FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

外科医ポン・ダルヒ 10話

ムンギュンはソン博士死亡を聞いて、ゴヌクの所にやってきた。友人として支えになろうとするも、「俺の方が愛してたからお前とのことで傷ついた。若さと自信を失ったから、博士を強引に止められなかった」と言われてしまった。

ドンゴンが運び込まれてきた。検査結果はガンの急速な進行。余命は1か月になってしまったし、あとは痛みに耐えるのを見守るしかない。「予測できなかったか?もう何もできない」と言われたダルヒ。お母さんに「あなたの顔は見たくない」と言われてしまった。、まだ「この治療は?手術は?」とムンギュンにつめよったダルヒに、「しっかりして。手は尽くした。あなたのせいじゃない。わたしのせいよ」と言いきったムンギュン。
ドンゴンに余命を答えるのもムンギュンの役目なんだよねえ。「ごめんなさい」っていうドンゴンに「直してあげられなくてゴメン」っていうムンギュン。ドンゴンはダルヒにも「自分で決めたことだから後悔してない。よい医者になって」って・・・。
同期のアラが「助けられなかったと落ち込む医者は、助けたと思いあがることになる。あまりショックを受けるな」と慰めてます。しかし、あっというまにドンゴンは逝ってしまった。
ムンギュンは死亡検討会に。「若い医者の情熱を見て、患者と信頼関係を築いているのを見て嫉妬した。思わず戻りたくなった。それが、過ちだった。私は経験を積んだ専門医として判断をすべきだった。奇跡を夢見てはならない。命がかかってるのだから。ドンゴンの早い死は私のミスです」ムンギョンはそれでも、「ゴヌクの彼女だからとは言えなかった」と自分を責めてる。そんな彼女を「カッコ良かった」と褒めてくれるジュングンです。いやあ、ムンギョンはカッコ良いよねえ。

心室細動の患者が。手術直後で圧迫は欠陥が敗れる可能性があるため、医師の到着を待つ同期のイ・ミヌに言われた。でも、脳死しちゃうと待ち切れないダルヒは圧迫を。しかし、血液が出てきて血管が破れたか?仕方なく開胸始めたダルヒだけど血が止まらない。到着したジュングンに「何をやった」と言われても答えられず。そのまま死亡してしまった。状況説明も何もできず、ショックで逃げ出しちゃたダルヒ。そのまま欠勤。
一週間がデッドライン。レジテンドが居なくて忙しすぎるから代わりを雇おうと言われても、ジュングンは待つように指示。
ダルヒは実家に戻ってた。何も聞かないオンマには「休み」と言ったけどばれてるよね。「私には医者の資格がない。私が何かすると患者が死ぬ」と母に訴えたダルヒ。
しかし、ジュングンが「辞めろ。だが死亡症例検討会には出ろ。義務だろ」と言いにきた。症例検討会、ジュングンが一つ一つダルヒの行為の理由の裏付けをやってくれて、その上破裂したのは圧迫のせいではないという結果も伝えて、「じゃあ、何が間違ってる。同じ状況で何を直すのか?患者は死んだが治療に間違いはない。」と説明してくれた。逃げるのは卑怯だぞと言われたダルヒ。
やっぱり治療をしたいという思いが大きくなって、オンマに「私、戻る言い訳を考えてる。卑怯だ。」といいながらも島に戻ろうと。
しかし、ちょうど救急患者に行き当たり、「あれはすぐ処置しないと」と、救急車のキットで処置。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 外科医ポン・ダルヒ | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1776-68fd0301

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]