FC2ブログ
  • 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)27話

Gyaoで見てたのが追い付かなくなってYahooに乗り換えました。あと5話。

戦いは苦しみだけだという於期に「燕国なら平和な世を作れる。趨勢が決まっていても、弱きが強きをくじくこともある。秦国が出来ることならば燕国でも出来る」と訴える丹。
説得されてしまった於期。しかし、「斉国人の田光、秦国人の於期と将軍になられては・・・」と代々の将軍・盛翼が一対一の勝負を申し出た。ま、於期が勝つよねえ。倒した相手に手を差し伸べて、一緒にやる意思を示した於期。
でも、やっぱり盛将軍は気が収まらない。

荊軻が働く店の女主人は、やはりスパイのようで、盛将軍から情報を得て、鳥を使って秦王に情報を流してます。於期と丹が組んだのが、秦王は不安。丹の改革は数年かかる、その前に叩くつもりの王。楚と斉に交渉し、燕を孤立させる予定。しかし、冬は匈奴が南下してくるため、秦も将軍を燕に差し向けるのに不安がある。

於期には女の刺客がさし向けられている。
臨戦態勢の燕に、蒙纒が兵を率いて「於期を引き渡せ」やってきた。官は「今は領土を譲り、時を稼ぐ」といいつのる。於期は「今は分裂してる時ではない、私を引き渡してくれ」と申し出るが、丹は「また頭を下げるのか」と強硬に主張。
丹(たん)の妹・ガン蘭(がんらん)公主は、自分や女官たちの宝石類まで差し出して、兵站に生かそうと頑張っている。王にも可愛く甘えて謎かけし、「犬のような秦国人に、どこまで領土をさし出すのか」と主張した。

天然の要害に構え、長期戦の構えをする於期。反対する盛将軍も説得した。しかし、内部が落ち着かない。丹は「於期に迷惑をかけずに田と二人で精鋭を鍛え上げる計画」を立てます。ガン蘭(がんらん)が、「私が教えるわ!」なんて出しゃばってまずが、田が「剣の指導者」として荊軻を探し始めた。

しかし、「於期を差し出せば攻撃しない」と秦王が揺さぶりをかけてくる。燕王は「民が耐えられぬ」と於期の引き渡しを決定。しかし、田が「これは策略だ。引き渡すのであれば私は将軍を引く」というし、丹は「燕の気骨を守りたい。私も於期と一緒に行く」と主張。だが、王の決定は変わらない。

荊軻は相変わらずの隠遁生活。しかし、秦王のスパイの女が、彼の腕前を試すようなことをしたために、かなりの使い手だとばれてしまう。
ガン蘭は、スパイに模した男の背中に地図が描かれせ、それを発見。私の部屋に地図があると噂を流して、スパイをおびき寄せる作戦を立ててます。地図が盗まれたガン蘭は、刺客を追って荊軻の元にやってきた。「迷っちゃった」なんていう彼女。荊軻じゃなくて、あのスパイの女・百里香という店をやる女性を追って来たんだけど、ガン蘭は荊軻に疑いを向けてしまう。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1794-8c3f8fc2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]