FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)16話

聖女、秦軍で傷の手当をしてもらう。良く効く薬の調合を教えて、負傷兵たちを救ったり、彼女はあくまでも「助ける」ことに拘り、医師を手伝うことになる。於期に「患者は区別しない」と言った聖女だが、秦軍への従軍は拒否。薬も医師もなく待っている魏軍のために尽くしたいと言う。
にらみ合いを続ける中、曹虎は絶命。せめて、聖女が看取ってあげられれば良かったのにね。
荊軻、於期を殺し、彼を盾に食料を持ち帰れと刺客として頼まれた。「庶民を犠牲にしないため・・・」と言われる。友達として殺せぬが、恨みのある秦軍にいる於期が信じられぬ。出来ぬなら、ウンケイも救わないという晃月将軍。荊軻、庶民のためと思い刺客になった。潜入した先発隊が秦兵の兵営に火をかけ、戦闘開始。混乱に乗じてウンケイを探す荊軻。
しかし、魏の動きは於期も予定していたこと。秦軍は魏軍の退路を断った。晃月将軍は撤退してくる兵士を見殺しにして、追手の秦軍と一緒に地下道を埋めてしまった。
戦乱で対峙した於期と晃月将軍。そこに慶が・・・。「晃月将軍を話せ、お前を殺す」という慶に、「殺しても何も変わらない。感情的になるな」という於期。一騎打ちになります。慶は於期の首に刀を添えたが、秦軍が後方から攻撃。
二人だけで対話することに。「秦軍だけが俺にチャンスをくれた。戦争を治めるためだ」という於期。於期は「お前は苦労し過ぎたが、前と変わらぬな」と慶に語り、ウンケイを黙って返してくれます。

魏軍の兵営では、水に毒が仕込まれた。動揺が広がります。何とかしなければ、負傷兵たちがドンドン死んでいく。流れる水でなければ、毒を撒かれて終わりなので、井戸では駄目。地下道を掘っているときに見かけた水脈を利用しようと、荊軻は計画します。水は出たが、食料がすべて尽きた。食料の奪い合いで、民達の喧嘩→殺害が頻繁になる。ウンケイは食べられる草などを教えて、少しでも救おうとするが、用をなさない。
民を処刑する晃月将軍に、慶もウンケイも抵抗感を感じ始めます。高は「撤退も一つの手」だというが、晃月は残虐な秦を信じられないと頑固。「於期と友人の荊軻がいるのだから、魏人を殺しはしない」という高の言葉を信じる気持になった晃月。
兵たちの中にも、脱走して故郷に帰ろうと計画するものが・・・。どうせ死ぬのであれば、故郷に帰りたいというのが人情。於期に保釈された捕虜たちの噂もある。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1548-6550a72b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]