FC2ブログ
  • 06月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

ニューハート 19・20話

19話
へソク、専任看護師に蘇生処置の指示。救急の医師もやってきて、なんとか一命を取り留めた。
ユナはがっかりして「もう死にたい」とか泣いてしまう。早く移植をしてやりたくて、脳死判定された子供のハラボジの所にもう一度頼みに行くウンソン。へソクは「移植で助かった人々」の写真を見せに行って、「今決断すれば8人が救える。そして恩人となってその人たちの心に生きる。」と説得。ハラボジも決断してくれて、ユナは移植を受けられました。
へソクは先生と一緒に脳死患者の葬儀にも参列して感謝を。

看護師が叙細動をやったことは審議になる。へソクは「科長を守るため。」と言い切ったが、カングクは「辞表を出すから不問にしろ」と発言。結局、減棒処分。「患者が死ぬのに、どうしてダメなの?」ってへソクはがっくり。
カングクが辞めるというのは、各方面に波紋を。特に、キム先生はカングクの件をキッカケに、院長交代を画策してたから、困惑。「余計なことを考えないで治療できる所に行きたい」と疲れちゃったというカングク。しかし、レジテンドや医師たちがカングクを支持する署名運動なんかを始めました。

ウンソン、胸が痛いという患者を担当。レントゲンでは分からずCTを撮ろうと思ったけど、患者は「高いから、一度帰って様子を見たい」と帰ってしまった。
しかし、すぐに意識を失って救急に戻ってきた。大動脈解離。手術を担当するキム先生に必死に「お願いします」と願うウンソン。邪魔だから出ろ。全力を尽くすのは当たり前だろ!って態度のキム先生。しかし、血が全然、止まらない。カングクまでサポートに入ったけど、かなり出血した。
意識が戻らず、家族には「なんで、ちゃんと検査しなかった」と責められるし、自分でもミスだと思って食事もとれない。
それを見て心配なへソクは、些細なミスをするインターン・ミミちゃんを厳しく叱責。間違えたことをもっと重く受け止めろ!っていうのは道理だな。ペテロさんが「ミスを反省して克服すのが美しいんだよ」とフォローしてくれた。
患者さんは、どうやら幻覚をみるようになってしまったみたい。半身不随&認知障害は免れないだろうという診断が・・・。

インテは薬使って自殺未遂。「死んだら黙ってないぞ」っていう同期の姿が泣けた。カングクも部下を救えなかったことがかなりのショック。
なんと、看護師のキムさんはインテが好きなんだ~。純情でカワイイ!なんて言ってくれてるよ。頑張れ、インテ。分かってくれる人もいるぜ。


20話
手術中の血栓が原因の半身不随&認知障害。ウンソンは必死に手だてを調べてるけど、なかなかできることがない。ベーチェット病という血液が脆い病気の人だったから、手術がうまくいかなかった。
自責の念に囚われてばかりのウンソンに、へソクが肩を貸してくれました。「人生まで台無しにするな」と言われても、なかなか立ち直れない。

麻酔科のチョ先生は辞表を提出。離れられないというキム先生に「あなたは既に選んだの」と言い残す。

カングクもセンター人事から外される。レジテンド達はそろって辞表提出という形で院長に抗議。「患者はどうなろうと構わないんだな」という院長だけど、「あんたに言われたくない。教育の場でもある大学病院で、無給のフェローを雇えば良いなんて外部に知れたら大変ですよ」と脅すへソク。
やはり、父親と相容れないってので落ち込み気味。で、今度はウンソンがへソクを遊びに連れ出した。なんか、ラブラブすぎて見てらんないっすよ。

認知障害となった患者は妄想を見て暴れることがある。周りにある治療器具をなだめるへソクに投げつけようとしたとき、とっさに庇ったウンソンは右手を骨折!神経はつないだけど、骨に圧迫されてたから、外科医として再起できるかは怪しい状況に。
外科医が手を大事しないでどうする!とカングクに怒られつつも、カルテ整理しながら回復を待ってます。

教授会は院長に反旗を翻しました。しかし、カングクは辞職の意思は変わらず。置き土産として、いろいろな手術の技術を伝えようと、積極的に手術を行います。また、自分がやってた手術&科長はスンジェに任せたいと言いだした。
「俺を巻き込まんでくれ~」なスンジェだけど、そのバランス感覚が必要なんじゃないか?というのがカングクの意見。カングクのように無理してぶつかるでもなく、かといって政治にどっぷりつかるのでもなくて、看護士やスタッフにも信頼される人柄もあって適任かもね。ちゃんと、動物で練習もしててカングクの担当する手術OPCABもできると思われる。

そのスンジェが幼いころに手術した少年デュヨンが、今度は川崎病で入院してきた。しかし、ミン先生のOPCAB手術中にトラブルが。誰か助けに行け!というカングクにスンジェが答えて救いました。
この時、キム先生は手術をスンジェに譲ったのね。ミン先生もスンジェも科長になるには欠点があるから、内科と組んでVIPの手術をする機会を狙っているらしい。

しかし、レジテンドは首。スンジェは第3病院への左遷が発表される。カングクは院長に交渉に行き、「自分の意思で辞めると発表すれば撤回する」と提案された。

ウンソンは、なんでもかんでもCT撮ろう!とやって、CT室から苦情が出始めた。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ニューハート | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1730-e524221d

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。