FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京城スキャンダル 11・12話

11話 愛論団を率いているのは私です
スヒョンは切ないね~。好きな女と銃を向けあうしかないなんてな。ミョンビン館の外に佇むしかないスヒョン。
ワンとヨギョンはやっとキスしましたよ~。恋敵(だと思ってるのはワンだけだけど)スヒョンに、「もうお前から逃げない」なんつってますけど、ワンはおもいきり誤解してますよ。
ソンジュに「なぜ、彼といがみ合う?」と問われたワンは、兄の死の事情を説明。ソンジェは「あの人を許してあげられない?」と問うけど、ワンは「あいつが許してほしいわけでもないのに」って・・・。スジョンは、兄・ミンにもミョンビン館で出会ってる。活動してた二人の様子を聞きたがるワン。「あなたが抱える怒りをあの人にぶつけないで、あの人を変えてしまった敵にぶつけてほしい」ってソンジェの言葉は、泣けましたね~。

ヨギョン、町でバッタリとワンにあっても、恥ずかしくて逃げだしちゃう。ワンが嬉しそう~に追っかけてる。「好きな人がいると言ったはず!」とか、ヨギョンはまだ意地張ってるのか~。ハン・ジミンちゃんが、カワイイ!「まずは、仕事に打ち込んで任務の遂行を!」というヨギョンだけど、ワンに近づかれたらドギマギしちゃう。逃げたらポッポするぞ!って言われて、マジで照れてんの。お父さんの遺影に「誘惑に負けないように、私を叱って」とかお祈りするのが、ますますカワイイ。

武器商の取引現場に残されたものとカフェでの銃撃での銃が一致。カフェでの事件は、ヨンギュのほかに銃を撃った人間と、時計を回収した人間がいるはずだから、再調査すべきというイ・ガング。しかし、保安課長はサチコの主催する美幸の歓迎パーティでいっぱいいっぱい。父としてまだ嫁にはやりたくないけど、サチコには抵抗できない。だから、パートナー同伴で来い!って、招待する婿候補のスヒョン達に念押し。
この歓迎パーティは、ワンが言い出したこと。美幸に近づいて、銃を仕入れる計画。ワンは美幸に近づいてます。留学での日本行きを考えてるみたいなこと言って、一緒に日本に行きませんか?と誘ってみます。学校を調べたいって言われちゃうと、断りにくいよな~。

スヒョンに、美幸の歓迎パーティに誘われたヨギョン。美幸を接待しまくりのワンを見かけて拗ねちゃって、スヒョンの誘いをOkした。ヨギョンは、ワンが日本に行く気だと知って、ちょっと気持ちを落ち着けました。

イノはスヒョンに「何も変わってない。動きはない」とだけ報告してる。「このまま報告しろ。密告は自分を売ることだ。一生、さまようことになる」と言外に、イノが嘘を報告してることを支持するスヒョンだけど、通じたかな?
男爵の死体が上がり、捜査が本格化。ガングはパーティを利用して一芝居打つことに。ソンジェ、ヨギョン、ちらし面々がカフェに拉致されてしまう。ガングは強硬な尋問を始めた。しかし、ソンジェの部下がワンやスヒョンに連絡。銃撃戦での怪我をチェックしようと、ソンジェに「腕を見せろ」と迫る。しかし、スヒョンが捜査を止めてくれた。
スヒョンと話し合いたいっていうソンジュのために、ワンを引っ張り出すヨギョンだけど、ワンがソンジュを心配しまくりなので、「彼女が好きなの?」って拗ねちゃった。日本に行くってワンにも「帰ってくる?」とか聞いて、ヨギョンは可愛いねえ。
ソンジュは「なぜ、いつも助ける?正体は?なぜ、助けた?」とスヒョンに問うが、「俺が生きろと言ったからだ。次はない。」といいつつ、ソンジュの腕の傷を指摘するスヒョン。

ソンジュは次の狙撃から外された。納得いかないソンジュは、ボスに会わせないなら自分1人ででも動くって主張。仕方なく、ボスに会わせるソンジュの付き人さん。目隠し、腕を縛られての面会・・・。ボスはスヒョンだった~。「何度警告しても、あなたの耳には届かない・・・」ってかたり、腕輪をといたスヒョン。ソンジュは目隠しもとって、スヒョンと向かい合った・・・。


12話 あなたが同志でよかった
なぜ黙ってたというソンジュに、「保安上の問題だ。目に余るから姿を現した。内密に」と冷静なスヒョン。傷を心配するスヒョン。一人涙するソンジュ。
ソンジュは銃の設計図の代金をワンに渡し、覚悟を問う。兄やスヒョンが見ようとしたものを見るというワンだが、そこにあるのは密告や裏切りかもしれないけど、覚悟を決めたワン。スヒョンもすごーく心配してて、それをボスの言葉として伝えるスジョン。そして、「スヒョンを許してあげて。心を殺して生きてるの分かるでしょう?」とワンに言ってはみたけど、ワンはなかなか許せない。

スヒョンは、「妹といるみたいだったけど、それも今日までにします。本命の所に行きなさい。」って飴をプレゼント。ヨギョンは「別れる前に一度くらいは笑顔が見たいです。一緒に遊びましょう。お兄ちゃんは妹と遊ばないと」って、子どもたちのやってる石蹴りあそびを一緒に・・・。泣けたぜ。「わざと冷たく振舞うのは悲しいことです。たまに笑ってもバチはあたりません」っていうヨギョン。いい子だ~。

明日は日本に行くから、その前に集中授業だって、ヨギョンをデートに連れ出すワン。ヨギョンは「そんな授業は頼んでない!」っていうけど、ワンは強引です。
しかし、美幸に勧められたっていう本を読んで、それについて批評するワンが生き生きしてるので、ヨギョンは面白くない。それに、カフェで美幸を見かけたワンは、ヨギョンを「見習い記者」とか紹介して追い返すし・・・。すっかり拗ねちゃった。
美幸の両親たちを食事。平気で朝鮮人を下に見た言い方をする両親が恥ずかしい美幸。彼女は革命運動家たちの書籍についても理解をし、議論を作ることができるタイプの人。
ワンは、出発前夜にスヒョンを訪ねた。兄の死んだ場所を知りたいというワン。そして、「生き残ってる奴は罪人だ。苦労したろう。今のお前ではなく、20歳のお前への言葉だ」と告げて去った。でも、スヒョンの家の近くでイノを見つけちゃった。逃げだした彼を捕まえたワン。「妹に会わせてやると言われて・・・」というイノ。これで、やっぱりスヒョン許せない!と、スヒョンを「どうして許そうとすると裏切るんだ」と怒りまくりです。
イノは、スヒョンに密偵を辞めたいと言ってみた。スヒョンは「とにかく、今までのように報告に来て茶でも飲んでいけ」といい、本を渡してくれる。イノは「この人は味方だ」と感じるよね。しかし、ガングが「俺にスヒョンの動向も含めて報告しろ。妹の命が危ないぞ」って、密かに脅しはじめました。

出発当日、父は「留学準備なんて嘘だろ?何かあったら、救える存在でありたいと思ってるよ」と送り出してくれます。ヨギョンは見送りに来たけど、一歩遅くて後ろ姿しか見られなかった。そんなヨギョンにスジョンは、「偽装恋愛作戦中止」を指示・・・。ま、ボスに近づいちゃっても意味ないもんね。
スジョンは「ミンの兄貴を裏切ったというのは本当か?」とスヒョンに問う。これをヨギョンが立ち聞きしちゃった。

ワンの帰国が遅れてる。心配なヨギョン。しかし、子どもたちが「アッジョッシと遊ぶんだ~」って出かけて行ったので、帰ってきた!と気がついた。運動場に行ったら、日本土産のバットとグローブで子供たちと遊ぶワンが。心配してたヨギョン、思わず抱きついちゃった。
ワンはイノが居なくなったと大騒ぎ。スヒョンがなにかやったと思ってて、暴走しそうなので、ヨギョンが事実をつげた?ワンはスヒョンの元へ。
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 京城スキャンダル | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/2140-5fcf189e

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]