FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

外科医ポン・ダルヒ 3話

アン先生(ジュングン)が手術を開始したところにやってきたゴヌク。先に検査しないと診断が違っていたら?と揉めだした。切ってみた感触で壊死性筋膜炎を確信して居て検査の15分が命を左右するというジェヌクだが、揉めてる間に検査させた方が早いってことで、組織を採取。
結果は、壊死性菌膜炎。切断なしで治療してくれと願うゴヌクだが、「原則に囚われて命を危険にするのか?手術同意書をとってないからと、命を救う手術をしないのか?」とジュングンです。なんとか切断なしで処置できた。
担当のチョ先生は、「検査に来てたのに、あなたが勝手なことしたから患者が行方不明になっていた」とダルヒを責める。でも、ダルヒは「患者が医師の師匠。悲しみが喜びになる。恐怖が希望になる」と、今回の成功で勇気づけられます。
検討会彼女の症例を取り上げることに。ゴヌクの診断を責める胸部外科長と、勝手に患者を動かしたことを責める外科長で揉めるけど、今回はゴヌクの慎重論がマイナスにでた。胸部外科と外科の対立に利用する胸部外科長だけど、ジュングンは憮然としてます。ゴヌクにとってジュングンは永遠のライバル。
スンミンのことを話し合おうと、チョ先生がやってきた。他人の男の子を育てさせたくせに!って怒るゴヌク。チョ先生は「そうやって怒って話しをするだけマシだ。」と事情を説明し始めます。「私もしらなかった。」と言うのも、「知ってすぐ話さなかった」と責めたてるゴヌク。「人を打ちのめしておいて謝るな」って、聞く耳持たない。


外科の入局式。レジデント仲間の紹介を。チョ・アラは優秀な女医。パク・チェボムは気の良い男でホントは皮膚科死亡。チョン・ソンテは代々外科医の家系。胸部外科から派遣のダルヒは、なんとなく居心地悪い。
ゴヌク夫婦が喧嘩しているのを聞いちゃったダルヒ。ゴヌクが気になってしまうみたいですね。抜け出したゴヌクの後付けてるし・・・。ウザイ女だなあ。結婚直前の彼が親友と浮気してフラレタけど、彼らが交通事故に遭って入院したことを話して、ゴヌクを励ますダルヒ。さらに、患者の件で「アン先生には話してない」と説明。ゴヌクは「患者が助かったからそれでよい」と言ってくれます。酔い潰れたゴヌクを病院の彼の部屋に運ぶダルヒ。ジュングンに見られちゃいました。(うーん、グレアナみたいに、レジテンドと教官する医師の恋愛になってソープ化しちゃいそうだなあ・・・
急変した患者がでて駆けつけたダルヒ。「やります」と言ってもジュングンは無視。「チャンスをくれ、失敗はしたが、だからこそ経験を積んで鍛えたい」と直訴するも、完全に無視。この言い方じゃ、「患者は経験積むための道具」っぽいもんな。ジュングンが許さないのも分かる。「何でもしますから、研修を受けさせろ」と食い下がるが、「他の人に頼め」とジュングンも怒鳴り返す。
チョ・アラ。痩せるために胃を小さくする手術を受けようとしてたのに、直前になって「怖くなったけど、夫には言えないから、検査ミスで手術ができなくなったと言え」と頼まれて、自分で夫を説得しろ!と怒ってます。減量しないと夫に逃げられそうで、でも手術は怖くて・・・って複雑な彼女。でも、手術をすることに。手術中に肺の血栓が詰まって急変して、何もせずに閉じることになってしまった。
ダルヒは500万のために自殺を図った患者に当たった。食道再建の手術をすることに。しかし、費用が2500万掛かる。自殺だということを伏せれば医療費が下がるが、それをやればカルテ改ざん・・・。手術してみるとかなり状態が悪い。ジュングンが手伝うと言い始めた。胃を切除するというゴヌクに、居合わせたジュングンが「俺なら胃を残せる」と言いだした。患者のために、5分だけ時間を与えたゴヌク。ジュングンは手術を成功させます。
良かったと言いながら、ゴヌクはコンプレックスを刺激されイライラしてます。そんなタイミングで、「誓ってあなたの子だと信じていた。スンミンの父親代わりになれる?」と聞きにきたチョ先生。タイミング悪い!
助けた男性は、気がついても「死なせて欲しかった」と言う。ダルヒは、「あなたは死んでもおかしくなかった。でも、あなたの臓器が生きたいと思ったから、見る見るうちに血色が戻ったの。体は生きたいと思っている」という話を。
ドンゴンは検査を拒否したまま。チョ先生に「浮気して離婚したくせに!」とか文句言ってます。ダルヒ、胸の手術後がみたいというドンゴンに傷跡を見せてあげます。元気になる例を見たことで、ドンゴンはチョッと心を開きます。希望を持つと怖くなるというドンゴン。
急変した患者がいて、ジュングンは「ビタミンK投与指示」したレジデントを怒っている。しかし、ダルヒが「長距離出張のあとの手術」って患者が会話してたのを思い出して、投与のせいではないかも?と主張しはじめた。やっぱ、ダルヒの能力を「運の良さ」で書いていくことになっちゃうのか。ニューハートのウンソクもそうだけどさ・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 外科医ポン・ダルヒ | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1505-f67160b2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]