FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アイ・アム・セム 2・3話

2話
3-8のチェ・ムシンは無口でクールな性格ながら、顔を触られるのが大嫌いで、向かいのお坊ちゃん学校の生徒30人との喧嘩にも勝つ強さ。ウンビョクはムシンにスカートの中を携帯で撮られたと思って平手打ちしちゃった。当然、相手にならず。かつ、携帯を折ってみせたムシンカッコ良し。
イサンは生徒に娘が何かされたら、イサンの責任だとジェゴン(校長ではなかったが、寄付金か何かで校長には顔が利くみたい)に叱られ中。常にボディガードしろと命令された。さらにウンビョクの成績は最悪。
ウンビョルはクールな女生徒サガンの隣に。そして、学校のアイドル・モセがウンビョルに一目ぼれして、タビンというファンの子にウンビョルは因縁つけられた。イサンは、ムシンやサガンやタビンとトラぶるなと言って来たけど、もう遅い。心配したイサンは「緊急時には連絡しろ」って携帯番号を教えた。
イサンはシン先生に一生懸命アプローチしてるけど、煮え切らない!




ウンビョルが屋上で上着脱いでキャミ一つでくつろいでるところに、ムシンとその友人サンテがやってきちゃった。隠れたんだけど、もの音たてて、ムシンに見られちゃった。さらに、制服を落としてサガンに拾ってもらう結果に。サガンは「転校生は3日と持たないわよ」っていう。確かにウンビョルへのいじめは続く。落ち込んでるウンビョルに、イサンはラーメン作ってくれたり、話を聞いてくれた。で、ウンビョルは逆襲を始めました。
ウンビョルが美術書を見てると思ったシン先生は「プレゼントするわ」って言ったけど、ウンビョルが見てたのは本の上に乗っていたシン先生の大事にしている時計の方なので、ウンビョルは遠慮した。これを見てたいじめっ子が、「君を見守る友より」って手紙をつけて、ウンビョルのカバンの中に入れたんだけど、ウンビョルはシン先生がくれたんだと思って喜んじゃってる。イサンがそれを見て「シン先生は無くしたとと言ってた」って言ったため、ウンビョルは「疑うの?」って傷ついて居なくなっちゃった。イサン、当然、キム室長に怒られた。怖ーい。
3話
イサンの「教育もしてあげないと」ってのは正しいけど、今回は誤解だからな。落ち込んでるウンビョルはモセに会って、バイクで静かな場所に連れて行かれたけれど、そこを他校の生徒に絡まれた。そこをムシンが助けてくれて、送ってくれた。で、「彼女になれ」だって。同情?って聞かれたら「まあイイや」とか、カッコええ。そこへイサンが「家族の人が心配してたぞ」とやってきた。ムシンの家族を心配して見せたイサンだけど、ムシンは家族がいないのよ~。
ウンビョルが来なくて「辞めた!」と大騒ぎの教室に、ウンビョルが登校してきて「卒業まで居るに賭ける」と。ムシンとサガンがそれに乗った。ダビン達3人組が時計の件でボロを出して、イサンが勘づきました。
モセは校長の息子なのか~。ウンビョルと一緒のクラスになりたいってせがんで、「絶対ダメ」って怒られた。サガンは絵が好きだけど病気の弟を抱えてて、美大受験は諦めている。サガンは美術のシン先生との会話で、時計がウンビョルと一緒って話しちゃった。シン先生は「どうしてイサンは話してくれなかったのかな?」と保健のミソン先生に愚痴りに。そこには代理教員のチ・ソヌ先生(ハロー!お嬢さんでダへちゃんの腹違いの兄をやってた人だな。嵐の二宮君をちょっと大人っぽくしたみたいな顔だ)が。何故か、イケメン歌手グループクジョテのメンバーだったけど、辞めたらしい。アリエン!けど、ま、いっか。
イサン、学校帰りに誤解を謝った。ウンビョル、反省の色が見えない!って怒って見せて、「なんでもするから」という言葉を引き出した。で、ウンビョルの衣装全てのアイロンがけをするイサン。さらに、「カニが食べたい」だの「スイカが食べたい」だのなんだの、わがまま放題のウンビョルです。契約を終わらそうというイサンに、HR中に「先生の歌が聴きたい。嫌なら契約続行」とか無理難題のメールをよこすウンビョル。で、一応、歌うイサン。完全におもちゃ。
イサンに呼び出されて、「今日は職場の飲み会だから、一人でまっすぐに自宅に帰れ」って話を聞かされたウンビョル。しかし、二人でいるのを3人組に見られちゃったり、危険ですよ~。職員の飲み会のあと、新任のチ・ソヌ先生はシン先生に「イサンと頑張って」って二人にしてくれたのに、送ってくれたイサンをお茶に誘ったのに遠慮されちゃった。ソヌ先生は、何かとシン先生とイサンの恋愛を応援してくれて、次の日にはミュージカルのチケットを譲ってくれたりする。
飲み会の日、イサンは、ウンビョルからの要求のホットドックを買わずに帰ってきて、代わりにキムチとわかめスープだけの貧しい食事を作ってくれる。でも、次の日もデートで「急用ができた」というイサンに、ウンビョルは怒っちゃった。そこに、ウンビョル父に何かあったという電話が。駆けつけるウンビョルを心配して、イサンも付き合う。
ウンビョル父は、キム室長の先輩チェ検事に「ヤンを裁くために証言してほしい」と願われてたから、この関係かな?

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| アイ・アム・セム | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1062-5c47ce38

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]