FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

噂のチル姫 12話

お父さん、ミチルの頭引っ張って家に連れて帰った。殴る殴る。ソルチルが必死に止めてるけど、敵わない。母さんまで責める父親に、「私だけが知ってた。事情があるの。一時的なバイトだし、変な仕事じゃない」と庇うソルチル、良い子だなあ。初めは謝り倒してたミチルも、「出てけ。お前は我が家の膿だ。周りが腐る前に除去しないと」と言われてぶち切れた。「一度でも私を褒めてくれたことがある?ソルチルだけ特別扱いして。私に何かしてくれた?出てってやる。」と。母さんも「心ないあなたの言葉に傷ついているのよ」とミチルを援護。父さん、頭に血が上ってへたり込んじゃった。いつの間にかハルモニ出て来てるし・・・。「外出禁止と、外部への連絡禁止で許して」とドクチルが間を取り持った。
父さんも「男に負けないように立派に育てようと思ってたのに」って、悪気はないんだよねえ。だから性質が悪いんだけど。母さんが「ミチルの気持を考えて」と説得するも、父さんは「自分の能力のなさをソルチルのせいにするなんて」だと。ハルモニは「ソルチルを連れてくるから・・・」というけど、ソルチルも私の子と母さん。どうやら、ソルチルは貰われっこなのね。戦友の子だったりするんだろうな。
収まったは良いけど、ミチルは「ホテルに連れてくるなんて。私なら他の場所に案内して時間稼ぐ。わざとでしょ。嬉しいんでしょ」とソルチルを責める。えーっと、それは無茶だよ~。ソルチルは、無茶庇ってるし、何とかしようとしてきたじゃないか~。
イルハンから電話があって、ウサ晴らしに飲みに。「妹の立場で考えてみたら?寂しいのかもよ?双方に問題があるんじゃ?」なんて言われて、晴らす憂さも晴れない。愚痴って聞いてあげれば、それでスッキリするんだから。イルハンだって、ソルチルの気持ち考えたこともない癖になあ・・・。ソルチルなりにミチルのことを考えて、防波堤になろうとしてるんだよ~。ミチルは父親が怖いから手軽なソルチルに八つ当たりしてるだけだから、ソルチルが何をしようが変わらないよ。それなのに、「私が悪い」って言うソルチル。我慢しすぎ。


熱が出たミチルを気遣っても、ミチルは拒否。ソルチル、勤務中でもミチルを心配している。射撃練習して、考えことから頭をそらそうと・・・。食事してないのを心配したハナム兵長が、可愛くラッピングしたハンカチとチョコを差し入れてくれた。ハナム兵長は、ラッピング好きだな~。ボールペン借りようと彼のデスクを開けたら、「中隊長からの頂き物宝物2号」ってラッピングされた蜜柑が。えーっと、それは腐って当たり前!でも、ハナムの可愛い気持に、やっとソクチルは気がついたか!
ミチルは家を出ると準備を始めた。母さんが泣いて止めた。優しいところがあるミチルは母さんを置いては行けなかった。結局、父さんに負けない!と団結することに。当分、連絡できないからとイルハンに「海外旅行行く」と連絡。でも、派遣会社は「聞いてない」ってことで、心配になるイルハンです。あちこち探し回る。
ドクチルは夫につけられてます。遅くなるって嘘つかれて、夜中に外出して抱きあったのを見られちゃったよ。ありゃー。
ビリはテジャに「オンマに逆らわない。高級嫁入り道具を揃える。俺が何をやっても文句言わない」と条件出されてぶち切れ。「もう顔も見たくない!」と宣言。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 噂のチル姫 | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1477-be328f16

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]