FC2ブログ
  • 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

12月の熱帯夜 17(最終)話

12月の熱帯夜 DVD-BOX 2 一話むりやり伸ばしたのかな?ちょっと短かったですね。案外あっさりしてるなと思ったら、最後の日記で涙がドバーっと出てしまいました。


姑は、家事に翻弄されてます。それでも、ヨンシムのありがたさを素直には感じないのが、この人らしい。ジファンは「家を出る。ヨンシムと結婚する時と同じように、今度も母さんは認めてくれると信じている。彼女を胸が痛いほど愛している」と宣言です。
ジョンウとムジュへ旅に出たヨンシム。暗くなりがちなジョンウに「どれだけバカっぽいこと出来るか競争よ!」って言ったり、明るく振舞います。でも、ジョンウは運転も大変なので、ヨンシムが交代したけど、運転下手すぎ。これで小言言われたりしているうちに、元気が出てきたジョンウ。こうやって遠慮しないでなんでも言えるってのが、病気も忘れて楽しく過ごせるってことなのかな



山の中の小さな家で暮らすことにした二人。ジョンウは、今まで読む時間がなかった本を静かに読んで過ごしたいという。ヨンシムは「夏にジョンウに会って、心臓が溶けてなくなっちゃった。その時の暑さがまだ残っている。それで良心も燃え尽きちゃった。私は悪いママだから、子どもたちのことは考える資格がない。悪い人間だけど、どこどこの誰かじゃなく、ただのヨンシムの今の自分が好き」って話をします。これが、12月の熱帯夜というタイトルにつながっているのね。
ジョンウは、「何も残して行きたくないから、簡単に捨てられるものだけ買おう」って言うけど、ヨンシムは出来るだけ家庭的な温かさを与えたい。本を読むジョンウの横でセーターを編んだり、雪遊びしたり、ウサギを拾って育てたり。
教会で、結婚式をしようというヨンシムです。「そうしたら、穏やかに見送って、あなたが居なくても力強く生きていける気がする」って説明して、用意した指輪も嵌めようとするんだけど、ジョンウは躊躇って、自分の分の指輪は、投げ捨ててしまいました。
ジョンウの症状は悪化する一方。具合が悪いのを見せられなくてイライラして、「息が詰まる。十分だから帰ってくれ。」って喧嘩になってしまいました。飛び出したヨンシムだけど、ジョンウも追いかける力もなくて休むしかない。でも、痛みが引いたら、ヨンシムが居ないのが寂しくて仕方ない。探しに飛び出したけど、倒れてしまいました。
ヨンシムの方も、頭を冷やして戻ることに。ちょうど心配で見にきたジファンによって、ジョンウ発見され、助けられました。でも、もう残りは少ない。意識を取り戻したジョンウが「先生から受けた恩を返せないままになりそうです」っていうのに、「もう返してもらったよ」っていうジファン。ヨンシムの大切さを教えてもらったからね。でも、ヨンシムはジョンウが居なくなってもジファンの元に帰るつもりはない。「ジファンが嫌いなわけじゃない。ただ、ジファンだけを頼って生きて、ビクビク怯えて生きて、対等になれなかった。だから、ちゃんと自分の力で生きてみたい」つまるところ、ヨンシムが家族を捨てるって行為には、彼女の自立したいという気持ちが現れたという面もある。単純にジョンウへの愛情に流されたってだけじゃなくて、孤独に世間と闘うジョンウによって、闘う闘志がわいてきた結果って感じも強いですね。ジファンは頼り切っているだけじゃないヨンシムを再発見することで、愛情に気がついたんだと思う。
ジョンウ、遺影を撮影し、火葬の準備もして、眠るように逝ってしまいました。「やっと苦しみから解放された?辛くない?元気でね。」っていう言葉をかけるヨンシム。ジョンウは、あの結婚指輪をしてくれていました。一人で逝かせたんじゃない。自分を覚えて旅立ってくれた。ヨンシムは、ジョンウの希望に従って、灰を裏山に巻いて、思い出の品も整理します。多くを語らなかったジョンウの思いが、詰まった日記が。ガンとの闘い。ヨンシムの不安を心配する気持ち。喜ばせたくてウサギを買ってきたのに、ヨンシムが野兎だと言ったこと。何かの世話をするのがヨンシムの天職みたいだと思ったこと。妻が出来たと喜んで、次の日に一人で指輪を一生懸命探すジョンウ。ここで、涙がエライ出ました。寡黙なジョンウだっただけに、素直な気持が綴られていて、感動。
ヨンシムは、この後どうするかな?ジョンウが言ったように、彼女が主婦としてやってきたことは、彼女の天職みたいなものなんだよね。認めてもらえなくて自信がなかったけど、それはジファンが凄く不器用な男で感謝を自覚出来なかったってだけの話で。すれ違ってしまったけれど、愛情がないわけじゃない。ただ、ヨンシムが自分を妻として認められないって問題が大きいから、やっぱり別れて生きるしかないのかな?主役二人の描写も個性的で役者のキャラクタにハマってましたが、ジファンが単に横暴だったり、愛情のない男でなかったのが、このドラマの良いところだと思います。演じたシン・スンウさんの演技にも感心しました。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 12月の熱帯夜 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1047-d81bb587

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]