FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)29話

荊軻を暗殺者とする計画の丹王子。荊軻を頻繁に訪ねて説得しようとする。「秦王を殺して、次の暴君があなたなら?」と問われた丹王子。既に静かに暮らす荊軻を利用している時点で、「仕方なかった」と言って残虐に走りそうなんだよなあ~。でも、彼の力仕事を手伝いながらしつこく願う丹王子。
田光までが出てきた。「殺すのは一人で良かった。友人なら俺に出来ない事を引き受けてくれ」と脅して自殺・・・。

丹王子、王には内緒で動いてます。王が軍費を流用しているのでは?という疑惑も鋭く父親に突っ込んで、なんとか地位を保とうとしてる。

そんな丹の動きは、猛将軍→キジャクという経路で伝達されている。しかし、キジャクの懐かしい恋人・筑奏者の漸離が帰ってきたのを知った。漸離は荊軻と始めて出会った時も、「密命たちの拠点近く」だったもんなあ・・・。元から、密命に接点があったってことか。使命のために、漸離を残して立たねばならなかったキジャク。
訪ねてきた漸離に会おうとしないキジャク。「この7年忘れようとしたが、想いは強くなった。君は一生の人だ」と語りかけられ、とうとう扉を開いたキジャク。でも、「幸せにはなれない。帰ってくれ・・・」なキジャクだが、まとわりつく漸離の子・サンシンが2人を取り持つ形に。
しかし、キジャクは行かねば実が危険だ。「待っている」という漸離に「必ず帰ってくる」と言い残した。残された父と息子。初めはギクシャクしたが、音楽のおかげで距離が近くなってきます。

一方、荊軻をガン蘭がこっそり付けてます。ぐっすり眠っているところ、何者かに襲われた。荊軻が救ったけど、手引きした秦舞陽がいない・・・。「帰れ」という荊軻。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1833-910e7ef0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]