FC2ブログ
  • 10月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

魔王(日本版) 11(最終)話

主要人物二人の結末は、原作どおり。その他関係者は皆殺しで処理しちゃいました。がっかりです。
サスペンスに特化して、エンタメとして面白く作ったと思います。原作ではあまり感じない「韓国ドラマテイスト」が強いリメイクになっていたりと、リメイクとして興味深く見ましたが、結局は「時間が足りないから心理描写しない」という方針が最終回まで貫かれてしまい、心理ドラマとしては浅い作品になってしまいました。
日本ではキリスト教のなじみが少なく、原作にある宗教色を廃する必要がありました。おそらく、リメイクスタッフでキリスト教の影響のある部分を真面目に考えた人は居ないのだと思います。それを何に置き換えるか?という作業は最初から放棄されていた。
そして、最終回までになんとか意味を提示して欲しいと思っていた、弁護士の弟→兄の設定変更。これも意味をまったく成さなかった。しかし、原作の「弟」であるからこその台詞や展開はそのまま使っており、小さな矛盾がアチコチにあるまま終わってしまいました。
いろいろな変更点を、多くの人が宗教を持たぬ日本ならではの形として提示できるのであれば、結論が違ったとしても「韓国版」への返答のような、良いリメイクになるのではないか?と思っていたのですが、そういう志はない作品だったんですね。「復讐は無意味で悲しいだけだ」って程度のことしか言えてない気がします。

二人のラストの対峙シーン。カメラワークや台詞、役者の演技まで、ほとんど原作をなぞってます。なぞっているのに、ちょっとしたことや、今までのエピソードの違いで意味が変になってしまってるのが残念。
特に、ハーモニカを渡すのは・・・。秀雄も許しているという意味にとられますが、「秀雄は秀雄であり、友雄が”秀雄が芹沢を許すかどうか”を決めてはならない」という根本の問題(秀雄が望んだわけでもないのに、秀雄のためといって復讐を始めたこと)を、まだ成瀬は分かってないじゃないか!って思ってしまいました。あそこは、刑事の優しさが詰まったホイッスルが、サイコメトラーを通じて弁護士に渡り、ココに来てやっと「刑事の人間愛」に気がつくという原作エピが、「刑事によって人間愛を悟る」というラストシーンを象徴してるのにな~。
それと、「これでよかった」という芹沢に違和感が。前回の「死ねと言うなら死ぬ」もだけど・・・。原作の刑事は「生きて苦しむ」ことにこだわってきた人。そうやってもがく事で希望を持ってきた人。その前を向く力がラストの「生きてくれ」というメッセージになって、弁護士に伝わっていく。そこは「許す」とか「理解する」という次元を、「生きる」という動物としての本能と、「運命は変えられる」と希望を持ち続ける人間らしい感情が飛び越える瞬間。善悪・赦しなどの問題が、愛の問題への昇華する瞬間です。これまで、なんども刑事の愛情は、色んな形で伝えられようとして、そして、伝わらなかった。愛を伝えることの難しさを終始書いてきたから、最後の最後で伝わったことが、感動につながる。「コレでよかった」というのは、弁護士が未来を向いて生きられるからであって、自分が死んで償えるからではないってのが、日本版ではイマイチ強く打ち出せてない。
銃を一度は向けるのも「それが弁護士の願いだから。自分は求められてることをすべき」という意味があり、「立場・役目を担ってきた父のような愛情の示し方」としての選択でもある。その上で、「生きて欲しいのだ」という自分の表現の仕方に変化する。
「まだ分からないのか?捨てるものなど何もない」という台詞に対して、「嫌、あなたは神に愛されている」と言い切れるのが原作の刑事なんですよね。そこは完全に造形が変わってしまっていた。(シーンとしてはほとんど原作と変わってないのに)
そして、成瀬の「許してくれ。あなたも俺も。」は芹沢に語るのでなく、社会に・世に・神に祈る言葉にすべきだった。許すのは人ではないんだというキリスト教(というか宗教一般)の大前提について、もうちょっと考えて欲しかった。

あらすじを読むと日本版スタッフが、芹沢のキャラクタを「過去を悔やんで生きてきた」って部分で終わらせてしまっている気がするんです。この物語では、刑事が「過去を悔やみながら、未来を見つめ続けてもがいた人」だというのが大事なポイントだと思うんですよね。刑事はオイディプスなのだから。その強さが、弁護士を未来へと押しやる。日本版が、「未来を見続ける力。運命を変えようとする力」に変わる何かを提示できているわけでもないですし、ココは原作を大事にするべきだったのでは?

あと、サイコちゃん。幸せを語るのに「自然の美しさ」じゃだめだよ。成瀬が絶望してるのは人間の醜さなんだもん。人の美しさを語らないと・・・。原作から、水仙の花を植えるシーンなどから引っ張ってきたんだろうけど、あれは「刑事の優しさ」がつまった水仙から派生するからこそ、意味のあるせりふな訳で・・・。

大きく違ったのはヨンチョル=山野の暴発。刑事の必死の語りかけも、弁護士の説得も効果がなく、彼が「魔王」化していくのが原作。原作ではそのまま”くらいトンネル”に取り残されます。終盤に、サイコメトラーがヨンチョルに会いに行ったりして、彼を止めようとするパートがあり、おそらくヘインが必死に明るいところへ連れ出そうとするだろうというのは示唆されてますが・・・。日本版では、「止める人が居ない」ので、暴発も仕方ないかと思いつつ、止める人が居ないからこそ「止まれない」ことの悲しさは弱かった。
ヨンチョル=山野については、こういう役回りを与えるのであれば、省いた諸々をキチンと書くべきだったし、「誰のための復讐なのか?」という点について、弁護士についても突っ込んだ話を展開すべきなのではないか?原作では「自分の悲しみが本質的な問題で、それが真実を捻じ曲げられた怒りに転化した」という表現になっていたように思います。しかし、日本版では、正義感というか、「亡き弟のために」という部分ばかりがクローズアップされ、弁護士が「自分のことしか見えてない」という部分が弱かった。原作が「復讐される側」の物語ならば、日本版は「復讐する側」の物語で、これは「復活」(韓国「魔王」の前作と位置づけられる関連作品)に近い構図です。「復活」でも、「誰のための復讐なのか?」というのが最終的に問題となって深く掘り下げられた。やはり、復讐する側の物語としては、そこがポイントになるはずで、復讐者のエゴを書き出さなければ、綺麗なだけの復讐になってしまいがちだと思う。そういえば、ラストのしおり&班長・中西のラストは、復活のラスト「愛する人と捜査協力者が浜辺で語り合う」というものに似ていて、多分モチーフとして引用してると思います。しかし、そんな遊びよりも、テーマをちゃんと読みとって取り組んで欲しかったかな?

もう一点の大きな違いは皆殺しラスト。罪を犯した関係者が、全員死んでしまうとラストは、「世の中は因果応報」ということを強調してしまっている気がします。しかし、これは「因果応報ではない」事件が発端です。因果応報なのだとしてしまうと、秀雄も死ぬほどの罪を犯したから、若くして死んだということになってしまわないでしょうか?
原作でも、主役の二人は死亡します。しかし、彼らが死ぬのは、罪の代償としてではなく、ただ彼らの運命がそうだったということです。(芹沢が事故死ってのがそれを示唆してる)神の与える運命は時に過酷です。その運命の中で如何に生きるか?少しだけかもしれないけれど、運命を変えることができる。奇跡は起こる。彼らの間に「理解」が生まれたのは、その「運命を変えた」瞬間です。そして、運命を変えようと自分なりに事に真正面から立ち向かった二人には、死の時=審判の時に救済が行われる。これが原作の「主役二人の死」の意味だと思っています。でも、日本版はそうなってませんよね。このドラマのテーマは「不条理に感じる出来事が起きる」ということに、どう対処するのか?ということ。そして「不条理なことはなくならない」という現実は変えようのないこと。だから「因果応報」では回答にはならないのではないか?と、思うのです。原作は「どんなに過酷な運命を授けようとも、神は人を愛していらっしゃる」というキリスト教の前提がベースにあり。その神を信じられるかどうか?というのが軸になっています。この神の愛は、「未来への希望」とも置き換えられるし、「神に与えられた運命を変える力」ともいえると思います。それらを信じられなくなった弁護士=サタン=ルシファーと象徴しているのも、その考え方によるもの。「愛」に代わる何らかの答えを打ち出せたなら、それはすごいと思うのだけど、それはできませんでしたね。
「復讐は無意味に終わる」「復讐は新たな罪となり、自らに跳ね返る」という懲罰的な要素では、「死にたい」と思ってる復讐者を止めることはできませんよね。それは法による懲罰が、時として無力なのと同じです。日本版は、ここから一歩踏み込んだものを提示できてないと思うのです。

全11話というフォーマットで、筋立てをそのまま使うと成ると、こうなるしかないのかな?基本的に倍速にしただけ(日本版1話で原作2話を消化するペース)で、どれかひとつの事件に特化するわけでもなく、ホントにダイジェストを作ったという感じです。さらに、演出から台詞からそのままのシーンが多くて、ツギハギだらけでしたね。そして、ツギにあたる独自部分の質の低さが目立ちまくった。2時間の映画でも、このようなテーマについて突っ込んで描いた作品があるのだから、時間を言い訳にせず、思い切って筋立てを変えるなどをして、テーマに切り込んで見て欲しかった。

あらすじ↓


取り調べ中の典良が、芹沢を呼んでいるとのこと。兄は穏やかな表情でこう言った。「…お父さんの事、頼むな」そして、最後に一服させてほしいとタバコを買ってくるよう芹沢に頼む。タバコを手に直人が戻った時には、兄は変わり果てた姿になっていた。典良は宗田殺害で使用した青酸カリ入りのタバコを所持しており、それを吸って自殺を図ったのだ。あまりに突然のことに愕然とする直人は、その場で兄を抱きかかえ、泣き叫ぶしかなかった…。
  
病院に駆けつけた栄作は、典良の亡骸にすがりつき嗚咽して泣く。典良が紙切れに残した遺言は、“迷惑かけて、申し訳ございません”という最後まで芹沢家を背負って生きようとした一言だった。栄作は静かに語りだす。「…私を許してくれ。私の間違いが典良を死に追いやってしまったんだ…どんなことがあっても…お前達二人は私の息子だからな」と伝える。それは、20年以上もの間、父子の間にあった深い溝が埋まった瞬間だった。
しかし、夜半、栄作は突然苦しそうに胸を押さえ、その場に倒れてしまった。翌朝、帰宅した芹沢が発見。

中西が成瀬に深々と頭を下げていた。「真中友雄が…アイツの辛さを一番分かってやれる筈です…お願いします。もう、芹沢を許してやって下さい」。

翌日、いつもの道で成瀬に、涙ながらに訴えかけるしおり。「怖いんです…あなたに、何か起こりそうで…もうやめて下さい!暗いトンネルに入らず、少しでいいから顔をあげ、四季がある喜びを噛み締め、幸せを感じてほしい」と…。  

成瀬は保釈が認められた葛西に「少しの間だけでも愛する人を大事にしてほしい」と自ら保釈金を払い葛西を保釈。麻里は、葛西とやり直したいと言う。領が葛西を保釈したと知った山野は激高し、領を激しく問い詰める。彼は充分苦しんだからもういいだろうと話す領に「アイツも僕をいじめてた1人なんですよ!」と更に感情的になる山野。復讐の目的が変わってきていることを感じた領は「あなたは誰のために復讐してるんですか?」と山野に問いかける。すると、葛西は自分で仕留めると言い出しナイフを出した。その時、慌てて制する成瀬の腹に山野の持つナイフが突き刺さった!血を流し倒れる成瀬を見て山野は取り乱して、走り去っていく。腹部を抑え、その場にしゃがみこんでしまう成瀬…。葛西は麻里との新たな門出の記念にと指輪を買い、麻里の待つ部屋へと急ぐ。その時突然、背中に強烈な痛みが走り、倒れこむ。地面に流れ出た鮮血を見て、刺されたことを悟る葛西。視界に飛び込んできたのは、錯乱した山野の顔だった。山野も、刺した後に錯乱状態でナイフを振り回していたため、警官に射殺される。

成瀬は、一通の手紙とオルゴールをしおりに残していた。「事件後信頼や絆を一切捨てて一人で生きてきたつもりだったが、しおりに出会った事で温かい心に触れ、心の冷たい棘を溶かしてくれた。今までの過ちを捨て、新たな未来を、あなたと一緒に生きていけたら…あなたを近くに感じるたびに、何度そう夢見たかわかりません…。でも…後戻りすることは出来ません。あと一人、どうしても死ななくてはいけない人間がいるんです。申し訳ありません。そして、今まで、ありがとう」と別れを意味する言葉で締めくくられていた。不安を抱いて飛び出していくしおり。

渋谷東署では芹沢が無断で拳銃を持ち出したと大騒ぎになっていた。芹沢は成瀬を過去の事件現場に呼び出していた。傷口を隠し、痛みを堪えて現れた成瀬。「俺のせいで始まった復讐だ。俺の手で止めるしかないんだ」悲痛な思いを胸に、芹沢は拳銃を構えると、引き金に手を掛けたが、引けない。「何を迷ってるんです?私はあなたの大切な人を奪った。殺しても飽き足らないくらい、憎いはずだ。復讐のチャンスは今しかないんだ!早く僕を殺せ!」取り乱して叫ぶ成瀬に芹沢はハッとする。「あんたの目的は、これだったのか・・・」成瀬の最終的な目的は芹沢に自分を殺させ、今度こそ人を殺した裁きを受けさせるためだったという事に気づいたのだ。更に成瀬は「これで全部終わる。ようやく、僕が僕に帰る時が来るんだ。これは真実から逃げたあなたの義務なんです」と銃口を向けさせる。しかし、芹沢は「あなたをそこまで苦しめたのは、俺です…。俺には、あなたを殺せない」と引き金を引けずに拳銃を手から離してしまう。復讐を途中でやめることはできない成瀬。そのために自らが犯した罪に耐えられないほどの苦しみを抱いていた。「このままじゃ、自分が自分を許せない」銃を拾い上げ、自分のこめかみに銃口を当てる。すぐに直人が制止し、夜空に向って放たれる銃弾。銃を巡ってもみ合いになった、その瞬間、銃声が鳴り響いた――。涙を流し見つめ合う二人。そして、芹沢がガクリと膝から崩れ落ちた。もみ合いの中、芹沢の腹部に向って拳銃が誤射されたのだった。「死ぬな芹沢!死なないでくれ!!!」という成瀬に、「これで良かったんだ…最初からこうしてれば…生きて下さい、精一杯…自分の為に生きてください…友雄さん…許してください、俺のことも…あなた自身も…」という言葉を残し、息絶える…。過去に苦しみ、過去を悔やみ続けて生きる芹沢の姿が走馬灯のように成瀬の脳裏に浮かぶ。「…許してくれ…僕のことも…あなたのことも…」成瀬もまた自らの過ちを悔やみ、心から謝罪すると、英雄の遺品のハーモニカを芹沢の手に握らせ、ゆっくりと目を閉じた…。

スクラップ置き場に駆けつけたしおり。しかし、時はすでに遅く、二人は絶命していた。涙が止まらないしおり。そこには、肩を寄せ合い、穏やかに眠ったように息絶えた二人の姿があった。

それから3年後(とは分からなかったけど公式ではそうなってる)、しおりは中西をたずねた。とある海辺の町でのんびり暮らしている。雄大な海の景色を「あいつらにも…一度でいいから見せてやりたかった」と、呟く中西。すると、そこへ二匹の蝶が飛んでくる。
仏前に供えられたハーモニカ。それに触れたしおりは驚く!(サイコメトリーの内容はDVDを買ってみて!)
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 魔王(日本版) | 16:14 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP

要するに

別物として観たらいいんじゃないかな?
あなたは韓国版に固執し過ぎた意見もただの長ったらしい屁理屈です。

| しおり最高 | 2008/09/16 06:18 | URL |

楽しみましたよ

しおり最高さんへ
別物のサスペンスドラマとしては十分に楽しみましたよ。キター!って感じるお約束演出の心地よさは、日本版ならでは。十分にエンタテイメントして楽しめました。
しかし、私は原作ファンでもあり、このドラマのテーマについては色々と考えてきたので、何をどうリメイクするか?と比較することで、二つのドラマの特色をより明確に感じてみたくて、色々と駄文を連ねてみています。
日本版スタッフが原作から何を感じたのか?ということは、リメイク作品から見えてくる筈なので、彼らがどんな風に受け取ったのか?が知りたい気持ちで日本版を見たという面もあるんです。自分とは全然違う捕らえ方をしていて、興味深かったです。
例えば、日本版は「死んで償う」って事を「罪の意識の表れだ」って割と肯定的に捕らえてる。「自死」を大罪とするキリスト教的世界観では、なかなか出来ないことですよね。韓国版では、繰り返し「闇に取り込まれないで。自分を捨てないで。苦しくても生きて。神が決める死のときまで光に向かって歩き続けて」ということが語られ、刑事は何度も倒れて暗闇に取り込まれかけたけど、その度に立ち上がって来ました。死を望む瞬間は「悪魔に取り込まれそうになってる」瞬間として書かれている。最後で「光に向かって生きるべきなんだ」ということに拘ったからこそ、二人の死に際して救済が行われるというのが、原作のラストから感じたことだった。しかし、あれだけ同じシーンの二人のラストでも、日本版からは違った印象を受けました。上手く言葉に出来ないけど、「因果応報か~。悪いことは出来ないな。でも、二人はそれで納得してるだろうし。ある意味潔いのかな」って気持ちになった。それはそれで、スッキリした王道の気持ちよいラストであることも分かっては居ます。もうチョッと突っ込んで欲しかったというのは、受け取るだけの視聴者のワガママなんですよね。

他にも、日本版ファンの方で、やはりご気分を害された方が沢山いるかと思います。こういう感想もあるんだなと、笑って受け止めてくれれば幸いです。

| akira | 2008/09/16 21:03 | URL | ≫ EDIT

NoTitle

こんにちは。初めて書き込みます。
私も日本版、面白く見てました。最終回は「人そんなに死なせたらいかんだろ!」と突っ込みつつラストの2人の対決に韓国版と同じく惹き込まれたり。

自分もakiraさんのブログを見つつ色々考えましたが、良い意味でも悪い意味でも芹沢は「生きてきてしまった」がベースですよね。そして成瀬も「運命・人の死への怒り」と言うよりは「憎悪に自ら巻き込まれる事でしか生きていけなかった」ような所を感じました。生きようともがく姿ではなく、生きる切なさにもがく2人だった気がします。
それでも2人には希望を捨てないで欲しかったんですが、やっぱり日本では難しいのかなーと思ったり。「生かされている」という考え方がちょっと薄い日本ならではの話の作りなのかな?とも思いました。
どうせなら、「死ねないなら生きるしかないんだ」くらい傲慢な台詞を、芹沢か周囲の人間に言ってもらったほうが意外に納得するかもと日本版での妄想を膨らませてます(笑)
勝手な感想(しかも長文)で申し訳ないです。しかもakiraさんの仰りたいことを全然理解していないかもしれませんが…。こんなことをぼんやりと考えてしまいました。これからもブログを楽しみにしています。

| ぽん | 2008/09/17 13:13 | URL |

ちなみに

またすみません。私は日本版を先に見て興味を持って原作を見ました。同時並行は辛かったー(笑)主役4人分の苦しみを見てお腹いっぱいになりました(笑)

| ぽん | 2008/09/17 18:01 | URL |

悪役好き

ぽんさん はじめまして。コメントありがとうございます。

私がもっとスッキリした文章で、上手く伝えられると良いのですが・・・ホント、稚拙ですみません。でも、書くんだけど(笑)。どんどん意見を書いてくれると、考える助けになります!

そうですね、「生きてしまった」が芹沢のベースですね。韓国版刑事のオスは「生きてしまった。それでも生きて居たかった」と続けます。後半の「生きていたかった」というのは凄いエゴですよね。醜い。そこを逃げなかった韓国版が、イマイチ数字がとれなかったのは納得。私自身も、「すげー嫌なもの(自分の中にもある醜さ)」を見せられてる気分でした。でも「それでも生きていたかった」という醜さの中には、真実があると思うし、それが「悲劇」って言うものじゃないか?とも思うんですね。

あと、これは好みの問題だと思うのですが、私は悪役好き・駄目人間好き。全体に芹沢の描写が少ない脚本に不満が出てしまうのは、そういう嗜好が影響してると思います。
序盤の目を背けてる状態ならまだしも、終盤の「事件に立ち向かってるという設定になってる」状態では、やはり芹沢にもっともっと醜さをさらして欲しかった。最後まで「事故と言う事実」を語らなかったところなど、芹沢は結局は最後まで逃げたなあって気がする。醜い言い訳になるにしても、「醜い言い訳をする自分」から逃げないで、事実を成瀬に語るべきだったんじゃないかと思うんですよ。だって、成瀬はあれだけ「事実」を望んでいるのだから・・・。
成瀬にしても「復讐は自分のため」っていうのが抑えられて、同情しやすくキレイになってますよね。

韓国版「魔王」のこの深い切り込み方は、「復活」という前作品があることも影響していると思います。「復活」が終わったときに、「敵は何故悪に踏み込んだか?」「悪人に似てしまった復讐者は、どうやって生きればよいのだろうか?」という疑問が残りました。それに対する一つの回答を、「魔王」というドラマは見事に示してくれました。復活があるからこそ、かなり踏み込んだ表現が可能になったという面はあると思います。
日本版「魔王」は、やはり10話でそこまで到達するのは難しかったんでしょうね。日本版を見た人にも、ぜひ「韓国版魔王」を見て欲しいと思います。

| akira | 2008/09/17 19:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/2359-48c4bb70

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]