FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

外科医ポン・ダルヒ  13話

ガンセンター設立の式典の場で「アン・ジュングン先生が養子だったというのは本当か?」と記者に聞かれたイ部長。否定する彼に重ねて、ジュングンも「事実無根だ」と発言した。
そのまま、一人で泣きじゃくるジュングン(こういう時に、身守りに行くダルヒ。私は微妙にウザいと思っちゃう)
イ部長が探しに来て、二人で話します。「ああいう質問が出た以上、院長選挙には出られないよ。お前の思いのままだ」という元養父に、「それだけですか?私のせいで死んだと責めないのか?」と激しくぶつかるジュングン。「お前の責任ではない。手放したあと、ずっと後悔してきた」とイ部長。これで少しは過去が清算できたかな?
ジュングンは、何もなかったように仕事に打ち込んでますが、なぜかダルヒがぴったりくっつきまくってる。で、「この間はどうかしてた。好きじゃない」とかジュングンに言われたダルヒ。
集中が切れてるから、体調も心配だし、手術を外れろと言われても、「やりたい」と粘るダルヒ。(うーん、ミスになるから、休んだ方が・・・)
コソっと検査したら、案の定、症状が進行してるし・・・。ジュングンにばれて怒られちゃいました。

スンミンとムンギュンを見つめるゴヌク。それを見たダルヒは「先生はまだ奥さんを愛してる。だから、手離してあげます」って言いだした。(ジュングンがいるから乗り換えるんだろ~ってタイミングなのよねえ~。相手が好きってより、恋愛したいだけなんちゃうんか?と言われてもしかたないぜ)

妊婦さんで、「子供か母親か」のギリギリの選択で、両方とも助からないという事例があり、ダルヒは「どうすべきだったのか?」と考えてます。
母体を考えて中絶したほうが良いと診断されたもう一人の患者。一週間延ばせば、胎児の生存率は上がるが、母体の血管が破裂すれば両方が死ぬことになる。母親は「子供だけでも」と言い張る。ダルヒが「完璧に血圧管理をします。だから可能性にかけたい。中絶は患者にとっても苦痛だ」と訴えて、なんとかジュングンのOKを取りました。
しかし、やはり途中で血管破裂。手術することに。どちらかを先に助けるか?決断の時が。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 外科医ポン・ダルヒ | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1873-86218d74

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]