FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)24話

楚に出陣する於期。李斯、蒙艶と父も見送りにきている。李斯は楚に追放された官吏で、今は秦に追従している。こんな如何にも怪しい男を使わなきゃならないのが、王の立場も難しいな。李斯は「王家と蒙家、どちらか最高の武将か?」なんて挑発して、王家に見出された於期をめぐる武家同士での衝突で、漁夫の利を狙っているのかあ。蒙艶の父に「於期と関わるな」なんて言ってます。でも、蒙艶はお守りを於期に託したり、ホント一途に思ってます。

於期の楚攻撃。まずは流民が戦地から逃げるのを待つ。しかし、それは楚兵だった。騙された於期は意気消沈。「情けをかけたのが戦場では間違いなのだ」と思い始めてしまった。
報告を受けた蒙纒。「難民を逃がすのも、失策を王にそのまま上奏するのも、あきれた奴だ!」と蒙家は困っている。於期との関係を切るために、蒙艶を太子の嫁入り候補にすると決めてしまった。これを立ち聞きした蒙艶は逃げ出してしまいました。父に「お前の家族や使用人の命も危ないのだ」と言われた。
於期は、咸陽への帰還を命令された。正午までに戻る必要があるが、まだ帰らない。於期の蕃一族は処刑場に引き連れられている。
李斯の決断が正午より少し早く、処刑直後に帰ってきた於期は、李斯に刀を向けてしまう。於期には「王の命令」だと、そして王には於期の謀反だと言い立てる李斯。於期討伐の命が蒙家に発令。
それでも、「王に直接確かめる」という於期を、下官たちは必死に止める。自分を信頼してくれる彼らを見、秦を捨てる覚悟を決めた。


燕。遺児養育の提案は、費用の問題で「国が傾く」と却下された。丹はイイを訪問し、姿が見えぬことにガッカリします。彼女は町にでて、文字を教えている。
イイは「私が好きなのは太子自身。彼にはすべきことがある。私には位の低いものだからこそできることがある。迷惑をかけぬように、ココを離れる時がきている」と決心を。

燕王の誕生日が近い。避暑宮殿を軍費で建設せよなんて、呑気なことを進言する財政官。燕王も簡単に任せちゃう・・・。

丹の放った密偵は、ほとんどが殺されてしまう、息も絶え絶えに帰ってきた1人が「スパイの存在はばれていた」と言い残して消えた。官が「イイがスパイでは?タイミングよく現れすぎだ。太子がイイと戻って来てから機密が漏えいした」と申し立てる。
この噂を聞きつけた侍女の春喜が、彼女を逃がそうとする。太子は潔白を証明したいのだろうが、私は邪魔な存在。ここを去ると決める。
しかし、公主(丹の妹)が面会に来て、逃げる必要はないと言ってくれます。聡明で明るく、屈託のない彼女(同じお転婆でも、感情的な蒙艶とは違って、合理的なキャリア・ウーマン系)は、イイを支持してくれます。しかし、気持ちがすれ違うよりはと、自分の考えを書き記した手紙を託すだけのイイ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 20:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1674-17de4c1c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]