FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

復活13話

復活 DVD-BOX 2「待ってたぞスチョル!」怖!!お前がハウンを捨てた夜、俺はその名を捨てたんだ。兄を止めなかったと20年苦しみ続けた弟の気持を、親友に裏切られ弟を死に追いやった兄の後悔と苦痛が分かるか?考え抜いた。理由があるだろうと思って、許してやりたくて、お前がやってくるのを待っていた。だけど、俺はお前を許せない。」スチョルは「許してもらわなくていい。すまない。生きていてくれて、ありがとう」と泣くばかりです。許したいけど、シンヒョクを思うと許すこともできないハウンです。
ウナは、ハウンの警察バッチをシンヒョクに渡します。「私は兄から沢山のものを貰ったから、バッチはなくてもいいんです」というウナに「きっと、兄もあなたから沢山貰ったと思ってるでしょう」だって。スチョルの件で苦しんでいるから、ウナの顔を見てほっとするのが悲しい。
ガンジェはヤン・マンチョルを探して電話掛けまくり。しかし、イ議員が娘を心配するふりで、ガンジェの上司および報道局長と食事をして持ちかけた。でも、「どの記者にも親がいて、みな心配なのです」って言われて、「浅はかな親子心でした」と引き下がった。流石にボロは出しませんな。でも、ガンジェの取材内容を局長が気にしてますよ。



ガンジェは、ウキウキとシンヒョクに会いに。気軽に会えて嬉しいんだろ!「ハウンがヤン・マンチョルに会おうとしてた。そして、班長も会っている」という説明を。しかし、シンヒョク、話聞いてない!っていうか、知ってる話だから面倒なのか?手紙の差出人を「守護者」だというガンジェに「心配だ。簡単に信じるな」と注意するシンヒョク。あんたが巻き込んだんだぜ!ガンジェに送ってもらったシンヒョクは「報告は電話でいいよ」とか言っちゃって、「ひどいよ」って怒られちゃった。ガンジェはこんなふざけた男のどこがいいんだよ!まったく!
ヒスがライオン・ファンドのスティーブン・リーとして動き始めました。シンヒョクとの面会をイ議員に見かけさせたりして、彼の信用度を高めます。イ議員の補佐官にも、講演の時に挨拶した事が・・・と声かけたり、着々。だけど、ヒスってビジネスマンとしては見た目からして軽いけど大丈夫か?
ドンチャンは政界進出やらスターホテルやら、急に欲張ってるなあ。イ議員は政界の人を紹介したりはして、様子を見てます。でも、シンヒョクが素知らぬふりして、ホテルのトイレで会ったりして、揺さぶりをかけてます。シンヒョクは、スティーブン・リーとの面会をイ議員に見せるってこともしてて、怖いなあああ。スティーブンは金を手に入れたら孤児院にも寄付するとか普通にいい人で、巻き込むのに微妙に抵抗のあるシンヒョク。
そのドンチャンとスターホテルの経営権を争っているサングク妻に「キム・ヌイン」名義で壺を送った探偵さん。スターホテルの株を購入し、経営権を獲得するつもりらしい。資金を気にする探偵さんに「終わりは始まり。すべて始まりに戻る。サングクの資金で初めて、それで全部終わる。」って、悪い顔をするシンヒョクです。家では、穏やかな顔を母に見せるシンヒョクが、裏の怖さと相まって、怖さも引き立つってもんよ。
コンベンションセンターは、最終評価で同点で審議延長に。隠されていた評価委員もOPENになり、J&Cは現金攻撃に出ます。しかし、カン課長という非常に潔癖な人がいて、とても影響力がでかい。シンヒョクはJ&Cの手が及ばないカン課長にアピールすることに。(えー、副社長!社食でウナに見とれるのはやめましょう。アン秘書はすっかり、副社長はウナが好きなんだ!って思ってるよ。でも、思い出シーンは可愛くって好き。でも、いい年した男が、妹に遊ぼうよ~ってどうなのよ?それも睨めっこ・・・)
アン秘書は会長に呼ばれて、「最近のシンヒョクの変化をどう思う?何か心配事があるのでは?」と聞きこみ。この人、怪しさ満点ですよねえ。家でも「じーっと観察してる。柔軟で親しみやすくなったと、アン秘書は無難な回答。
J&Cは接待攻撃。シンヒョクはアン秘書とカン課長を待ち伏せて挨拶です。でも、そっけない。「根回しじゃなくて、話を聞いてほしいんです!」って粘ります。アン秘書の計らいで、ウナも一緒にカン秘書面会作戦を実行です。「世の中は理想どうりではない。金銭工作をするつもりはないが、実力で評価してもらうために話を聞いてほしい」と説得して、詳しく設計を説明させてもらうことに成功しました。会議でカン課長が「正しくやりましょう」と訴えてくれたこともあり、結果はムルン建設勝利!そんな甘いのか!カン課長は力が絶大だな!
ガンジェは上司に「辞めたいなら辞めろ」と言われて、父のしたことを知って、父に「余計なことしないで。そんなことする理由を説明して」って怒りに行った。ま、親心ってことで押し通したけどねえ。ガンジェは悔しくて、ウナ父の屋台で酔い潰れちゃった。(ソ・イヒョンさんの声、特に酔った時の声って好きなんですよね。恋するハイエナ!でも好きだった)結局、ウナがシンヒョクを呼び出して、連れて帰ってもらうことに。親しげにガンジェを起こして連れ帰るシンヒョクを見て、微妙な嫉妬心を持ってしまうウナ。
酔ったガンジェは、「シンヒョクに会いたかった」とか言っちゃうし、シンヒョクの肩に頭のっけて「ちょっと落ち着いた」とか言うし。惚れられてる!よなあ。ボクシングして、精神統一!しようとするけど、痛々しいぜ。ハウンは恋愛経験少なそうだけど、押し引きは上手いっていうか、何気に女落とすテクもってるんだよな。犯人を落とす駆け引きと一緒なのか?
ガンジェは「ヤン・マンチョル」のファイルを忘れて行った。その顔写真を見たウナ父。こいつは!ってことで、翌日ガンジェを呼び出した。「こいつがハウンを俺に預けた男だ!」だという。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 復活 | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1142-17cbf54e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]