだ言って、ピョクケスって、ミョンウォルの負けず嫌いを刺激して、逃げようとする彼女を芸に立ち向かわせてた人だし。「そばに置くだけでなく、芸に生きるものとして大事にするつもりだった」というのは本音だと私は思うよ。

そして王もまた、信頼できる唯一の部下だったキム・ジョンハンの裏切りに心を痛め、彼を許せずにいる。

プヨンは一心に芸に励んでいる。しかし、メヒャンは彼女を次のヘンスに指名しない。「ミョンウォルを忘れていないからだ」というプヨンだけど、「お前は、彼女と争わずに勝つことを望むのか?」とメヒャン。プヨンも、「私も起訴以外のある相手を望んでる」と強くなったね。鶴の舞も習得しようと、芸を磨きに磨いている。
でも、メヒャンが本当に愛してるのはプヨンなのよ。「才能と芸への情熱」が両立してるのはプヨンの方だもんね。障害から逃げてしまうミョンウォルより立派だよなあ。プヨンの芸を伸ばすためにも、ミョンウォルの復帰を待っている。

ミョンウォルとキム・ジョンハンは、山間のある小さな村でひっそりと暮らしていた。ジョンハンが学問を教えて暮らしてるのね。前に、一人で放浪生活もしてたから、ジョンハンはなかなか生活力あり。
貧しくとも穏やかなふたりの生活に満足するジョンハン。ミョンウォルも今のままで幸せだと言うが、心の奥から湧き上ってくる芸への情熱を捨てきれずにいた。舞よりも、コムンゴへの思いが強いみたいだね。
母の言う「女の幸せ」を自分に言い聞かせて耐えてきた。でも、妊娠してやっと吹っ切れたみたい。

王が、新たな臣下を広く募った。教えていた生徒が「先生はぴったりだ」と推薦しちゃった。ジョンハンは「私は庶子で両班ではない」と言って誤魔化したけど、「見おぼえがある気がする・・・」な官吏。手配書を見てて、あとから思い出して手配したが、二人は居なくなってた。

ピョクケスは「ヒョングム危篤」の噂を流して、ミョンウォルを罠にかけようとしてたのね。それで、二人は事実確認に旅立ってた。

メヒャン達も噂を聞いてソンド教坊に連絡。スガンが指示して、密かにムミョンが二人を探して守ろうとしている。

ミョンウォル達は追手を気にして、ひとまずミョンウォルが育った山寺に。ヒョングムもちょうど祈りにやってきてて再会。

でも、ピョクケスも山寺をあやしいと思ってた。ミョンウォルは一足先に逃げ出してた。母は自分の簪をくれた・・・。

村に戻り、ジョンハンとミョンウォルは所用で別れた。ジョンハンは村人にあって、「役人が来てる。逃げてくれ」と作りたてのコムンゴを手渡す。ミョンウォルが危ないとジョンハンは自宅へ。

≫ Read More

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ファン・ジニ | 19:45 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP

≫ EDIT

ファン・ジニ 19話途切れた心

ミョンウォルとプヨンが王の前で舞を披露する日がやってくる。メヒャンは2人のうち、王が選んだ方に女楽の行首の座を譲ると宣言する。
メヒャンは、弟子のプヨンに「よく修行に耐えた。普段どおりに」と声をかける。プヨン奇麗だったよね~。
だが、松都教坊の先輩妓生チュソンは、いまだにペンムの死から立ち直れずにいるミョンウォルを宴に出しても大丈夫か心配する。クムチュンは亡きペンムのためにも最高の舞で女楽の行首になれとミョンウォルを励ます。
王宮の敷居の前にやってきたミョンウォルは、かつて同じ場所でペンムから言われた言葉を思い出す。「崖の上に立った気持ちで、懸命に精進しろ。そうすれば、この敷居をまたぐことができる・・・」という言葉。懸命に精進などしなかったミョンウォルは動けなくなってしまう。メヒャンが「師への恩返しだ」と声をかけて励ます。

宴が始まり、まずはプヨンが鳴鼓舞を披露。だが踊りだした彼女の舞は、メヒャンの鳴鼓舞の舞譜とは違っていた。当然メヒャンもすぐにそのことに気づく。プヨンは「自分の舞」を踊りたかったんだよね。私はプヨン好きよ~。ミョンウォルよりずっと努力もしてるし、自分なりに舞とは何か?を追求した結果だよな。ダメでもよいって思ってるんだろうし。「やりきった」っていう表情が奇麗だった。まあ、結果は思わしくなかったかもしれないが。

続いて今度はミョンウォルの「鶴の舞」の番になる。イエジョパンソが、ペンムの舞譜を見せて、事情を説明する。王さまは、ペンムの師の舞を見てて、見る前から贔屓してるじゃん。ミョンウォルは踊り始めるが、ペンムの噂話が始まってしまう。ピョクケスは「あの女が殺した。非情な舞だ。師を殺してまで権力を望む舞だ」とか言ってしまい。ミョンウォルは踊れなくなってしまたうえに倒れた。
ピョクケスが言ってるのはホントのことだし、ミョンウォルへの励ましだよなあ。悪い話が出たから、気が強いミョンウォルを発奮させるつもりだったように見えるけど・・・。

王さまは機嫌を損ねてしまう。ジョンハンが優しく抱き起こすけど、こういうのは良くないと思うよ。
ジョンハンともども、処罰が検討される事態になってしまう。メヒャンは「ジョンハンにも類が及ぶ」と心配するが、ジョンハンは「彼女を連れてかえってくれ」とメヒャンに指示。
そして、官服を王に返して辞意を表明、膝をついて謝罪し、刑を受けると申し出る。「才能を守る官吏でありたい」とか大ウソこいて・・・。好きだからだろ~?
王さまは「才能を慈しんでくれ。それが罪を購う道だ。今後は、宮中であのようなことをして隙をみえsるな」と言ってくれる。

ピョクケスに抗議に行くジョンハン。「ミョンウォルに構うな」って言ってるけど、ミョンウォルの芸を触発してるのはピョクケスの挑戦なんだよねえ。正直になれと言われて、やっと恋心を認めたジョンハン。正直言って、ミョンウォルの芸ということであれば、ピョクケスの嫌がらせは刺激になってる面もあるよね。ミョンウォルのエネルギーで、100%「負けず嫌い」だけで出来てるから。

プヨンは、舞譜と踊りを変えたのに何で?と思ってた。師匠のメヒャンに諭されてしまう。プヨンが自分の舞を舞譜にしてるの知って、踊りが違う→「これはオリジナル」と主張する計画を察知。ちゃんと差し替えてたのね。プヨンは「私の舞譜は完璧だった。ご自身の名前を書いたのが、その証拠です。私は、完璧な舞を舞った。勝ったのは私だ」というが、「術をろうする心根を入れかえろ」とメヒャン。「そう教えたのはあなただ・・・」というプヨンに、「私が悪かった。間違っていた。ペンムの死が教えてくれた。もう一度やり直せ」と言葉をかける。でも、プヨンの踊りへの情熱はすごいよ。策を弄しても、敗北しても、ひたすらに踊りに向かっていくプヨン。

ミョンウォルは、気が付いた時に一瞬ペンムの死を覚えていないほど混乱してる。そこここで、ペンムの存在を感じてしまうミョンウォル。
ヘンスの死を受け入れずに、「ヘンス様はどこ?」とか言ってる。下着姿のまま稽古に来たり。母のヒョングムが必死に諭してるけどダメ。
宴席で舞い楽を奏でれば立ち直るのでは?ってことで、宴席に出すけど、コムンゴも弾けなくなって酒ばかり飲んでる。ムミョンがぴったりついてフォローしてるけど、全然ダメだ。

ミョンウォルが酒びたりと聞いたピョクケスとジョンハン。ジョンハンは、メヒャンに頼んで様子を見て来てくれというけど、「力を貸すことはできない。自分で乗り越えなければならぬ。手を差し伸べるな」とメヒャンは諭す。正論です。
ムミョンが「ミョンウォルを守りたい。力を貸してほしい」とジョンハンに話しに行って、ジョンハンは揺れ始めます。

ミョンウォルは発作的に、ペンムの飛び降りた崖に行って「お傍で舞いたい」とか飛びおりか?って状況に。駆け付けたジョンハンが引きとめた。「やっと掴んだ手だ。決して手を放さない」とかジョンハン。くさいなあ・・・。
「このひとを、しばし預かります。技芸が喜びではなく拷問のような苦しみになるのなら、私の愛が慰めになるよう・・・」とか言ってるよ。

ピョクケスも心配したみたいだよ?居なくなったミョンウォルを探してる。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ファン・ジニ | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ファン・ジニ 18話空白の舞譜

やっぱり、このドラマの主役はペンムとメヒャンの二人のヘンス様ですな。ペンム様の美しさに泣きましたよ。


王の許可まで得たのにミョンウォルを側室にすることに失敗しておもしろくないピョクケスは、妓生たちの舞を途中で止めて酌をさせる。大切な舞を侮辱されたペンムは、怒りを抑えきれずにピョクケスの卓をひっくり返してしまい、その場で捕らえられ投獄される。

一緒に行くと泣く教え子たちに「ヘンスと呼ばれる資格はない。日ごろから感情をあらわにするのは妓生失格だと弟子たちに言い聞かせてきた。」と語る。ペンムは、自ら教えに背いたことを恥じ、処罰を受ける覚悟を決めたのね。身をもっての教え。チニなんかとは迫力が違うっすよ。

ユンス様が庇おうとするけど、処罰してくれというペンム様。ユンス様には迷惑かけたくないという。でも、ユンスはピョクケスにも頭を下げるが、「舞えぬように足を折ってやれ」と厳しい要求をされる。

教え子たちはミョンウォルを責める。原因を作ったのはミョンウォルだからね。「あんたが土下座でも何でもしろ」と要求する。しかし、「そんなみじめな真似をヘンス様は望まない」とミョンウォル。「そこまで分かっているなら、なんでヘンス様を追い詰めた・・・」と正論です。タンシムが「ミョンウォルだって辛い」と庇うけどなあ・・・。

妓生たちは次々とピョクケスに哀願に行くが効果はない。タンシムも意を決して、彼の子を宿していることを告げるが、自分の子という証拠はないと冷たく追い返される。
ミョンウォルがピョクケスのもとに現れて、「放免されたら都に向かう」と嘆願した。やーっと、自分がいかに守られてきたかを知りましたか?と思ったら、恋愛話かよ・・・。ジョンハンに「心だけを置いていく」ともらった笛をしまって「この恋を諦める」って、その恋をまだ諦めてなかったのか??心に秘めても終わった恋なんだし、未練たらたらすぎ。

ミョンウォルがピョクケスのところに行ったと聞いたペンム様。チニを躍らせるために、決意したんだね。
会いにきたヒョングムがペンム様の髪を梳き、二人で穏やかに想い出話しをしたりして・・・。この甘すぎるヒョングムのことも、広い心で受け入れてきた人なんだよなあ。ペンムの決意を感じ取ったヒョングムが「強がるな。生きるために手段を探ろう」と引きとめるが、ペンム様は決意を翻さない。

ヒョングムはペンムを救うためにメヒャンの力を借りようと都へ使いを出す。メヒャンは信じられぬ、プヨンはメヒャンが心配で「関わるな」というけど、一蹴。メヒャンは、ジョンハンに助命を頼み、自分はペンム様の元に。

ペンム様は「最後の夜を自分の部屋で過ごしたい」と願って、自室に。そこにミョンウォルが。あくまでも強気なミョンウォルは「施しのつもりです。命を救ったのに、口のききようがなってない。キーセンが嫌になったから傍女になる」と嫌味。「お前の力などいらぬ」と撥ねつける。「かたくな過ぎる。人の血が通ってない」って吐き捨てたミョンウォル。
しかし、そこにあるのは舞への情熱だと気がついた。もう一度、ペンム様の部屋に行ってみると、鶴の舞という題名と、チニの名前だけ書かれた白紙の舞譜が。
皆で探しまわります。

駆け付けたメヒャンが、「牢やぶりなどするわけない。死に場所を探しに行ったのです。ペンムが屈辱を受ける姿を弟子に見せるわけもない。ユンス様が処罰を実行する苦しさからも救おうとしてる。見つけなければ絶対に許さない」と。カッコ良かったよね。

でも、遅すぎたよ。ペンムは「死を持って償う。だから、ミョンウォルを側室にするな」とピョクケスに手紙を。そして、崖の上で一舞して投身自殺。この舞が奇麗だったし、ペンム様がとても幸せそうだった。踊ることが本当に好きなんだな~ってのが伝わってきた。たおやかな腕のラインとか、老いても衰えずって感じは出てたと思う。
ミョンウォルの指摘で一度は自信を失ったかもしれないけど、ペンム様は「これが私の舞」と納得したと思う。そして、自分の舞う姿が、ミョンウォルや教え子たちの記憶に残るかぎり、自分の舞は継承されるって信じてたと思う。だからこそ、一瞬でも自分を見失ったことを恥じて死ぬ。カッコイイよねえ。

亡きがらに「恥ずかしくないの?起きて。逃げるなんて卑怯。認めない」とミョンウォル。本当に強情ですなあ。素直に謝れば良いのだ。「亡くなった人に失礼であそう」とジョンハンが止めたけど。

「一緒に行きたかった。道連れに」と泣く残されたナンバー2の人に、「他の者を気づかって・・・」とメヒャン様。メヒャン様まで「一人、生きながらえて何の意味があるか・・・」と最高のライバルを失ったことを嘆く。

ジョンハンは、ピョクケスを訪ねて説教。「あの人に構うな。人は誰のものでもない」などという。愛しあってることだけは認めないんだ。
うーん、ピョクケス様は、「踊りたくないなら、正式に囲われた方が幸せジャン?」って発想なんだよね。ミョンウォルが「踊りたくない」とかなんとか言ってるから、付け込まれる訳で・・・。私は、あんまり嫌いになれないっす。間抜けで寂しい人だけど、説教くさいだけジョンハンより良いよ。

ペンム様の遺言に従って、川に散骨。ミョンウォルは喪服ではなく豪華な衣装でやってきて、キーセンとしての覚悟を最後に見せる。あの、止められた宮廷舞を踊る。キーセンの友は苦痛というペンム様の言葉を胸に・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ファン・ジニ | 18:04 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP

≫ EDIT

ファン・ジニ 17話 舞えぬ鶴

今回は、最高にミョンウォルにムカついた。やっぱり、舞のシーンで「ミョンウォルの絶対性」が見せられてないからかなあ。ハ・ジウォンさんって姿勢が悪くないですか?ただ座ってるだけ、立ってるだけのシーンとかで、「これが舞の名手?」って疑問になる姿なんだよなあ。

だから、「碌に稽古もしないで何年もさぼってた癖に。技術に頼ってようが、究極の舞を舞いたいという心がある分、ペンム様の舞の方がよほど凄味があって素晴らしい」って思ってしまう。
技術の鍛錬の上に心が乗るのが芸というものだ。心だけあって出来るなら苦労はしない。そもそもミョンウォルの心って、恨みまみれで奇麗じゃないし・・・。
それに、勝負での罰として「ペンムの教えを受けよ」って言われてたのに、「やりたくない」も何もないだろっつーの。

それなのに、ドラマの中ではあくまでもミョンウォルだけが偉いって設定で、ペンム様は「心がない」ってのに動揺しちゃうんだもん。ま、そのことで更に高みを目指して、ミョンウォルなんかより高レベルに行ってしまいそうですが・・・。
では、あらすじに沿ったレビューをどうぞ↓


王の即位20年を記念する宮中の宴で「鶴の舞」と「鳴鼓舞(ミョンゴム:太鼓の舞)」が披露されることになる。メヒャンとプヨンは「鳴鼓舞」の完成に余念がない。

ペンムも「鶴の舞」をミョンウォルに教えようとするが、ミョンウォルは突然舞うことをやめてしまう。練習も拒否する。理由も説明せず「舞いたくない」とかいうミョンウォル。
ペンムはクムチュンに命じ、ミョンウォルの手を縛り、拍子に合わせて脚を動かさなければ打つという罰を与える。だがミョンウォルは水も飲めぬまま3日経っても、動かない。仕置き役のクムチュンが先に音を上げ、やつれたミョンウォルを休ませる。
回復したミョンウォルはムミョンと教坊を抜け出す。そして、鳥の巣で親鳥を取り上げてひな鳥の姿をみたり、えさ場を見に行ったり。

ミョンウォルは、鳥の姿を求めて川辺にいた。迎えに行ったペンムに、「ここで何をしているか分からないのか?鳥を見ても何も思わないのか?」と問うミョンウォル。「あの舞譜はまやかしだ。何の価値もない。自分の過ちに気がついてない」と・・・。
「なぜ、あんなに難しい動きを並べ立てる。これはキーセンの技を引けらかしてるだけだ。驕りがあだとなり、鶴の姿を真似ているだけ。鶴の心も、鶴に憧れる人間の心すらない」しかし、「下らない。心の入ってない舞」と見下すけど、あんた幼少期にペンムの鶴の舞に心を打たれてたやんか・・・。
ミョンウォルの舞はペンムの盲点をついてはいたみたい。「舞は心を表すもの。」と教えたのはヘンス様だから、そう言われただけでもキツイよね。でもなあ・・・。心が鶴の気持ちに沿っていれば、顔は笑顔でも悲しみが表現できる。それが芸の凄味ってものよ。激しい心を表現するのに、ゆったりとした動きを選択する。それが芸術だろ。ホント、ミョンウォルの言ってることって、俗物だ。それに「見なければ舞えない」って、あんたが形態模写してるってことジャン。

しかし、「最高」を目指すペンム様は、舞譜を完成させようと、自ら踊り続ける。でも、もう体力的に舞えなくなってるんだよね。愕然とするペンム様。

ミョンウォルは、ウノとの思い出の地に行って、「ごめんね」とウノの指輪を湖に落とす。ウノ以上にジョンハンを愛してしまったからねえ。
そこにペンム様が、「お前が正しい。間違っていた。お前が必要だ。お前の舞を元に、一緒に舞を完成させよう」というけど、ミョンウォルは拒否。「ウノに膝をついて謝れ」って・・・。ウノが死んだのは自己責任だろ・・・。ペンム様に罪はないって。それを「人の命なんて、技芸に比べたら価値がないと思ってる。」とか、ホント馬鹿。しかし、ペンム様は技芸のため、そしてミョンウォルを癒すためなら膝くらいつくよね。「勝ったわ」って全然に勝ってないし、「あなたの執念が大嫌い」って、どっちがやねん。逆恨みのくせに。

キム・ジョンハンは宴の簡素化を王に進言。国中に飢えや病に苦しむ民があふれていると、王を批判するような発言をする。「過ちを認め正すことがよき君主」と説得し、認められる。

ピョクケスは、まだまだ諦めてないみたいっすね。ジョンハンに会いに行って「次はいつ会うのか?」と挑発。二度と会わぬというジョンハンに嫌味言いまくり。そして、ジョンハンが傷ついてるから会いに行けってプヨンをそそのかす。プヨンは「それは出来ない。今は舞に打ち込み時を待つ」という。がんばれプヨン。
しかし、舞譜に色を付ける男に体を売って、舞譜をもうひとつ用意させたり、根性入りすぎ。

タンシムを気遣うトクパル。いい人だけど、タンシムの心はピョクケスのものなんだよねえ。そして、ミョンウォルが側室になると聞いても、暗い顔をするだけ。

ピョクケスは、私財を投じ、楽器に使われる貴重な石の鉱脈を探させる。王の心をつかみ、そこで「キーセンを側室にしたい」とお願い。ジョンハンは「もう苦しめるな」とピョクケスに言うけど、「あの人の才能を殺すな」とか言って、素直に「私の女だ」って言えば良いじゃん。大義名分をかざすのカッコ悪い。
王さまが「側室になる宴を開け」と命令した。仕方なく宴を開くが、縄を投げて「側室になるくらいなら、自害する」というミョンウォル。「側室になるのが嫌であれば、詩を競ってみよ」と勝負を挑む。わりと潔く詩の出来を認めてる負けてしまうピョクケス。詩なんてそれほど絶対性のあるものじゃないだろうに。
ペンムが「楽しまれましたね。宴の余興ということで」と仲裁に入った。ペンムのおかげでミョンウォルは好き勝手出来てるんだよねえ。
しかし、イライラしてたピョクケスは「こんな舞は見たくない」と舞を止める。なだめようとするペンムだが、酒を投げつけ「所詮、男の気を引く道具だ」などど舞を侮辱するピョクケス。ミョンウォルを下がらせてなだめようとしてるのに、ミョンウォルはますます挑発。ピョクケスは怒って怒り暴言はきまくり。
さすがのペンムも怒って、「キーセンは商妓ではない。舞は舞いきるべきもの」とキーセンたちを下がらせる。止めるミョンウォルに「舞いを舞わせよ」というペンム。ペンム様の、舞への強い思いがこもってたね。机を払って「舞は終わっていない」とペンム。カッコイイなあ。

来週、メヒャン様とペンムの友情が見られそうです。この二人好き。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ファン・ジニ | 15:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ファン・ジニ16話愛の調べ

キム・ジョンハンへの思いを断ち切るために妓夫を持つ決意をしたミョンウォル。相手に選ばれたムミョンとキスしようとしてるのを見てしまったジョンハンはショックを隠せない。
しかし、ミョンウォルの胸の内を見抜いているムミョンは「自らを傷つけるために自分を利用するな。安らぎたくなった時に私のもとへ」と彼女を突き放す。ムミョンかっこよすぎ
ジョンハンは「すべてを捨てても良い」というけど、「失うのはあなただけですか?私に失うものなどないと?両班の方は愛を施すものだと思っている」とミョンウォルは拒絶した。
そんなミョンウォルをそっと気遣う師匠のオムス様。オムス様は大人の男だよねえ。ミョンウォルは「キーセンは芸さえあれば生きていける」と言ってるけど辛そうだ。初恋と違って、「いつか次の恋をする」ってわかってるからこそ、初恋とは違う悲しみがあるよね。
ムミョンは「あの人に妓夫になってもらえば?芸を捨てずにあの人と一緒になれる」なんて言ってけしかけてるけど、「あの人にすべてを捨てさせたくない」とミョンウォル。

ミョンウォルはペンムと「鶴の舞」の練習を始めるが、気持ちが乱れて舞に集中できない。都ではプヨンがメヒャンに「鳴鼓舞(ミョンゴム:太鼓の舞)」を習い始める。

タンシムに思いを寄せるトクパルは妓夫になると申し出るが、タンシムは好きな人の子を宿しているから妓夫は必要ないのだと告げる。「誰の子だ?」と大騒ぎになる教坊。

ミョンウォルは両班たちの宴に呼ばれ、オムスと一緒に演奏を始める。すると客のひとりが、ミョンウォルの顔に見覚えがあると言い出す。「昔、好きになった女だ。戯れが過ぎて、傍にいてとか言われて、災難にあう所だった。」なんて言うんだもん。オムス様のむっつり顔が静かに怒ってるよ~。ミョンウォルは実父だと気がついた。「その女性はヒョングムではありませんか?」と酒を投げかけた。
あの「私は愛されたわ!!」な母ヒョングムの思いは、やっぱり彼女ひとりの思い込みなんだよねえ。薄々分かってるからミョンウォルに恋愛がすべてって価値観を押し付けるんだろうけど・・・。
オムスは「彼に会うことだけを希望に母は生きてきた。気持ちを殺して、母親と一緒に彼を迎えなさい」とミョンウォルに命じる。ヒョングムのために頼んでくれたのか・・・。奇麗に着飾ったヒョングムだけど、馬鹿な女だなあ・・・。しかし「今後も立ち寄ってくれますか?」って図々しいぜ。

オムスのヒョングムへの深い愛情を知ったミョンウォルは「オムス様にとっては愛とはどんなものですか?」と問う。「ゆったりと流れ、物悲しくも聞こえるが、場所に溢れる調べだ。お前はそんな愛し方をするな。自分から諦めなさい。」と諭してくれる。いやあ、かっこええ男、オムス様。

都のプヨンはピョクケスに、彼がミョンウォルを手に入れられるよう、自分が松都行ってキム・ジョンハンの心を奪うと約束する。「憎しみは愛情の裏返し、まだ愛情は消えてない」というプヨン。
プヨンは、「王の即位を祝う宴でミョンウォルとプヨンで舞を舞う」という舞台を設定させた。

で、ジョンハンの部屋に行くが「私は嘘がつけない。心のかけらも与えられない」と言われてしまう。「その分、私が心を与える。そばに居させてほしい」と迫るプヨン。ジョンハン途中まで脱がして「やっぱ無理」は酷すぎるってば。

宴の準備で京に旅立つジョンハン様。でも途中で引き返してしまったよ。ミョンウォルも馬を駆って思い出の地に・・・。で、ばったり。「男女でなく、友になれば、心を通わせて共に生きられるのか?でもそれは出来ない。友になるくらいなら別れる方を選ぶ。始めて愛した。もう二度とない。その心はここに置いていく」って、その年で初恋かよ。重症だなあ。で、結局は共寝して、愛用の笛を置いて去って行った。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ファン・ジニ | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ファン・ジニ15話渡し舟

ミョンウォルの心を奪う方法を彼女の母ヒョングムから教わり実行したピョクケス。偶然を装ってミョンウォルにコムンゴの演奏を聞かせた後、気高い雰囲気で馬に乗ってその場を去ろうとする。引き留める歌を歌うミョンウォルだが、予想に反し追ってくるどころか帰ろうとするミョンウォル。ミョンウォルは策略に気が付いてるなあ。怒って落馬するピョクケス間抜けすぎる。「偽りでは何も得ることができぬ」とか言ってるけど、ミョンウォルもプロならもう少し穏やかに、波風立てずに断れよ~。

実は、ミョンウォルへピョクケスが贈った詩は、ジョンハンのものを写したもの・・・。それに気がついて、ジョンハンに詩を渡した。ピョクケスに問いただすジョンハンに「あの女への思いに溢れていたから、使いたくなった」というピョクケス。「真心か?私はそんなものに触れたことはない。王族としての務めだ・・・」とピョクケス様。っていうか、ピョクケスの恋心は執着ではあっても嘘ではないよねえ・・・。それを「真心がない」とか切り捨てるのってどうしてよ?真心って、伝えようとして伝えるものじゃなくて、にじみ出るものでしょ?「思い通りにしようとするのでなく、真心を伝えよ。本気で愛し、芸を見守れ。そして別れはすべての人にあるものだと教えてやれ」ってジョンハン。

キム・ジョンハンは、ミョンウォルにかなわぬ夢を見させないでくれというペンムの言葉に納得し、ミョンウォルのことを忘れるために松都(ソンド)を離れることに。
キム・ジョンハンが都へたったと知ったミョンウォルは、ひとり馬を駆って後を追う。途中でピョクケスの手下に連れ去られそうになるが、駆けつけたムミョンに助けられ、ミョンウォルは川の渡し場に到着する。ミョンウォルは、「あなたの詩です。この詩に込められた気持ちが重すぎて、持ってはいるのが辛い・・・」とピョクケスが盗んだジョンハンの詩を手渡した。ジョンハン、黙ってミョンウォルを抱きしめたが、辛くなるばかりじゃないの?
「民を慰める楽曲を採取するという勤めを、キーセン一人のために捨てるのか?」というミョンウォルに、「そなたを傷つけたくない。私は何もしてやれないことが腹だたしい・・・」とジョンハン。「愛というものは静まって行くもの。私たちの身は滅ぶか、夢は残る。邪魔はしない・・・」とミョンウォル。
心配するペンムに、元恋人のユス様が「賢い二人だから、芸を捨てずに生きるだろう」となだめている。

ピョクケスがミョンウォルを傷つけようとしたと知ったペンムは、ピョクケスの屋敷へ乗り込んで、「傷つけることは許さない」とくぎを刺す。ミョンウォル母は、「ちょっと無茶をしてピョクケスの執着を断つ」って、ますます執着されそうだが・・・。
タンシムは、ピョクケスの苦しみを思って心を痛めるが、ピョクケスは「あの女を忘れてやる」と言っている。タンシム、妊娠したな~。

ジョンハンは戻ってきた。畑仕事する民に交じって、彼らが作業中に歌う歌を一緒に歌うジョンハンを見て、「生きていたら、あのようになったでしょう」というミョンウォル。ジョンハンは、「家庭を持ちたかったという夢をかなえてあげたい」とか言い出す。だから、芸を捨てさせるのがミョンウォルの幸せか?
ジョンハンを突き放すために、妓夫(ギフ)を持つと言い出したミョンウォル。相手はボディーガードのムミョンさん。「私の妓夫になりたいんでしょ?」なミョンウォルに、「お前がいいなら拒まない」ってムミョン。どっちも気が強い~。
ムミョンは、実はキム・シスクという反体制の詩人の詩を読んだりしてて、過去のある男。「親友のチョクハンジョ先生?を裏切ってまで・・・」と訴えるムミョンに、「裏切らなければ俺が死ぬ。権力とはそういうものだ」と言った父・・・。

ミョンウォルが妓夫を持ち、祝いの宴をするのでと招待されたジョンハン。ショーック。ムミョンとキスするところを見ちゃったよ~。

プヨンは切ないねえ。「怒りと妬みを煽るかもしれないが、あの子の鋭い目のおかげで、久しぶりに踊りを楽しみ、芸に生きる人間であることを思い出させてくれた。恨めしいだろうが、おまえは過ちを犯した。一生かかっても勝てない」とメヒャン。ミョンゴムという太鼓を打ち鳴らす芸を披露するメヒャン。完成できなかったという芸だが、「それぞれに相応しい芸があると気がつかず、ペンムに3つ、私に一つしか心をくれぬ師を恨んだ」というメヒャンに、「舞を完成させる力になりたい」というプヨン。プヨンは、芸を極めたいんだよね。「それほど勝ちたいか。気持ちはわかる。天才は、努力する者を悲しませるもの」というメヒャン。プヨンの苦しみは持たざる者である民の苦しみにも似て、それはそれで違った味の素晴らしい舞を生みそうだけどなあ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ファン・ジニ | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。