FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニューハート 1話

初回です。概要はこんな感じ↓
三流大学出身の落ちこぼれ新人インターンウンソク(チソン)と成績優秀のへソク(キム・ミンジョン)は同クァンヒ大学病院胸部外科のチェ・ガングク教授(チョ・ジェヒョン)のチーム。医療事故も多く困難をきたす胸部外科で、懸命に医療に専念するウンソンとヘソク。そしてガングクもまた陰謀を企む医院長からの圧力に抵抗していた。
そんなある日、へソクの幼い頃の友人で今は俳優をしているドングォン(イ・ジフン)がドラマ撮影中に倒れ、クォンヒ大学の胸部外科に入院してくる。へソクに再会したドングォンは、へソクに好意を抱く。
他にキム・テジュン役でチャン・ヒョンソン(この人は医者役でよく見る)ミン・ヨンギュ役でチョン・ホグン。
大学病院ものだし、胸部外科だし、大学の利益の問題もあって、オヤジ俳優がいっぱい。ちょっと白い巨塔をちょっと彷彿とさせますが、それよりもエンタメとしての要素が強そうか?しかし、相変わらず韓国の外科ものは、血みどろ場面が多くて、心の準備がないと困るぜ。
チソン君は除隊後の復帰作で、すごくシンプルな熱血君を演じてます。基本的に鬱屈とか一切ない爽やか君タイプなので、シンプルな役がらには似合ってます。イ・ジフン君はこの間まで見てたビリー・ジーンと同様芸能人役。キム・ミンジョンちゃんはチョット苦手意識があるんですが、アイルランドでは良かったし、彼女のいかにも子役出身らしい演技はこういうドラマにはハマりそう。テーマ曲が、また盛り上がる!
では、1話レビュー↓


新しく院長戦を勝ち抜いて院長となったパク・ジェヒョン。効率よい経営のために、心臓血管センターの設立を推進中。胸部外科の優秀な医師を迎える予定。外科長はちょっと嫌だけど、金と患者が集まるまでだと説明された。胸部外科は手術のたびに赤字で、レジデントもいない。でも、病院の顔になる課。これで患者の注目を引き、次第に内科メインに変えるという方針。
それで目をつけられたのが国内初の心臓手術を成功させたのに、上に逆らって冷や飯食わされている医師チェ・ガンクク。手術間際になって、こんな設備の整ってない病院じゃ危ないから、ソウルの本院に行きたいと患者の家族が言い出した。患者本人は、過去にガングクに救われたこともあって、手術したいと言ってるんだけど、設備が不十分なのは確かで、仕方ない。腕が鈍るから、豚の心臓なんかで練習に精をだしているけど、患者に信じてもらえないことに腐ってもいて、昼間っから釣り三昧。
釣り人と喧嘩して怪我して、村の海松病院で額を縫ってもらった。その医師がウンソク。他の患者のレントゲンを見てて、こりゃレントゲンのミスだ!とか言ってるウンソク。しかし、それを見てたガンククは、「これは血がたまってる。殺す気か!」と緊急処理を始めた。呆然とするウンソク。緊急処置だけして、ソウルに送れと言ったガンクク。ウンソクはガンククが著名な胸部外科医だと知って「ソウルまで搬送するなら、そちらで手術して」と言うが、「患者の意思を確認せずに手術したら医療事故だ」とガンクク。ウンソクは「これで見捨てたら殺人者だ。俺だってインターンで信じてもらえないけど、早く救いたい一心でやってるんだ」と頑張って、なんとか手術してもらった。
一緒に別院に運んで手術。ウンソクは、患者を殺しかけた今日を忘れない!と決心。ガンククが主任教授の医療ミスを指摘して干されているという噂を聞いても、その正確な手術ぶりに感動。胸部外科に行きたいと決意するも、三流大学出では手術そのものが経験できないぞと先輩に言われちゃった。
本院のナム・へソクは首席卒業の優秀なインターンで胸部外科希望。父のパク・ジェヒョンとは冷えた関係。へソク本人も合理的でクールな性格。
ガンククに、本院の後輩から「送ってきたパク軍曹に予定してた手術は本院の医師で出来る人がいない」と連絡を受けた。こっそり本人に行って、自分で手術することにしたガンクク。心肺停止になって緊急手術したということにしとけだって。でも、後輩たちは彼の手術を手伝ってくれる。
ガンククは単身赴任中なので、ソウルに残った妻。彼女と内科の医師(院長に取り入っていた男、こいつもソウルに単身赴任中)はどうやら不倫してるっぽい。妻は、仕事優先のガンククが不満なのね。喧嘩しがちな両親に二人の娘は心を痛めている。
院長選に敗れたミン外科長は手に震えが来ている。これで、院長に勇退を勧められた。次の胸部外科長は、ミン・ヨンギュと思われた。しかし、院長からガンククに胸部外科長の打診が。ガンククは、父(これも胸部外科医で医師免許をはく奪された過去がある)の名誉を回復することや、手術チームや人事権まで要求。
ウンソクは最高の所でやりたい!とクァンヒ大学病院に願書を提出。三流大学だけど、毎年定員割れなのに望みを・・・。無邪気に街で遊んでたら(チソン君で若く見えるなあ)、家族づれの父親が交通事故に遭った現場に居合わせた。救急車を呼ん同行し、救急車の中でも出来る限りの処置をします。この間の、胸に血が溜まった患者を思い出したウンソク。やらなけらば死んでしまうと、その場にあったボールペンで簡易的な処置を。
それを見かけたガンクク。家族との食事の予定だったのに、タクシーで救急車を追いかけます。手術室に運ばれた患者を、へソクが対応。血液と空気を抜いてくれた処置に感謝するへソク。ガンククが手術しようとするも、本院のキム・テジュン医師が担当することに。キム先生に「僕が処置しました」と言ったウンソクは、「インターンごときがする処置か!おかげで肝臓が傷ついている」とキム先生に怒られた。ウンソクは「見殺しにできるか」と言うけど、調子に乗るなというキム先生も正しいよなあ。恐れを持ち、そして技術が伴わないとダメな仕事だから、大変だよね。
病院の入り口で患者の手術を待っているウンソク。救急の患者の対応をしているへソク。しかし、食中毒じゃないかと来た患者の嘔吐をかぶっちゃって、思わず「まずは受付してください」と冷たくしてしまった。「少しでも苦痛を和らげ、早く治したいという気持ちで、医師らしく動け」とガンククが、ウンソクの言葉で説教しました。ちょうど助けようとしていたウンソクも、そしてへソクもガンククの言葉を噛みしめます。
本院復帰を躊躇うガンクク。しかし、患者が待っているとなれば躊躇うことはできない。しかし、病院内の動揺は大きい。
レジデンドの面接で、ウンソク、そしてへソクと再会したガンクク。ところで、ウンソクよ。つばで霧吹きしてアイロンかけるのはどうかと思うよ。キタネー。外科は清潔一番!だろ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ニューハート | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1321-b9d708e2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]