FC2ブログ
  • 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

薯童謠-ソドンヨ- 3・4話

3話
チャンは、香を炊いて「私に父は居ない」と去ろうとします。
しかし、宮中では嵐によって即位式が中断。
モンナスは、自分の工房に戻って、香炉が使われてるのを見て、「誰が炊いたのだ?と大騒ぎ。

ウィドク王は、国の傾きがあるのでは?と怯え、プヨソンは太学舎の陰謀として、太学士モンナスらの命を狙うように指令。
コレを立ち聞きしたチャンは、モンナスを救いに引き返した。知るはずのない部下たちの名前をあげるチャン。モンナスは彼を信じ、部下たちに逃げるように指令。メクドスと息子ポムスンとサテッキル(この間指令に立ってくれた少年)、女官モジンと娘コモなども、指示されたソンルジョンに逃げていきます。
しかし、関係ない人々までドンドン殺されている。タムウクの妻は夫を殺され、ヨンタジュンは捕まった。モンナスは、密かに大学舎を支援する人物に指令を与える。待ち合わせ場として、チャンの故郷近くの廃屋を指示し、「私たち一人ひとりが百済の技術を伝える大学舎だ。生きるのは義務だ」と言って、解散する。

モンナスはチャンの故郷に。ヨンガモに10年ぶりに再会。待ち合わせ場所の近くで、ポクセンが捕まったと連絡があり、逃げ出すことにする一行。支援者コンソムは新羅に渡る手はずを整えている。モンナスやチャンは新羅に渡ることにしますが、ヨンガモは百済に残ると言い、チャンに身分の証として五色夜明珠を渡します。
ヨンガモが悩みぬいた末に追いかけてきたが、その後ろには追っ手が!矢に射抜かれて亡くなってしまった。

チャンは拗ねてしまい。一行が山奥に落ち着いて、子供たちが厳しく勉学でしつけられ始めても、サボりまくっている。ポムセンが、百済の知識人として、生きるだけでは駄目だと主張する。そのためにも身分碑が必要。村も厳しい規律で運営されます。
しかし、チャンは拗ねたまま。モンナスの与える罰も、それを要領よくこなそうとして、ますます罰せられる。その才能を認めたポムセンが、「お母さんのために、そろそろ心を開かないか?」と誘ってくれる。
しかし、村を逃げ出して、隋の奴隷の一行にくっついて食を得る。奴隷と一緒に捕まってしまった。チャンを救うため、金の仏像を賄賂に使ったところ、一行は捕まってしまった。隋に引き渡されることになった。しかしキム・サフムは、モンナスの作った仏像を見てその技術に驚嘆。



4話
百済では、アジャ太子の死体を探せと王が命令している。

モンナスらの技術に感嘆した新羅の官吏。隋の奴隷として捕まっているモンナスは、「先祖は新羅の技術者だったが、隋で奴隷になった。この機会に新羅に逃げたかった」と説明。隋の銅鏡独特の文様を刻めといわれて、見事に描くモンナス。官吏は、モンラスらに身分牌と宮に調度品を収める仕事を与え、市場に見せも持たせてもらいました。
しかし、百済の技術を持ち込むと大変なことに。ポムセンは、納品についていって、新羅の文化も学びたいという。しかし、謹慎してるはずのチャンは、悪戯心から箪笥に隠れて宮に潜入。そこで少女ソンファと出会います。
帰ってきたチャンは、ぶっ倒れてしまいます。罰を逃れる仮病では?というがモンナスが「母を失ったのに規則しか話さなかった」と庇って、昼夜を共にするという。
チャンは紅を作りたくて、こっそり材料を盗んだのをモンナスが見つけた。教えてやるからと、材料を調達することから始めます。なかなか筋が良い。
ねだるチャンを、ポムセンが「私が責任取る」と宮中に連れて行った。
そうやって、ソンファとチャンの2人は仲良しになります。チャンが一番幸せだった時代からソドンと呼び、衣装とキム・ドハム(キム・サハムの息子の名で)という名前を名乗らせて、祭礼の水を渡す役目をチャンにさせたソンファ。その場で、ソンファ公主と呼ばれる彼女を見て姫だと知って驚きます。
ソンファは後で、父チンピョン王に叱責されますが、天の意には背いてないと主張。
またも勝手に外出したチャンに、ポムセンは「何回叩くか選べ」と言う。しかし、姫にだまされた。好きになってはならない相手だと知ってショックなチャンは、「一万回叩いてくれ」と泣く。
ソンファがソドンを誘惑したという、彼女に恥をかかせる歌を作って、市場中に張って復讐しようとするチャンだけど、たんすに隠れて市場に来たソンファに見つかって、再び仲良くなります。「どんなものにも価値が見つけられる立派な姫になれと言われた」というソンファに、捨てられるものの使い方を教えてあげるチャン。そして、母に渡された信標を「誰にも見せるな」とプレゼントしてしまいます。

チュンジャクという百済の大学舎にいる新羅のスパイ(農業技術の習得が目的)が、玉を探す口実で新羅の高官、キム・サフムの元へ!モンナスが百済を追われたと聞き、見方に引き入れようとしている。チュンジャクが、あの金の仏像を見て、これは百済の大学舎で流行った文様だといいだし、モンナスの店を探って再会。チュンジャクがスパイと知らないモンナスは、百済とのつなぎになるかと交渉しようとするが、キム・サフムといる彼を見て殺害。
宮中に百済の信票が落ちているのが見つかる。チュンジャクのものか?と思われるが、チュンジャクは信標を持っており、チャンがソンファにあげたものでは?ってことに。
モンナスが切られて帰ってきて、峠の皆は幾つかの隊に分かれて逃げることに。モンナスを探しに宮中に行ったポムセンを追いかけるチャン。どうしても、ソンファに挨拶していきたいというチャン。しかし、見張りが厳しくていけない・・・。引き返してポムセンの元へ行くが、チャンを兵士を追っかけてきてた!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 薯童謠-ソドンヨ- | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/2399-e6607655

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]