FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

噂のチル姫 64話


ハナム君は怒ってソルチルに「ひきょう者!逃げるのか!俺のせいか?」とブチ切れに。しかし、ソルチルが「キッカケはお母さん。前に職業を悩んだこともあった。今回は深刻だった。ただの軍人でも、私は職業にプライドがあった。でも、お母さんは、軍人を辞めてくれと・・・。刀で切られたような気持ちになった。ココが人生の岐路かもしれない。軍人として考えなおす機会をくれたお母様に感謝してる。」と事情を説明。「もう一度だけ抱きしめさせて」ってハグして「ミアネ。そこまで追い詰めてたのか。何て言おうと構わない。僕は軍人の君を愛したんだ。誰に何を言われても変な事を考えないで、逃げないで。お願いだ」と泣くハナム君。でも「これは私の人生。お母さんとの関係を大事にして。それだけが、私の望み。君を心から愛してたけど、私は軍人として生きる。君とは結ばれなかったけど、軍人であることを後悔しない」って決心は固い。
ハナムもソルチルも泣いてて、どうして別れなきゃならないんだ~!!ハナム母としては、「ハナムはあなたのためにデザイナーの夢を捨てることになる。なら、あなたは軍人という職業を捨てられるか?」と問いたいんだと思う。そして、確かに、ソルチルは愛>職業とはしない選択をした。それは「愛が小さい」ってことに見えるかも知れない。でも、そうじゃないんだよね。
軍人としてのソルチルを身近で見てきたハナムだから、それは良く分かったと思う。自分を愛しているのは痛いほど伝わる。それでも、軍人としての使命を捨てようとはしないソルチルに、何も言えなくなっちゃうよなあ。そういうソルチルだから、ハナムは愛してるんだろうし・・・。難しい。あと、32話で語ったハナム入隊時の心境「ここが人生の岐路だと思って、入隊した。そして生まれ変わった」というのに呼応してるんですよね。ハナム自身が過去に選択した道だから、ソルチルの辛さも決断の意味も分かり過ぎるほど分かる。

オモニはハナム母の反対の話だけを聞いて、「彼は惚れてるんだから、気にしないで結婚しなさい。親は子供に折れるものなの」と結婚を勧めるけど、ソルチルも意地になってる。でも、「彼はわたしよりいい女性と付き合える。それに、お母さんとの間で苦労したくない。機嫌取りなんてしたくない。軍人としてプライドがある」とソルチルも意地張ってます。

ハナム君は「初めての挫折で、プライドの高い娘は傷ついたんだろう」というアボジの説明やら、ソルチルの発言やらを考え合わせて、「じゃあ、どうしたら止められるんだ??」と悩み中。
でも、「プライドが傷ついたから、受け入れられないんだろう」っていうアボジの推測は、理由の半分でしかないんだよね。ソルチルにとっては「ハナムが夢をかなえるため」ってのが大きいと思う。それはソルチルが諦めた夢だからこそ、叶えてほしい夢なんだろうしなあ・・・。ハナムには周りに期待する「かなえるべき夢」があるように、自分には「軍人としての使命」がある。自分も使命を遂行するから、ハナムも期待に応えて欲しいっていう、無言のメッセージだよね。

実母は焦ってます。体調が悪く、アボジに様子を聞きにきた。反対されていると聞いて、ハナムに会いたいとお願い。電話貰って誰?なハナムです。がんばれ、応援してる人は沢山いるぞ!!

さてさて、ミチルが大変な決断をした、他3姉妹の動向です。↓


トクチル問題。元妻に会って「ワンさんに会わないで」という話をソルチルがお願いした。しかし、ついてきたミチルが「別れた夫にしがみつくなんて、プライドないの?」と挑発しまくり。元妻は、ワンさんに泣きついてきた。トクチルも、「店じゃ迷惑」って追い返した。仕方なく、元妻の家でなだめるワンさん。一方的な「子供と会ったら殺してやると言われた~」って話を鵜呑みにするワンさん。トクチルが頼んだと思いこんで責める。トクチルも、「子供にあるのは良いけど!」って喧嘩になって、ワンさんは「君だって浮気して離婚されたこと黙ってた!!」と口にしちゃった。ワンさんは飛び出して店で飲んでる。心配して元妻に電話したトクチル、「家で寝てる」なんて言われて、すっかり「浮気してる」と思いこんじゃう。一晩じゅう、寝ないで待ってるトクチル。

ミチルは、アボジに怒られちゃった。「少しは考えてしゃべれ」って、正論だけどねえ。追い出せ!って、イルハンの所に帰れって意味なのに、「離婚してもココには戻らない!」なんていうんで、アボジは「イルハンをここに呼べ!」と大騒ぎ。イルハンに、「意地の張り合いをしないで、連れ帰ってくれ」とお願いするアボジだけど、イルハンは「考える時間が欲しい。思った以上に大変で、彼女を包むほど、僕の器は大きくない。これ以上は難しい」とか言い出す。
サムチュンはサムチュンで、「君が折れてくれないか?俺のせいで苦労したなら謝る」とミチルを説得。でも、「二人の問題です。私は拘らない性格なんでサムチュンのことは気にしてません。でも、彼は別れたいんでしょ??」なミチル。
ミチルに「本当はどうしたいのよ?離婚したいわけじゃないでしょ?」と説得のソルチル。「私は、結婚の準備ができてなかったのよ。恋愛と一緒だと思ってたけど、大変だった・・・」って泣いちゃったミチル。「あなた、良い子なのに誤解されやすいの、それを分かってあげられない?」というソルチルに、「いい所も、悪い所も理解してほしいのに!!」なミチル。
さて、約束の三日後。これもさあ、イルハンが「俺達、本当に終わりか?」とかややこしい言い方で切り出すんだもん~。「俺は別れたくはない。でも、お前の我儘に付き合えるほど、俺の器は大きくない。サムチュンが傷つくのも見たくない。」って、そう言えば良いじゃないか!!ミチルは意地張って「後悔しない。ただの別れみたい。平気。すっきりする!これからも友達で」と言いまくる。で、「両親には言わないで」というミチル。イルハンは「離婚の理由はホントにささいなことで、他の人に言えないな。別れるのは一瞬なんだな~」って想いに浸ってて、ミチルが今後どうするつもりなのか?とか考えてないな。最後に「子供がいたらどうだった?」と聞くミチル。イルハンは「わかれなかっただろう」だけど、ミチルは「子供のためってのは嫌!!」だって。最後に「来週、サムチュンの誕生日。忘れないで」といったミチルと、「優しく出来なくてゴメン」って言うイルハン。最後に「豚バラ」やって別れました。
ミチルは、オンマには「あの人が謝ったから家に帰る」と嘘をついて、高速バスで去ってしまいました。ソルチルのPCで何か調べてたから、就職先のあてはあるみたいだけど、大丈夫か?妊婦だしな~。
なんつーか、これで別れちゃうのか~って感じですね。やっぱ、婚姻届を出しておけば、こんな簡単には分かれなかったか?真逆といいつつ、意地っ張りなところだけは、ソルチルとミチルはそっくりなんですよね~。張り合って生きてきた影響かもしれないけど、ホント、困ったもんだ。

テンチル。夜泣きが酷くてまったく眠れない。姑も夫も頼りにならないし・・・。料理しながら、子ども抱いたままウトウトしちゃって、訪ねてきたオンマに救われた!結局、オンマが手伝ってくれて、少しの間だけ眠れたテンチルです。
テジャオンマとサムチュンは、結構ラブラブ。それを見て、気にくわないテジャ。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 噂のチル姫 | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/2006-144fa214

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]