FC2ブログ
  • 09月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 11月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

特殊捜査日誌-1号館事件- 3話新たなる真実

大統領は襲われたんじゃなくて倒れたんだ。調印を控えた大事な行事続きで、休めない大統領。重病説を否定し、過労だと説明するが、実は胃がん・・・。
しかし、治療を拒否する大統領は、政府運営に集中。チェ主任秘書官の事情聴取を聞き「ホテルの裏金問題をチャンと処理しろ」と命令。
翌日、クァク警護室長に命令して早朝ジョギングで健康をアピールする大統領。しかし、第2チームリーダーのイ・ジェヒョンが出てこない。宿直室のベッドで眠るように死亡していた。
ヒヨンは警護室長に呼ばれ「早く犯人を挙げろ」と圧力をかけられ、ついでにチェ首席秘書官のポステルの裏金問題を示唆される。
ハンスは捜査を始める。また遺書が・・・。「人生を台無しにしたやつを許せない」というもの。借金があった様子。非常に整理されて、潔癖症らしい被害者。ゴミ箱には薬。しかし、コップを使った様子も、水差しの水も減ってないと気がついたハンスは、「薬を飲んではいない」と判断。洗面台から歯ブラシと歯磨き粉をチョイスして分析を依頼。
ビンゴ!午前2:00にアコチニン中毒したと判明。口から摂取したと思われ、歯茎の腫れから、歯に塗りつけたと思うと言う検視官の判断。
ヒヨンは「あなたの経験を無視した。ごめんなさい」とハンスにお茶しよと誘った。尊敬してきた父が組長の女と関係し捜査に利用したのが一番辛い。というヒヨンに、自分が左遷された事情を話すハンス。サッカーを怪我で諦めて刑事になったのに3ヶ月で収賄で左遷。周りは俺を白い目で見るけど、誰にでも人に言えない事情はある。お父さんにも何か事情があると思うから、信じてあげて。自分も信じるという。


課長の死体が貯水池からあがった。留守番電話に残された「お前は近づくな。危ない」というメッセージが残っていた。落ち込むヒヨン。しかし、
ヒヨンは組長に銃を突きつけられて誘拐されてしまう。「警察にだまされた」と興奮している彼。ヒヨンはひそかに短縮番号1を押してハンスに連絡を。ハンスは携帯から居場所を突き止めて、急行。ヒヨンを救った。ヒヨンは銃を突きつけて「父はどうした!」と攻め立てる。混乱し、発砲しそうな勢いのヒヨンを気遣うハンス。「誘拐の電話をしたときは、すでに死んで埋めておいた。依頼されたからだ。俺の女との関係はでっち上げ打。しかし、もっと大きな黒幕が居た。俺は殺されちまう!やつらは大統領まで!」というところで、何者かが発砲し組長死亡。返り血を浴びるヒヨン。ヒヨンは、青瓦台での事件が、段々と大統領側近に近づいていること、組長が言い残した言葉から、狙いは大統領だとSPに直訴する。24時間の厳戒態勢を!と訴えるが、24時間警護は当たり前だとはねつけられる。
例の血液(2番目の意志殺害事件のやつ)の分析結果で動物の血液が検出。さらに、3番目のアコニチンを効果を遅らせることが出来る成分が検出された。トリカブトとフグの毒の組み合わせ・・・・。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 特殊捜査日誌‐1号館事件 | 07:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/2360-c6b892f5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]