FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

始皇帝暗殺 荊軻(けいか)30話

漸離と丹は再会。
相変わらず荊軻をくっついてまわし、「なぜ短剣のために徐師匠(初回あたりに出てた旧知の人ですね)を探すの??」と聞きまくるガン蘭。
死んだのでは?だろうってことになっても、「使命だ」という荊軻。隠遁生活を送っているらしいほら穴を発見。そこには、錯乱した徐が。優れた剣匠だったのだが、その記憶もない。ガン蘭が薬を煎じてみるけど、効果なし。で、剣を作る手法の話をして、思い出してもらおうと・・・。次はハリ治療!というガン蘭。
で、妻が亡くなった場面を再現して見せる荊軻。(荒療治だな~)思い出したけど、失踪しちゃったよ~。
見つけた徐将軍、意識は取り戻したが「もう、人を殺す剣は作らぬ」という徐に、「剣を作った罪を償うために、秦王を殺す剣を作ってくれ」と説得する荊軻。
短剣を作り始めました。しかし、炉に足りぬものがあるという。徐師匠は、炉に身を投げて、自らの体を「強い剣」のために捧げました。

秦の攻撃が始まり劣勢に。丹は「立てなおす」と王に粘ってるけど、「情報が漏れている。民のために撤退を」という於期。丹は「荊軻が戻れば活路が開ける。それまで耐えてくれ」と願い出た。「抑えるだけなら、王箋の慎重さを利用できる。小さい軍を沢山ちりばめる。だか、戦略は極秘に」という於期。

キジャク宅を訪ねた猛将軍。夫・漸離がいて、「なんで夫が?え?サントウの父?」ってことに。猛将軍、「キジャクの真の職業を知っているか?俺は諦めないぞ」といい残す。

荊軻とガン蘭は剣を得て秦に向かうが、見張られている。ガン蘭がキジャクに捕まり、荊軻に「明日 10時・・」という呼び出しが。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 始皇帝暗殺・荊軻 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1836-7dc45341

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]