FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニューハート 6話

スジン脱走。母に依存されてて、無理やりに働かされてる感じですな。真夜中に薄着でランニングする撮影。一緒に居たドングァンの目の前で倒れて運び込まれた。先輩医師たちは「患者は裏切るもんなんだ」と諦め顔。ドングァンは「誤解するな」とへソクに迫るも、へソクは患者がいるって逃げた。
ウンソクは元従軍慰安婦で同じ境遇の人と施設で暮らす天涯孤独なお祖母さんを担当。難しい手術で、死亡する確率もあるって説明をするウンソクに、「先生を信頼してる。どうしても行きたい所があるから手術する」というチェ・スンジンさん。隣ベッドのスジンにも「今からでも残りの人生を美しく生きたいの。」という話しを。(本当に、素朴でいい顔したハルモニなんだ)
ウンソクは医局の集合写真だと思って参加したら、クァンヒ大卒業生の写真だとのけ者に。やっぱ落ち込んでる。気にしてへソクがコーヒー持って行ったけど、自前のコーヒー&ミルクで元気を出そうとしているので、黙って立ち去った。
スジンは、患者さんにも明るく声をかける愛想の良い子なんだけど、治療に同意しない。理解できないウンソクに「手術後の人生を想像したくない。私は欲張りだから」というスジン。ウンソクは「自分も、やっとこの大学に来るって望みがかなったのに、もっと望みたくなる」という話をし、治ったらバスケする約束を。
知らないことが沢山あると、ひたすらにレントゲンやらの見方を習うウンソク。実力あったって、患者は医者を信用なんかしないもんさというレントゲン科の先生。でも、彼の助言でロボットを使ってのダビンチ手術ならスジンの傷跡を小さく出来るってことを知りました。調べてみると、キム先生が留学中にやっていて研究発表もしている。で、会議の場で発言。「出来るか?」と言われたら、キム先生も「出来る」と答えるしかないよな。先輩医師たちは「波風を立てるな」と叱るけど、助けなきゃっていわれちゃうとなあ。スターの手術だし、最先端だから院長もご機嫌。一方、幼児の心臓病を扱う先生は、「元が取れない」とチクリとやられちゃった。子供が減っているからね。


スジンの手術。助手の一人が体調不良で、結局ウンソクが助手を務めた。でも、キム先生との関係は改善しないまま・・・。
スンジンさんの手術。「信頼してくれているから、助けたい」というウンソクに、「信頼されてなくても助けるのが医者じゃなかったのか?」とカングク。手術は無事終了したけど、食欲がない。よもぎスープが食べたいというスンジンさんのために、ウンソクは病院の庭を大捜索。それを見てるスンジンも「術後の人生」を考え始めた。へソクは、ウンソクのやり方が患者を助けるのを見て、呆れながらも笑顔に。スンジンさんは手術後のスジンに「雲がハート型になってるのを見せてあげたいのに、まだ起きないの?」と心配。ウンソクが携帯で写真にとっておいてあげました。
へソク、ノックしないで控室に入って、先輩達の着替えに遭遇~。先輩達のキャラもなかなか楽しくて好きです。そんな初心なへソクだけど、ドングァンが勝手に「好きな人はへソク」と宣言しちゃったもんだから、記者が病院に殺到。むっちゃ怒ってます。ドングァン強引だな~。会いにきちゃったりして・・・。
しかし、スンジンさんが心室細動。へソクとウンソクで、「ヨモギのスープが残ってるよ!死んじゃ駄目」って声をかけながらの必死のマッサージ。でも、なかなか戻らない。手術中のカングクに許可をもらって、胸を開いての直接心臓マッサージまでしたけど、全然復活しない。完全に止まったところで、へソクが死亡宣告を。しかし、ウンソクは諦めないと粘る。へソクは「他に患者もいるの。残ってる人のことを考えて。」と。諦めさせるために「死ぬ時期が早まっただけ。家族もいないし、助けても仕方ない」とうへソクに、「助けるのが医者だろ!」とウンソクは怒鳴りつけた。でも、駆けつけたカングクの冷静な判断は、死亡宣告をしろというもの。ウンソクは涙を流し、霊安室まで付き添った。
そして、へソクに「家族がいないとかそういうことで、患者の命を粗末に扱うなんて、見そこなった」と言い残した。へソクが悲しくないわけじゃない。そうやって無理にでも自分を納得させて乗り越えなくては、残された患者を救えないからなんだろう。でも、そういう考え方に慣れ過ぎないようにしていくのはとても大変だろうなと思う。へソクは、まだまだ純粋で、とても柔らかい心をもっていると思うけどね。
国対委員長のソン会長が検査入院してきた。担当するへソクは、対応している父の院長と同席して、ちょと気まずい。急に明日の夜に手術することになった。待たされて不満なソン会長。カングクは「VIPは関係ない。患者は平等だから、緊急性の高い患者から」という態度を貫きます。ウンソクだけでなく、へソクもそれには笑顔を。しかし、麻酔をかけるって段になって、救急患者が運ばれてきて、手術を延期したカングク。会長が暴れだしちゃったよ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ニューハート | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1393-f0d13bf4

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]