FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パンドラ 5話

4つ目に飛び出したのは、「罠」。かけるのもかけられるのも醜い・・・。
罠は初回からズッとあったので、今さらって感じがしますね~。ただ、太刀川が事件に深く関わる形になったので、彼目線だと「罠にかかった」という印象なのかなあ?
ドラマは、太刀川と的場がつながったことで、面白くなってきました。

マモルは友田を刺してしまった。助かりはしたがかなり重症。この情報をキャッチした的場と太刀川は現場で出会います。しかし、的場には公安刑事が立ちはだかり自宅待機を命じられてしまいます。しかし、しっかりマモルの携帯を拾って隠し持っている的場。

太刀川は「エミが絡んでるのでは?」と小夜子を心配して電話。さらに、的場に声をかけて、繋がります。で、太刀川は情報を週刊紙にリーク。これで社会の目が守ってくれるというのが太刀川の考え。
大田黒は取材に対しても「知らぬ存ぜぬ」。大臣はとにかく「鈴木と研究を抑えてある」と副官房長官に説明するしかない。

鈴木は緑川に「エミを自首させ、その上でがん研究もできるようにするために、大田黒を頼るべきだと説得された。考え抜いた末に、逃げ回るだけでは助けたエミの人生が無意味だと感じた鈴木。緑川と一緒に大田黒を訪問します。
しかし、研究は大田黒のものにすると言われて猛反発。緑川が薬害事件とのかかわりをチラつかせて脅したけど屈しない。交渉決裂。


しかし、待っている間に、小夜子がエミに接触し、週刊誌を見せてマモルの犯罪を教えてしまう。小夜子を振りきったエミはマモルの携帯に連絡。的場が打つメールに誘導されて、あの倉庫に。エミは「殺そうとしたんじゃない」と説明しようとはするけど、的場は甘くない。さらに、そこでエミの携帯を追跡していた公安に捕まってしまった。

的場はエミを探す鈴木に接触。「あんたの薬は全員に行きわたるか?これはジョーカーなんだ。」とこの薬が引き起こす問題を突きつける。そこまでは考えてない鈴木・・・。
で、当然、公安に引き渡されちゃう。結局、大臣の要請に従って、大田黒と組んで開発をするしかなくなった鈴木。

的場の事情。彼もがん経験者。再発すれば死ぬといわれている。それでも、殺人事件と傷害事件がある以上、それを追求するのが刑事だと的場は言う。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| パンドラ | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1625-85b9e74d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]