FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アイ・アム・セム 16話

チ先生はparanってグループの人なのか?Mnetで見たPVの中に居た気がするんだけど。
ラス前の回。先生としてのイサンも生徒としてのウンビョルも嫌じゃないんだけど、楽しい普通の学校生活への気持を恋愛にスライドさせる部分が、とても嫌。

逃げ出したウンビョルを、イサンが追っかけた。シン先生が行かないでって顔しているのに。どうしても、この二人を応援してあげる気になれないなあ。別に先生と生徒の恋が悪いとは言わないけど、「先生として指導しなきゃ」ということを隠れ蓑にしている感じが凄く嫌な感じなんだよな。キム室長がイサンを捕まえて殴った。愛してて心配しているのは同じなのにね。「ウンビョルは人形じゃない」とか言うイサンだけど、キム室長は普通に愛してるっしょ。ウンビョルは逃げ出してサガンの所へ。「私が謝れば先生は許してもらえるでしょ」だって。ウンビョルはイサンに電話。シン先生とのデートの邪魔をしたことを謝りながら、まだ一緒に暮らすと言っている。それが一番シン先生にとって嫌なことだろうがよ。若いって残酷だわ。
シン先生はウンビョルの父に会って事情を聴きました。嘘をついたこともバレた。「会わせる顔がない」というイサンに「私に怒る機会をくれないのが、一番悪い」とか言って、理解してあげるシン先生。こんな良い女をどうして大事にしてやらんのだ。
キム室長が話をつけにきた。その後、イサンがウンビョル父に面会。金を渡す父に、前に貰った金も返したイサン。押し問答しているのを見たウンビョルは「お金のためだったの?」と怒っちゃった。ホン代理は貴方を思ってのこととウンビョルに説明するけど、ウンビョルは「パパは先生に何も与えないんだ」と気が付いている。


イサン、家を出て教員室で夜明かし。それを知ったウンビョルは、サガンと映画に行くと言って出かけて、こっそり電話。逃げ出してイサンを探します。でも電話がつながらない。メールを後から見たイサンは家に駆けつけるも、すでにウンビョルはいない。
一方、シン先生は、チ先生からローズマリーが綺麗だよってメール貰って、学校を休んで農場に会いに。チ先生は明るく笑ってるけど、怪我は誰かに仕組まれたもので、とても傷ついている。チ先生に「嘘をつく人だと思わなかったのに。ちゃんと他に好きな人がいると言ってほしい」と相談。自分でも気がついてないんじゃない?と言われて、寂しく笑うしかない。
ウンビョルは卒業所を受け取りに学校に。お別れの挨拶。イサンも何も言わないで送り出します。でも、放課後になってシン先生が「私が望んでいることを考えた。愛することに夢中で、自分を愛してなかった。先生も早く気がついて」と背中を押してくれる。イイヒトすぎるよなあ。イサンはウンビョルの作文を見てました。「一つの死とともに、袖を取った人が現れた。いつも守ってくれた。夏の終わりとともに忘れてしまえれば」みたいな奴。これ、キム室長のことじゃん?って私は思うんだよな。お母さんの亡くなった時に、始めてあった男の人で、いつも守ってくれた人。なのに、イサンは自分のことと思うのか?ま、この夏を過ごしたのはイサンだけど。
お金が欲しいっていうフリして家に上がり、トイレと言ってウンビョルの部屋に。で、二人で逃げ出した。ホン代理が手伝ってくれてるけど、ドンドン追いかけられます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| アイ・アム・セム | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1347-2bec3b4a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]