FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

朱蒙(チュモン) 41・42話

朱蒙 公式ノベライズ(中)久々に続きをレンタルしました。
41話
テソに「人質として長安に行き、見聞を広めて来い。これを受け入れれば、お前を信じ、お前の大切な人を守る」と言われたチュモン。王と母・ユファを思うと逆らえない。
しかし、テサジャが「敵は近くに置いて監視せねば。ヨンポを人質にと言い出した。厄介もののヨンポを追い出したほうが、テソも楽になるしな。しかし、ヨンポは反発し、母もヨンポが可愛いから庇う。やはりチュモンを人質にとなったけど、ヨンポは恨みが募ってしまう。
これは、戦争しかけたのはチュモンなんだし、妨害したのはテソとはいえ、チュモンが行くのが妥当だよな。だから抜け道がない。戦よりも実利と言うテソに、王は「それを口実に引きさがり続けたら、国は滅ぶ」というけど、こういうのはバランスだからなあ。正直、無能な王になんかいう権利があるだろうか?テソは「鋼鉄剣を作り上げるまでの時間稼ぎ」という先の目を持ってるんだしな。
王は「プヨを捨てよ」というが、チュモンは「敵の心臓部で漢の動きを探る」と人質になる決心を告げます。テサジャの読みが正しいよな~。ヨンポがお馬鹿なばっかりに・・・。
テソは、人質に行く前にイエソヤと結婚しては?と言い出した。テソは、ソンヤンを支援してヨンタバル商団とのバランスを取り、流民については静観するなど、安定志向の政策を実施します。


ヤンジュンはヒョント城にいるヨンタバル商団のヘンスを捕らえ商団を追放。ソンヤンの差し金だろうと、ピリュを攻めるというソソノ。意思を示さねばならぬが、ケルの地をでの戦乱は力を殺ぐばかり。戦をせずにソンヤンを殺し、チュルボンを掌握する必要がある。ウテが「私が刺客となる」とか言い出したよ~。しかし、身うちに裏切り者がいるんだもんなあ~。チェリョンはソソノの多少無謀な行動に不安があり、ソンヤンと通じている。
ヨミウルも、「時を待て」とソソノに進言。チュモンはプヨを離れるが、いずれ二人で大業を成す時が来ると説明され、ソソノは耐える覚悟を決めます。

トチとヨンポの動きはチュモン配下の3人組にバレバレ。軍団を作って鍛えている。ヨンポがテソに不満を持っているのを知っているチュモンは、探りを入れます。漁夫の利を得ようと、ヨンポへの監視を強めます。ヨンポの軍は、テソ外遊時を狙い、「ケルの兵」を装ってヨンポとの関係を隠して行動を開始。失敗したときにケルが危機に陥るため、チュモンはひそかにサポートを送ります。
テソはピリュのソンヤンを訪問。チュルボンのヘンスの一人として出迎えたソソノとも再会しました。支援の代わりに、貢物を要求したテソ。ソンヤンは快諾したが、ヘンスには反発が生まれる。
帰りにテソ達が襲われる。チュモンが救出に来て撃退。軍服を見てソソノを疑うテソに、罠だとチュモンが説明。命を救われたばかりのテソは、流石にチュモンを信じます。ヨンポはしらばっくれるもバレバレ。テソはヨンポに刀を向けます。

42話
ヨンポ、絶対絶命のピーンチ。トチが捕まってるから厳しいよな。しかし、母の王妃が必死に庇って、なんとか一命は取り留めて牢獄に。ヨンポに悩まされ続けたテソは怒りが収まらぬが、チュモンが取りなした。ヨンポが生きててくれた方が、テソの力を削ぐには好都合だもんな~。
ケルのためにテソ暗殺を防いだチュモン。ユファは「兄弟で血を流すなんて~」とか顔しかめてるけど、あんたがチュモンそそのかして権力争い始めたんじゃないか??オイオイオイって感じ。王も「私が王になるときも父王とけん制しあった」とか呑気なこと言ってるけど、あんたの間抜け政治が根本なような。
ソソノはチュモンの行為を知り、助けられたことに感激。しかし、叔母がソンヤンに通じていることを知った。「父のために一度だけ我慢する」と証拠を突きつけたソソノ。負担が大きかったのが倒れてしまった。懐妊だった。良かったね~。
チュモンに出迎えが来た。出立の時が近づき、チュモンは3人組を残していくという。母ユファが、イエソヤと結婚し同行させろとチュモンに告げた。しかし、イエソヤはハンベク族の男ソルタクに市場で見つかって捕らえられてしまう。救出に向かうチュモン。イエソヤはソソノの強さとも、プヨンの素朴な献身とも違い、触れれば壊れそうな儚さと芯の強さを感じさせる美女だよな~。どの女性も捨てがたい。チュモンがプロポーズしたけど、「迷惑を掛けたくない」と辞退した。
王はテサジャを呼び出した。「今のお前は権力欲の塊だ。しかし、かつての忠臣のお前に頼む。ヨンポを助けてくれ」と頼まれた。(ほんと、王は自分勝手な判断しかしないよなあ~。テサジャの機を見る力は、コウモリ野郎ではあるけれど、強国・漢と付き合いながら生きていくしかない国にとっては、大切な能力じゃないの?って思うよ~)権力を失ったとはいえ王の頼みふだ。テサジャは王妃に「チュモンの代わりにヨンポを人質に」と進言した。これで、チュモンを見張ることが出来るし、弟だから大目に見たとテソが謗られることもないし、丸く収まる方法かもしれないな。ただ、ヨンポちゃんが漢で暴れると、漢とトラブル続出って気もするな。テソは母の懇願に折れた。
テソはチュモンを信頼し、イエソヤとの婚礼を盛大にあげ、右腕として知らしめると宣言。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 朱蒙(チュモン) | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1527-46470e7b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]