FC2ブログ
  • 06月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

僕の彼女を紹介します

僕の彼女を紹介しますチョン・ジヒョンチャン・ヒョク

猟奇的な彼女のアナザーストーリーと言われる作品。彼女の設定などが違うのですが、「失った彼との物語」です。
映画としては、あまり出来の良いものではありません。猟奇的な彼女でも、そういう傾向があったのですが、「こういうシーン・状況のチョン・ジヒョンがみたい。この絵がみたい」というのが先行してて、ストーリーのつながりが悪いんですね。猟奇的な彼女は、思い切って「前半戦」「後半戦」と銘打つなどして、繋がりの悪さを克服してましたけど、今作はそういうこともやってません。
前半は、猟奇的すぎる彼女(今作の彼女の場合は、彼を失ったせいで猟奇的なのではなく、双子の姉を失ったために姉の人生を生きている)と、お人好しな彼のラブストーリー。これでもか!ってくらい、ベタベタです。監督は絶対に「萌え~」って思いながら撮影してただろ!ってくらい、チョン・ジヒョンが魅力的。彼女は役ごとではなくて、シーンごとに顔が変わって見える不思議な女優さん。たぶん、角度とメイクで印象が代わってるんだろうけど、一瞬「え?チョン・ジヒョン?」って思う瞬間が沢山あります。これが「会うたびに始めた会う気持ち」を産んで、魅力になってるんだろうなと思います。
で、中盤で唐突に死にそうな目に会い、さらに事件で彼が死亡。ここからが、積み上げた前半が効果を発揮し始めます。風になりたいと言ったこと、小指の約束、姉のための黒鍵、彼が書いたパラパラ漫画、なにげなく破いた雑誌で作った紙飛行機・・・。些細なことが、全部愛おしく感じる。
彼が最後に電話してきたのは、「僕の持っている写真の背景に君が映っている」というもの。「運命を信じる。」という彼のメッセージ。あ、連ドラ「猟奇的な彼女」のスポットでも、「運命って再会すること」と言ってますし、猟奇的な彼女も「再会」がテーマになっています。「縁」というものを強く意識する韓国映画ならではって感じがしますね。
最終的に、何度も後を追おうとする彼女を、彼が風となって救い(アリエネーって状況満載だけど)、自分と似た彼(猟奇的な彼女で彼を演じたチャ・テヒョンを使って、同じ初対面を再現)の元に彼女を送り出す。
文句言いつつも、思わず泣いてしまうのは、音楽の力もかなりあります。
彼を演じたチャン・ヒョクは、連ドラの猟奇的な彼女にもカメオ出演の予定。

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 猟奇的な彼女 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1492-c4a4635f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]