FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)21話

始皇帝暗殺 荊軻 BOX1焼死体は出たが、暴動は王子の近く。おそらく丹が逃げたことで王は激怒。李斯は秘密裏に調査すべきと言うが、王は「死んだと騙されたふりをして、密かに国境を警備させよ」と判断。人質が死んだとあっては大変だけど、犯人を掴まえて(差し出して)釈明すれば、燕は何も言えないだろう。

蒙艶は「助けてもらったから好かれてる!」なんて夢みてるけど、お付きの海藻には「軍人だから助けただけで、気にも止めてないと思いますよ~」なんて言われてる。それでも、こっそり兵営に行って「本人に聞く!」な蒙艶。兵士の扮装にばけて兵営に。無邪気で傲慢で楽しく暮らしてて、ホントに幼い少女!って感じの女性ですねえ。
しかし、兵士に化けるなんてばれたら死刑なんだけど、父の威光があるからって、高をくくってる。いや~バレバレっしょ~。どこの所属だ!って聞かれて答えられなくて逃げ出したけど、密偵か?って追いかけられて捕まった。そこに於期が登場~。「私は蒙艶!」と名乗ったのに、「何もの?」って認知もしてない。「将軍の娘なら規則を知ってるだろう」って怒られてムッとする蒙艶です。「どう思ってる?」と聞いたけど、(゚⊿゚)シラネな於期です。
縛られた!なんて怒ってる蒙艶だけど、父には厳しく叱られた。「死んだ母様に会えるから、殺せば良いのよ!」って蒙艶も負けてない。なんつーワガママ娘。
全然めげずに少年姿になって、またまた出かけて国境で捕まっちゃった。で、於期に再会。「歩いてただけで捕まえるなんて、謝るだけでは許さない!」とゴネまくって「ココに置いて!置いてくれなかったら死んでやる!」だと。ホントに、この子は国を滅ぼしそうだなあ。この騒ぎの間に国境を田光が狙ってるしさあ。でも、詩を通しての交流がすこしだけ出来ました。
蒙艶の父と兄がやってきて怒られちゃったけど、料理をならって助ける!なんてアホなことを。父と兄は警備を見て「丹は死んでない」と気がついたみたいで、迂回の手助けを申し出た。


於期は函谷関の警備を一か所緩めて、そこにおびき寄せる作戦。丹は確かに燕への道を求めて放浪していた。丹死亡の報を受けて喜ぶ丹だが、田光の様子で田猛が身代わりになったと知り激しく動揺した丹。しかし、田猛の決意と願いを知って、必ず秦に打ち勝つと誓いました。慟哭する田光と田猛の亡き魂のために、荊軻は黙って笛を吹く。
荊軻には「丹は大望を託せる人間か?」という疑問がある。於期と同じように「権力を持っているから可能性がある」という田光だが、於期の現状を見るとそんなに簡単じゃないよねえ。
山狩りが始まって函谷関を抜けるしかなくなった。於期との対決を躊躇う荊軻。丹は「於期を殺す必要はない。私は道を外れたことはしない。」というが、「あなたの肩には民の希望が」と言われてしまった。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1634-dccf8b5f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]