FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花咲く春には 15・16(最終)話

凄い面白いというわけでもなく、かといって詰まらないわけでもない作品でした。キム・カプスさんの詐欺師っぷり、暗いのが好きなのにポジティブキャラのコンヨンさん、拗ねた顔が可愛いイ・ハナさんと、割と好きな人たちだったので、楽しめたかな?ライバルのジュンギが「違うけれど正義の人」だったのも、楽しめた所だと思います。
チェリが!と思ったらジョンドに助けられた。でも、建物を壊そうとされてハルモニが怪我しちゃった。チェリは番組出演に遅刻しそうになるもドクスが「ファンが待っている。約束は守らないと。君の歌に町の人は励まされるんだ」と説得して、なんとか駆けつけて唄いました。しかし、チェリは舞台度胸あるね。
ハルモニは手術成功で入院に。返ってきたチェリが「家族みたいな町の人が苦しんでる時に、笑顔は作れない。やっと町の良さが分かったのに」って残念がる。ジョンドの一番好きな場所を当ててあげる!とか、チェリはジョンドを励ましてくれます。ジョンド、自分に託された思いを噛みしめます。
ハラボジも怒ってる。「町の心配の種だったわが一家が、町に恩返しする時だ」と、理髪店地下の秘密部屋に連れてった。なんと、偽造のための道具が!法的手段だけじゃ無理だって。ジョンドは躊躇いながらも、ハラボジには抵抗できない。「自白を引き出す」のが目的と聞いて、覚悟を決めた。資金は、ハルモニが貯めた貯金を出してくれた。



書類を手に入れたハラボジは、これは日本の偽造屋の紙だと言って、日本に居る旧知の人物に依頼して、その人物・宮崎を韓国に呼び寄せた。シナリオはドクスが作成。日本のヤクザ宮崎=ハラボジがチャン・ジョンテやソ常務、ジュンギ父にねじ込むって設定なのね。町の人たちにも在日ヤクザ一味の配役を!日本語の練習風景がでるけど、やはりタドタドしい。大丈夫か?交渉場面で自白させて、それを盗撮して、同じホテルでやってる検察局上層部の宴会に流すのね。宮崎さんを呼び寄せたのは、彼の入国記録を作って、相手側を騙す目的。
チェリにはドクスから説明しました。手伝わせてっていうチェリに「後方支援が必要だ。チェリがジョンドと仲良くしてくれれば、俺達みんなが、君たちの暮らす街の将来のために頑張れる」って説明しました。流石、詐欺師は口が上手い!ジョンドも、「有名になって町の自慢して!」って励ましてくれる。いいことをするんだからって自分に言い聞かせてるジョンドを、チェリも温かく包んでくれる。取材なんかでも、町のことを話題に出して、後方支援してくれる。でも、自白を引き出す日は、そのホテルでサイン会で協力できない・・・。
偽造文書のテストってことで、警察に「テロ対策の緊急出動」を命じる書類を作ったハラボジ。これで、ムン刑事&ヨンジュを呼び出して、協力を願いました。ハラボジの「人を助けるために、道を外れることもある。強い信念があれば、歩く場所は関係ない」という説得で協力してもらえることに。
ジュンギは、ソ常務を尋問。でも、チャンとの関係も父の件も否定してます。ジュンギは、父にも直接切り込んでるけど、かわされるばかり。混乱して、テハン建設の経営に疑いがあるとヨンジュに相談。「真実を知っても目をそらさないで、克服してね」ってヨンジュは言う。分かってるなら、助言してあげれば?って気もするけど、証拠がないからな。ジュンギは、ソ常務の尋問を続ける。ジョンド達の計画実行日、会長に会わねば!って決行するホテルに出向いちゃった。
作戦開始!ソ常務をヤクザ事務所にピックアップして、ジュンギ父(キム・テス会長)との面会を要求。しかし、ドクスは細目にしたり髭で別人になっているつもりみたいだが、バレバレじゃないのか?ソ常務とは面識あるだろ?自白を引き出す日。ムン刑事たちとジョンドは、「テロ対策」の書類を作って、ホテルの責任者に会って館内モニターを管理できるようにしてもらう。ジュンギ父が登場して交渉が始まりました。しかし、ジュンギが来ちゃった。自白を取るのが先か、ジュンギが乗り込むのが先か?暗号使って知らせて、町の人たちはさりげなく撤収させたけど、ハラボジとドクスは粘ります。核心に迫ったところで、映像は検察の宴会会場に流れ始めました。そして、部屋の外についたジュンギにも館内放送を流して、「偽造を認める」所を聞かせました。ハラボジ達は「交渉決裂だ」って退席。ジュンギ、そのまま父に会いに行きました。父を厳しく問い詰めるジュンギ。(このシーンは泣けました。ジュンギが仕事にかけて生きた父の苦しみを理解しているだけに、それを告発することの辛さが倍増)その映像を検察の人たちに、ヨンジュが見せました。彼が、検察官として職務を全うすると信じてたんだね。ジュンギも「間違っている。人の親として歩む道ではない。耳をふさがないで聞いて。俺の父さんだろ。明日、出頭してください」と言い残した。ジュンギ、頑張った!
ジョンドは、検察の皆さんに事情説明。そして、ジュンギの正義に敬意を表しました。ジョンドは、ジュンギを思うと気が晴れないけど、そんなときはチェリの笑顔が励ましてくれる。ジョンドは、ムン刑事が寂しがってるよって、家に帰ったら?って勧めた。
ジュンギの方は、とにかく車飛ばして一人で悲しさを紛らわせた。そして辞表提出。でも、部長は放送のことも伝えて、「君を失いたくない。許可できない。そして、ジョンドという友人を大切にしろ」と説得。でも、ジュンギは個人的なことを表に出されたことが引っかかって、会いにきたジョンドにも固い言葉しかかけられない。でも、それはジョンドじゃなくて、ヨンジュのやったことなのよ~。ヨンジュがジュンギを呼び出して、ちゃんと説明した「信じていたから流したの」。
ドクス、今後の町のためにって「改善組合」を作って会長に就任。キドンとミソンには子供が・・・。ドクスはキドンにモデルにチャレンジしろと助言。ジョンドは理容店で弁護士を続けてます。チェリと一緒に買い物行ったりして、「付き合ってるの?」と聞かれて「近所のお兄さんです!」とか照れちゃって!チェリは拗ねちゃったよ~。人気商売だからって説明してるけど、ジョンドは彼なりに悩んでるのよ。貧しい人からお金取れないから、弁護士は全然もうからない。チェリにプロポーズするにしても、幸せにしてあげられるのかな?って不安なのね。でも、ドクスは「悩みなさい。それが正常だ」だってさ。
チェリは、屋上部屋にムン刑事を招待して、実家に帰るって話を。チェリの新曲も出て、ジョンドはCD屋でさりげなく売りこんだり・・・。なにやってるんだか。
ジュンギ、テハン建設の件を自分でやると言った。特例で認めてもらった。父も、素直に自供。ジュンギはジョンドの一家にも謝罪に行った。ヨンジュもやっと、ジュンギの気持に答えてくれそうだし、彼なら頑張れるだろう。
検察の上層部の会議で、ジョンドの話題が。どういう制度なのか知れないが、ジョンドは検察に復職という連絡が!ジョンド、すっごい嬉しそう。で、書類持ってとにかくチェリの家に駆けつけた。「俺と一緒に暮らそう」って言ってるのに、チェリは家に居なくて、帰ってきたところだった。でも、チェリはキスして答えてくれたよ!いやあ、良かった良かった。二人が可愛くて。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 花咲く春には | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1077-f2c6ca5f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]