FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

噂のチル姫 26話

ハナム君はやっぱイイ!ソクチルよ、素直に頼っちゃいなよ~。と思うけど、ソルチルは職業軍人なんだよねえ。無謀な勇気ではなく、確実で誠実な対応をしようとする慎重派。ハナム君は、年は若いんだけど、なかなか含蓄ある言葉を持っている青年ですね。どこか悟ったような所があり、その悟りからくる確信でグイグイと引っ張ってます。

ミチルが突然イルハンを連れてきた。両親とも仲良くやってるけど、ソルチルは辛いよねえ。ミチルだったら大騒ぎするだろうけど、ソルチルはホントに黙って見てるだけなんだよねえ。友達だとも言わないし・・・。
でも、やっぱり元気なくて、夕食の席を遠慮してるトクチルの所に。寂しい長女を気にかけるあたり、ホントに良い子なんだよねえ。イルハンのことを知ってるトクチルにだけは、「あの人がイルハンなの」と話したけど、ミチルが取ったとは言わないんだな。でも、高校時代からのミチルのことを知ってるトクチルには察しがつく。
落ち込んでて、ハナムの電話にもでないソルチル。(トロッコっての?着メロがこれかい!ってずっと思ってて、このしんみりしたシーンにも合わないんだけど、ソルチルの気持を楽しくさせようと思ってのことなんだろうなあ~ってシミジミしちゃった。ハナム君の愛情がこの選曲に詰まってる!って感じ)だけど、一通り泣いたら仕事!(って、エライなあ)しかし、ミチルがパソコン触ったせいで、文書が消えちゃってる。そもそもパソコンはソルチルのもので「いつも借りた物を返さない。いつも奪う」って論点になっちゃう。ミチルは「あんたが奪ったものに比べれば!」っていうけど、ソルチルには「何のこと??」だしさ。ミチル→ソルチルの攻撃って、父親との軋轢を身近なソルチルにぶつけてるだけだから、ソルチルが対処しようがないんだよね。
トクチルは「今日はソルチルにとって辛いだろうから、優しくしてあげて」とミチルに言い聞かせる。ミチルは「奪った訳じゃない」と嘘つきつつ、「ソルチルを贔屓してる!」って、酷過ぎるだろ!傷つけようとして傷つけといて、「私は悪くない!」かよ。
ミチルは「自分だけ怒られた」と思うみたいだけど、姉のソルチルは父親に呼び出されてしっかり影で「姉のお前が我慢しろ」と怒られている訳で、ミチルの逆恨みなんだけどねえ。
さらに、軍人と見合いしろと言われて、OKしちゃったソルチル。


アボジは「ミチルは結婚だ~。美人だし、イルハンとお似合いだ」ってウキウキでイルハン伯父さんに会いに行って、やんわり拒否されちゃった。
叔父さんは怒ってイルハンを呼び出し。ミチルは「ソルチルとの関係を言う必要ない」なんて言って嫉妬する癖に、自分は男友達とデートかよ。
ソルチルは気が気じゃありません。ま、自分がそういう女を選んだんだから、諦めろ。

いままでチラチラしてソンテクという男性と知り合ったトクチル。今後は警戒しまくりです。ソルチルが一緒に会って、細かい条件や店の様子を見にいってくれる。頼りになる長男の役目をしてくれるソルチル。カッコ良いなあ。
トクチルは「幸せや大事な人は逃したあとに気がつくものかも」と今回の件を振り返って、ソルチルに語ります。(ソルチル、ハナム君を逃してからじゃ遅いぞ~

ハナム君、会いたいと電話して「忙しい」って言われちゃった。で、夜になって「家の前にいるから出てきて」とお願いして「外にいるから、帰りなさい」だって。でも、家の前でジーッと待ってるハナム君。(しかし、デザイナー志望なのに、そのファッションセンス・・・。流行以前に、背が高い自分の体の活かし方が分かってないっぽい)
トクチルに「付き合ってみれば?」と言われたソルチル。「私を分かってくれて、一緒にいると楽しいけど、寂しさを埋めるために利用したくない」って、そうやって思いやるってことは、すでに気持があるってことだと思うんだけどなあ。
翌日、早朝出勤するソルチルは、家の前で待ってたハナム君発見。「こんなことしてないで、勉強しなさい」と言い聞かせたけど、「帰ってこないから、事故にでもあったかと心配だった。嘘には怒ってるけど、無事で現れてくれたことが一番うれしい」って、ハナム君、渾身のお言葉です。ここまで思われて無視はできないだろう!ソルチル!
結局、夜に会うことに。俺から話させて!なハナム君。「辛くても、僕はやってみる。始める前に諦めるなんて軍人らしくない。それに叶わないと決まってはない。目を閉じて、耳を塞いで、口を閉じて、俺を信じてついてこい!少なくとも君を泣かせたりしない」おお!!真剣だねえ。ここで逃げたら女がすたるぞ~。

テジャ母。相変わらずマザコンぶりだけど、ハルモニの玩具になっちゃってるね。でも、なかなか強いっていうか、女手一つで子供育てただけのことはあるね。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 噂のチル姫 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1680-690d2929

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]