FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

魔王(日本版) 2話

1話で韓国版の4話冒頭まで行きましたが、取りこぼしたところまで戻って二つ目の事件が起こる所まで=4話終わりまででした。演出、脚本共に、小さなミスを連発してるので、ミステリとしては破綻した気がしますが、サスペンスとして頑張ってほしいなと思います。

捜査が他の所へ行ってる間に、刑事をもっとも信頼する友人が殺されるという展開は同じ。ただし、真犯人として記者が浮かぶのに対して、ターゲットが刑事父だという形にして、死ぬのは友人か?父親か?というハラハラで盛り上げた。エンタメとしては面白いのかもしれないけど、刑事の心理の流れ、弁護士の復讐計画とも、かなり無理をしている気がします。

特に、刑事の造形が・・・。前回、現場検証で、かなりハッキリ「過去の事件だ」と認識した様子でしたよね。韓国版では、「過去が再現される=自分が再び罪を犯す」ことへの恐怖が前面に押し出された演技で、「過去の罪のせいで復讐が行われていると気がつく」というところまでの演技にはなってません。
1話感想でも書きましたが、具体的な容疑者が浮上することなど、心理的な逃げ道が沢山あって、過去の罪から目を背けられる状況になってるんですよね。しかし、日本版の刑事=芹沢は、かなりハッキリ「過去の罪のせいだ」と認識したような絶叫演技があった。
それなのに、2話でそっち方面を考えずに、「自分に挑戦状を送るなら父親がターゲット」と思うのは唐突だったな。さらに、何の証拠もない段階で、サイコメトリーだけで「父親が狙われてるからSP動員」ってのは無理がない??刑事一人の思い込みで出来る事じゃない気がするし・・・。
過去に関しても、韓国版の刑事ははしばしに後悔と懺悔と、自分を卑下する様子を見せるんですよね。チンピラ=宗田には、目をそらし、下から接する。そういうディティールの積み重ねが、刑事を複雑なキャラクタに仕上げているわけですが・・・。今回、刑事=芹沢が、チンピラの充に説教した瞬間に、「この脚本家わかってね~」って気持ちになりました。

ここにきて、「一つは全体を・・・」っていうファウストの引用を入れてきましたね。しかし、作品そのものが複数の事象が複雑に絡み合ってる韓国版に対して、一話完結に近い形の日本版。意味も薄れちゃってるんじゃないかな~。

原作の印象的セリフを、別のシーンやキャラクタに割り振って言わせてるのも気になります。意味が違ってきちゃう気がする。この辺は、じっくり比べてみたい気がするんですが時間がない。

一番気になったのは、カード!2つ目のカードは正義だったのに、日本版では「月」。動くほどに混乱するってのは状況にはあってるけど、この順番変えてはならない気が!2つ目の事件の被害者にもフィットしない気がするし・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 魔王(日本版) | 11:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/1965-59d1ddce

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]