FC2ブログ
  • 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タンポポ 20話

シュエは、父親に「もう恨んでない」という話をしてあげます。後悔し続けている父に、母のお迎えの夢が。追いかけて居なくなった父を、ビンとシュエで探し回ります。瓦礫のビルの上に座って、妄想の星を眺めている父。

チャンハオはシャオトンと仲良く。親子の絆は着実に深まってます。シャオトンは農村の子どもたちとも交流を。星を眺めて、「シリウスより地球が良いな」というチャンハオ。薬の効果が出たのか、次第に農村での過去の記憶が、断片的に戻り始めました。しかし、激しい頭痛に見舞われてしまい、ポーシェンがヘルプ電話を。ひとまず薬を中断。
シュエとビンは、チェンハオの見舞いも兼ねて農村に。チャンハオの記憶はどんどん戻ってきています。だから、シャオトンのためにも薬をやめたくないとチャンハオは粘る。ビンは医師としては止めたいけど、記憶が戻るのを嫌がってると思われたくはないから、強く言えない。
ビンは、シュエやチャンハオの家族の邪魔にならないように、そっと席を抜け出してブラブラ。ポーシェンがビンに付き合ってくれます。ポーシェンは「君はいつか僕から離れていく。だから、ちょっとでも見ていたい。僕は君の理解者だ」だなんて、寂しいなあ。ビンも「親友」としか言わないしなあ。現実から逃げて星を見てばかりの父の話から、「手が届かなくても、綺麗だから遠くから見るだけでいい」って話をするポーシェン。

夕立ちなのに、帰ってこないビンを心配するシュエ。でも、3人で寝たいってシャオトンのおねだりには逆らえない。気にしないフリしてるけど、ビンは辛いよなあ。眠れなくて、散歩にでたシュエとチェンハオ。当然、やっぱり眠れないビンはそれを後ろから見るしかない訳で・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| タンポポ | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1440-f83d3b87

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]