FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

魔王(日本版)リメイクについて 3話まで見て

私は、日本版はこれはこれとして良く出来たドラマになっていると思います。しかし、「これを見てオリジナル(韓国版)を判断しないでほしい」というのが、オリジナルの一ファンとしての願いです。ドラマのカラーがかなり違うものになっているので・・・。
今回は、二つの気になる点について、考えてみたいと思います。改変された部分に、どんな意味を持たせられるのか?注目している点です。

1.「弟が殺された」という改変
私は、「兄が殺された」→「弟を殺された」という改変に非常に疑問を持っています。
これは「弱く小さきもの」が「庇護者を失った」物語だからです。だから、「気にかけてあげれば・・・」という大人が沢山出てくる。それは、スンハ(弁護士)だけでなく、事件前のオス(刑事)に対しても・・・。

スンハは、貧しいながらも、母や兄に守られ、幸せに温かく生きていた。
オスは、裕福ながらも、「利害関係のある友人」や「自分を否定してばかりの父」によって、冷たい人間関係の中にいる「吊るされた男」。
事件前からオスは「気にかけてくれ」と叫んでいましたが、事件をきっかけに「俺の言葉を聞いてくれ」と直接的な訴えを四方八方に発します。しかし、彼が訴えたのは「大人たち」です。その壁を越えて、「スンハ」という少年に話しかけることはできなかった。
オスに呼びかけられた大人たちは、彼の声に耳を塞ぎます。しかし、一人の刑事が答えます。「正しく生きろ」このたった一度の出会いが、彼を刑事にしていきます。何も持たなかったオスにとっては、その一言に大きな価値があった。

一方のスンハは「叫ぶ」ことがなかなかできなかった。これまで、叫ばずとも与えられるのが当然だったのですから、当り前です。そうしているうちに、何もかもが奪われてしまった。彼は、怒りの対象者オスではなく、「大人たち」の一人オスの父に向かって叫びます。それは、怒りの発露というよりも、庇護者となりうる権力者への「助けてくれ」という叫びだった。しかし、それは拒絶された。彼は表現手段を失われた。
次に得た「庇護者」も人生から奪われたとき、「復讐」という表現手段が目の前に浮かんだ。その道を選択してしまった彼は、その後「優しい庇護者」に恵まれるが、彼は道を戻らなかった。
スンハの復讐は、非常に子供じみています。その視界の狭さ、思考の広がりのなさ、ゲームじみた手法、社会全体への恨み。「少年のままのスンハ」らしさが反映された犯罪と言えると思います。

オリジナルはこういう話です。だから、彼が「弟」であったことは重要な意味を持ちます。しかし、日本版は「大人たち」が非常に存在感を薄められていることからみても、「違う物語」を紡ぐつもりなのかもしれません。しかし、事件そのものをそのまま利用している以上、「弁護士の幼さ」は切り離せません。どう着地させるのか、身守りたいと思います。

2.「説明的」になった演出・脚本
スピード感は増してます。上手く「事実を省略」している部分もありますが、「説明」することでスピードアップしている部分が大きいように思えます。オリジナルは比喩とエピソードで語るのですが、日本版は「○○という設定になってます」というストーリー説明の占める割合が大きい。
例えば「A」を表現するのに、オリジナルは「A」を囲む3点のエピソードを描くことで「A」を浮かび上がらせます。その点は、別のBという事象を書く役目もしている・・・という感じで、すべてが絡み合って世界を作ってます。
日本版は、AだからBという結果にという直線的な表現になっているように思います。そのストーリー展開を見れば、そこから類推できる心情というのはあります。しかし、この直線的な表現では、「単純すぎる」気がするのです。

演出にしても、とても直接的というかベタですよね。オリジナルの、象徴的演出や弁護士と刑事を交互に映して対比させる手法などを使ってはいます。しかし、サスペンスとして盛り上げるための過剰なズームアップや音響は、ちょっと笑ってしまいます。笑ってほしいんだろうな~と思うので、狙いはハマってるし、「上手いな」とニヤリとしながら見てます。つまり、作り手が狙って「簡略化」してるということは分かります。

脚本のことに、話を戻します。日本版は確かに「事件の顛末」を省略していますが、それは「(本質は何かということは)言わなくても分かるでしょ?」という作りではないと思います。「時間がないから簡単に要点だけ説明します。細かい矛盾は気にしないでください」という「説明」です。
オリジナルは、劇中でも言わせているように「細部が全体を表現する」という構造のドラマなのに対して、非常に説明的で余白のないドラマになっています。そして、事件そのものも時間短縮のために変形させてしまったために、説明すればするほど「変形によって生じた矛盾」が目に付き始める・・・。
難しいですよね。放送時間という絶対的な問題があるので、本当にリメイクは困難だと思います。アチコチが綻びを生じている・・・。スピードと勢いで突っ走るのか、この綻びを意味あるものとして提示出来るか?
結末まで見ないと分からないので、ここも注目ポイントとして見守っています

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 魔王(日本版) | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/2022-d83de32a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]