• 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

ラストフレンズ 11(最終)話

Prisoner Of Love(CD+DVD)Prisoner Of Love(CD+DVD)
(2008/05/21)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る

完璧なる釣りドラマでしたねえ。何かありそうで何もない。釣り方、興味の引き方は演出と音楽で上手く作ってるなあと感心しました。DVや性同一性障害というものを掘り下げる気は無かったんだと思うけど、「青春の終わり」や「友情」を書いたドラマとしても食い足りなさを感じました。タケルやエリーの問題とかも、もうちょっと踏み込んで書いたら、もう少しテーマを掘り下げられたと思うけど・・・。韓ドラに慣れていると、釣り具合も感情のうねりもアッサリで、肩透かしされた気分。
周りの大人たち、特にルカの指導者・林田さんや父親が暖かい視線を送ってるのは良かったんじゃないかと思います。


「さよならミチル。君を自由にしてあげる。ゴメンね、愛し方が分からなくて。」という手紙と共に自殺した宗佑。

ミチルは、ルカの選手権・関東大会も見に行けなかった。
ルカは優勝。しかし会見で、記事の件を突っ込まれた。ルカは「モトクロスは実力があれば男子と区別されない競技です。優勝できたことを誇りに思います。1人の人間として家族や友人に支えられています。だから、他人の詮索は関係ない」と言い切った。エリーも、「もっと早く言えば良かったのに。驚いたりしないよ」と迎えてくれた。

しかし、ミチルは帰ってきてない。「受け入れられなかったんだろう」というルカ。友人としてなら大丈夫でも、恋愛対象にはなれない=傷つけるってことになっちゃうしなあ。
宗佑自殺&ミチルが事情を聞かされたことがレンタルハウスのメンバーに知らされます。ミチルは姿を消した。
そして、1通の「心配しないで」という手紙が届いた。
ミチルは、昔、母と逃げた故郷に逃げて、知人の旅館で働き始めました。しかし、妊娠5週。さらに、体調が不安定でリスクが高いと言われてしまった。
ミチルは宗佑との出会いを思い出します。優しく、さびしく、家庭を求めてた宗佑。
産もうとしているミチルの所に、母がやってきて「子供育てるのは簡単じゃない。生きていくのに足手まといなの。辞めておけ」というけど、「母さんは私をそう思ってたんでしょ。だから、早く家を出たかった」とミチルはつっぱねた。生むと言い張るミチルに、「母さんもそうだった」と言ってくれた母。

オグリンはミラノに転勤に。家のことを整理しなきゃとレンタルハウスを出ていくことに。妻もついていくと聞いてエリーはやっぱショック。
しかし、オグリンは家庭を整理して、プロポーズし。で、結婚式。いやあ、早!

残されたルカとタケル。タケルが「一緒に迎えに行こうよ」と、二人でキャンプしながら探し回る。タケルが「お姉さんとの関係」と話しだした。再婚同士で血のつながらない姉弟。厳しいタケル父に抑え込まれた姉は、10歳下のタケルを味方に引き込んだ。だから、セックスが怖いというタケル。
ミチルが旅館にいると聞いて、バイクを飛ばしたタケルとルカ。でも事故が!一瞬意識のないルカにタケルはビックリ!でも、擦り傷だけでした。

その病院でミチルを発見!すっかりお腹を大きくなって・・・。ルカとタケルは、一緒に育てるよと、帰って来いと・・・。しかし、破水しちゃったか?となったけど、無事出産です。としてレンタルハウスで暮らすと・・・。うーん、で、4人で家族として暮らすと・・・。うーむ、ミチルに好きな人が出来た入りしたら、結構面倒になりそうだが・・・・。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
スポンサーサイト
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラスト・フレンズ | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストフレンズ 10話

ルカvs宗佑。何とか逃げだしたルカだけど、やはり女性として襲われたことは、かなりのショック。転んじゃって!って無理して笑うルカ。
インターホンが鳴るたびに、シェアハウスには妙な緊張が。流石にミチルは「ここを出る」と言いだしちゃうよね。

タケルも仕事がダメになり落ち込むミチル。「逃げたら、ルカが命がけで守ろうとしてることが無駄になる」ってタケルが励ましてる。

宗佑は、ずっと見てきた子供に「お母さんを大切に。僕は大切な人を取り戻しに行く」ってやーめーてー。

しかし、ルカの件は週刊誌のひやかし記事になっちゃう。タケルは「ミチルには本当の気持を言った方が」とルカに言うけど、「ミチルにだけは言えない。友情だけじゃないと知ったら傷つく」と答えてるのをミチルが盗み聞きしちゃった。シェアハウスの中で話す事じゃないよねえ。韓国ドラマにありがちで見慣れてるけど、やっぱチョイ笑ってしまう。
流石にショックなミチルは、家を飛び出した。そして翌朝、カップを持って家を出ようとする。気がついたタケルに「お母さんの所に泊まる」と。「答えられないから、辛い」というミチル。

元気なフリしてバイクに打ち込むルカの顔を見に、お父さんが。「幸せか?満足してるか?」と聞くお父さんが、「言いたいことがあるんじゃ?」と踏み込んできた。「ごめんね、普通の女の子とは違うんだ。お父さんが望む形で幸せを見せてあげられない。でも、幸せになる」と答えた。お父さんも「愛してる。身守る」って理解を示してくれた。
それでも、流石にがっくりしてるお父さん。帰りがけに公園で呆然としてるのを気遣うタケル。タケルはホントに優しい性格だわな。

宗佑を見かけたエリーとオグリン。「そんなことしても冷めるだけだよ。可哀想だなあって思うだけ。男なら、引いてミチルちゃんと楽にして」って怒鳴ったエリー。オグリンは分かってないみたいだけど、「人に頼らないで、奥さんの所に戻ったら?」って言われちゃったよ。

で、「もう終わりにするから、荷物取りに来て」な宗助君。え?これで終わり?と思ったら、ミチルがルカが落としたお守りを見つけちゃった。プライドをへし折ってやったという宗佑を、ミチルが平手うち。「あいつらがどうなっても良い?」って完全にオカシイ宗佑君。ミチルはレイプされてしまいました。
「友達を、ルカを、タケルを傷つけないで。そう誓ってくれるなら戻る」って泣くミチル。その涙が宗佑を崩す形になって、静かに自殺してしまいました。誰かが死ぬって分かってたけど、宗佑だったか!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラスト・フレンズ | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストフレンズ 9話

ルカは「一人でも理解して信じてくれる人がいる」ってことで戻ってきた。みんなでパーティして雑魚寝しているところに、タケルの姉が「連絡とれない」と心配してやってきた。お菓子を置いて、寝顔だけ見て帰って行った。対応したミチルが、様子がおかしいのに気がついた。

ミチルは定職がないので保証人として母親のサインが必要。タケルが付き合って会いに行ってくれる。でも、母親は「貢がせそうな男」とタケルに反発。しかし、タケルは「宗佑からミチルを守ってやって」とお願いしてくれた。

宗佑脱走。ミチルが一人で買い物してると、そこに宗佑が!足をけがしてて「助けてほしい。家に帰ってきて」な宗佑。「別れたんだよ。自由にして、好きな人が出来た」って言っちゃった。

タケルには映画の仕事が2か月入った!喜んでるところに、宗佑に攻撃されて怪我してしま
う。誰か死ぬってのは分かってるので、こういうのはドキドキしますね。ミチルは自分を責める形に。
不安がるオグリンに「心配ならここを出て。私が帰ってきてミチルを守る」とルカが。そして、ルカは宗佑の家に直接対決しに・・・。宗佑は「家族にばらすぞ」と脅してきたけど、「勝手にしろ。何も怖くない。ミチルは自分の足でだって、優しくて強い男を好きになって行く。幸せになれる。勝手にはさせない。ミチルを本当に愛してるのは私だから」と言いきった。で、また殴り合いの喧嘩に→レイプまがいの展開に。

これで次回が最終回。やはりテーマに対して「食い足りない」感がアリアリ。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラスト・フレンズ | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストフレンズ 8話

タケルに「なにか助けてあげたいだけ。きにしないで」というミチルは、タケルのアシスタントをすることに。

ミチルに渡せと宗佑が子供に手紙を託してきた。入院しているらしい。エリーがつき返しに行ったけど、基本的に情が深い彼女は宗佑に嵌っちゃいそうだな~。絶対の愛なんてないと思ってたエリーは情の深さに揺れてしまう。ルカは「気持を抑えるのも愛だ」と主張して、手紙を燃やしてしまってる。

エリーはルカのPCで性同一性障害のサイトを見ちゃった。さらに、タケルとミチルが付き合うのか?ゲイなのに?っていうか、私はダメなのは女として魅力ないから?と思っちゃう。

ルカは家を出ていく。これを知ったタケルはかなりショック受けてる。ミチルも「出ていかないで」と頼ろうとするけど、ルカは突き放す。タケルは林田さんに「何かあったの?」と聞き出しに行って、ビラの件を知ります。

見送られたくなくて、一日早く勝手に引っ越ししちゃうルカ。早く帰ったミチルにだけは会えた。
そしてタケルに「海外に行って手術を受ける」という真実を語る手紙を残してた。おっかけて「傍で支えたい。見続けたい」と訴えて抱きしめたタケル。だけどなあ・・・。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラスト・フレンズ | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストフレンズ 7話

体調が悪くて更新が止まってます。風邪は治ったんですが、PCが不調でこれを直すだけの気力がない!



うーん、韓国ドラマの濃さに慣れてきた私にとって、やっぱ薄いと感じてしまう。韓ドラ7話分と日本ドラマ7話分を単純比較したら、過去の因縁の説明なんかがくどい分、韓ドラの方が薄い気もします。ただ、短くても16話編成の韓国ドラマでは7話って折り返し手前だけど、日本のドラマではすでに2/3でラストを狙った動きが出てきているわけで・・・。設定されたさまざまな要素を使い切るためには、この時点でもっと踏み込んで書くべきことがあるような気がします。

ルカがやっとタケルに話そうとしたタイミングで、タケルがルカに告白しちゃった。最悪のタイミングだな。ルカは「タケルが優しくしてやって。ミチルを好きになってやって・・・」なんていう。
タケルもルカも「そばにいるために負担にならないように」という行動に。
みんなで遊園地。ルカは林田さんを彼氏ってことにするんだ・・・。林田さん、いい男なんだよねえ。ただ、恋愛対象になれない人なんだよなあ。
タケルは姉夫婦を見てショック受ける。ミチルと一緒に休むことに。
ルカは宗佑の中傷ビラに傷ついている。「言いたくないこともある」と心配するタケルを突き放した。

人間関係のなかで距離の変化が生まれてきて、やっとドラマが動きだした感じですねえ。これを4話くらいで設定できたら良かったと思うんだよなあ。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラスト・フレンズ | 20:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストフレンズ 6話

タケルの事情をそろそろちゃんと取り上げて欲しいかなあ。

ルカは「帰りたいなら帰ればよい」と「自殺する」という宗佑のもとに走るミチルを止められなかった。宗佑は「君は僕のもの」と携帯も想い出の写真も捨ててしまう。

オグリンはまい戻ってきた。「気持も含めて考えたい」とかぬかしてる。エリーの気持を考えろ!っていうルカも分かるし、「別にいいよ!居ないよりは居た方がいい友達」って強がるエリーもかわいい。

タケルは、強がっていても心配しているルカの気持が手に取るように分かる。で、探しまわって宗佑の家に行ってしまう。鍵開いてるとか!!と思うけど、目を怪我して怯えきっているミチルを見つけてします。
「これが一番、誰にも迷惑がかからない」というミチルを説得したタケル。でも、宗佑に見つかって追いかけられる。シェアハウスじゃバレバレなんで、タケルのバイトするバー(定休日)で一泊することに。「ルカには言わないで」というミチル。
タケルは、診断書を取り、宗佑にも「訴える」と言い切って、なんとか守ろうとしている。そして、怪我が癒えた所でシェアハウスに連れて行った。しかし、ルカはそっけなくしてしまう。タケルが気を使って、ミチルとルカをサイクリングに連れ出します。
それでも、ルカに壁を感じて、自分は許されてないと思うミチル。

ルカは性同一性障害の件でカウンセリングを受けています。誰か一人でも気持ちを聞いてもらえる友人を作ってくれと言われた。ルカが思い浮かべたのはタケル。
宗佑は「ルカは男の心をもった化けものだ」という手紙を、ルカの実家に投げ入れた。弟から知らされたルカは「女子で抜群の成績で優勝したから嫉妬じゃない?」と誤魔化した。
「本当の自分を知られて嫌われたくない。誰にも言えない秘密がある」とタケルに打ち明けようとするルカ。でも、タケルは「俺が先に話したい。ルカは俺に似てると感じる。キミが好きだ」と気持ちを告白しました。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラスト・フレンズ | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストフレンズ 5話

ミチルが「自分が自分をしっかり持てば」という考え方で、宗佑と距離を置きつつも付き合いを復活させようとする段階に。適正な距離が取れるのであれば、もう一度付き合うことは出来るんじゃないか?自分と似た宗佑の弱さを愛しているミチル。
一方で、「強くなりたい。」と願い、黙って見守りつつも、「強さ」をミチルに求めてしまうルカ。ルカの「強さ」は男性的なもので、「強さ」って一つじゃないからなあ・・・と思ってしまう。
で、包容力という強さを持ったタケルが癒し役になりながらも、ルカの笑顔を守っていこうと思う。しかし、「触るな」と拒絶される。
オグリンは結局元鞘か?彼は「パートナーに支配される」というミチルと同じ立場の人なので、もうちょっと効果的に使えたんじゃないか?というか、同時期にパートナーの元に戻るってのはどうなのか?同じ時期だってのが意味を持つ形で展開していけるだろうか?違うのであれば、少し先を行かせる展開にしたほうが良かった気がするけど。
エリーの優しさと寂しさ。彼女は「一人に執着しない」だけで、人を求めて、人との関係性で自分を確かめようとする所なんかは、宗助と共通する部分でもある。ただ、他人を信用できないから執着する宗佑と、どうせ信用できないと始めから諦めてるエリー。
彼女のあり方が、「シェアハウス」というものを必要としている彼らを端的に物語っている気がする。

ドラマ的には音楽の使い方が上手く、興味を引っ張ってると思う。しかし、空気だけは作れても、ドラマはまだまだ浅い。折り返しまで来たので、ここから何処まで踏み込んでいけるか?

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラスト・フレンズ | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

≫ EDIT

ラストフレンズ 4話

タケルの伝手で美容室も変えて、とにかく逃げる対策を講じることに。おそらく経験者のタケルの静かな労りが、ミチルを癒していく。鍋奉行オグリンの明るいキャラもなかなかナイス。

っていうか、ミチルの携帯は初めから取り上げろよ~。で、電池抜いとけ!あんな野郎は絶対GPSを登録してるって!

女じゃなくてレーサーとして見てくれというルカに「お前は優秀な女のレーサーだろ?」というコーチ林田さん。でも彼にキスされちゃって、ルカは殴りとばしちゃった。コーチとしては、良い雰囲気になって自然にキスしたつもりなんだろうなあ。ルカ視点だと強引にやられたって感じで大ショック。タケルには「されてる自分にぞっとする」と告白した。
無かったってことで!とルカが明るく出てきたことで、一応、なんとか関係性を修復できたかなあ?

タケルの聞き役としての能力が十分に発揮された回。ま、誰も彼も、簡単に重いことを話しすぎじゃん!って気もするが、タケルのキャラクタで何とか成立してます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ラスト・フレンズ | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。