FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダルジャの春 1話

タルジャの春 インターナショナル・ヴァージョン DVD-BOX1BS-J 公式
★オ・タルジャ(チェリム):ホームショッピング会社マーチャン・ダイザー。33歳。恋愛に興味はあるけど、仕事が忙しい。
★シン・セド(コン・ヒョンジン):ホームショッピング会社PD。プレイボーイ。
★ウィ・ソンジュ(イ・ヘヨン):ホームショッピング会社 専属の司会者。結婚引退の3か月後に×1となって復帰。
★カン・テボン(イ・ミンギ):愛人代行業。元弁護士。タルジャの6歳年下。
★オム・キジュン(イ・ヒョヌ):有名ブランド輸入業社長
★チョン・ジョンエ(イ・ギョンジン):タルジャの母。食堂経営
★イ・クッスン(キム・ヨンオク):タルジャの祖母。


まずは20代のころのタルジャの思い出話から。
寝坊するオタルジャを起こす母&祖母。お金貸して!なダルジャ。この頃は髪がストレートで肌が白くて、ホントかわいい~。やっぱチェリムはかわいいな。
ホームショッピング会社に、初出勤するオタルジャだが、初めての仕事で、魚は落とすは…、失敗の連続をするタルジャ。落ち込んで座っているタルジャに、初めての仕事だからしょうがないと声を掛けてくれたのは、PDのシン・セド。「ただのやさしさにも、運命かと錯覚する…」それが20代のタルジャ。
そんなタルジャに、「5年だけ耐えろ」という先輩

時が過ぎて現代。33歳独身。24坪のマンションと中古車1台を手に入れました。忙しくて恋愛経験がないから、どう付き合ったらいいか分からない。いつまでも恋に恋してる状態で、焦れば焦るほど化粧は濃くなるばかり(化粧濃いな~。今年の作品の”強敵たち”では普通のメイクなんですよね~)。
先輩(母さんに角が生えたのミヨンさん)が、「売れ残る前に結婚すれば?」なんて言ってくる。前は「結婚をあてにするな。」と言ってたはずなのに、自分は条件につられて結婚して、今は妊娠中の先輩。
早くに夫を亡くしたお祖母ちゃんは未だ少女のようだし、夫が行方知れずの母は割り切って働いてる。私は両方の血を引く一人娘だから、やっばり男運がない?


それでも、仕事は順調だし、トラブル対処法も身についた。パンツは、はかないと言う司会者のウィ・ソンジュに、我儘いうならモデルを変えると言うタルジャ。(妄想で、キル・ビルのパロディやるの笑った~)
でも、方向音痴なのだけは治らない。商品を受け取りに行って迷ってしまい。ミスしてしまった・・・。落ち込んでるタルジャに、コーヒーを持ってきてくれるシン・セドPD。「33歳、優しさが愛ではないと知りながら、時には誰かに甘えたい」と思うタルジャ。
セドに、「同僚として、食事でもしますか?」と誘ったタルジャの頬に、キスして「その言葉を8年まったよ」というセド。「一生来ないと思っていたのに、こんな愛の訪れもあるんだ」と思うタルジャであった。美男子ではないけど、優しい男はモテルんだよね~。

百貨店でクリスマスプレゼントを選び、「彼に、クリスマスプレゼントを…」と言う自分が、とっても嬉しいタルジャ。
でも、「セドは会社でも有名なプレイボーイだ。あんた、浮かれ過ぎ。寝ようと迫って来なかったか?寝る女と恋愛する女は、別というヤツだ」と先輩は注意してくる。言われてみれば、「寝たい」というサインを貰ってた気がする・・・。私が気がついてなかっただけ?「まさか。結婚の話も出てないのに」と、33歳なのに世間知らずのタルジャ。

ウィ・ソンジュと楽しそうに話をしているセド。わざと、缶ジュースを落として、二人の邪魔をするタルジャ・・・。あれ??二股?ソンジュにも「あなた、セドさんとは人種が違うわよ。止めたら?社内恋愛で、その年で振られたら悲惨よ」なんて言われちゃう。

今日はクリスマスイブなのに、連絡がこない。怒りたいけど、どうなっているの?とやさしく留守電に伝言を残すタルジャ。
セドと連絡がつかないまま、夜道を歩くタルジャ。カン・テボンとぶつかって、転んで、携帯が壊れちゃった。テボンは誰かに追われてる?タルジャも追っかけて、テボンを発見。「出て来い。謝れ」と叫ぶタルジャだけど、「黙らないと殺すぞ!」とテボンに口を抑えられちゃった。名刺をチェックされてしまい、「こうやって終わるのか。30年操を守って来たのに!」と身の危険を感じるタルジャだったが…。
怪我したタルジャの手にハンカチを巻いてくれて、「修理代が分かったら電話して」と名刺を置いていったテボン。名刺には、「愛人代行、彼氏代行」と書いてある。去り際にカンテボンの脚に蹴りを入れるタルジャ。安心して、急に強くなったな(笑)

「一瞬だけど死ぬほど怖かった。こんな風に人生が終わったら悔しい・・・」と思ったタルジャは、セドに電話して、「今日の夜、一緒にいたい」とメッセージを残します。
セドと来たことのあるホテルのバーで待つタルジャだけど、そこでセド&ソンジュとばったり・・・。タルジャは「男と待ち合わせなの」と誤魔化して、無理しまくり。セドは付き合ってるつもりじゃないのか~!!「ソンジュと付き合ってるんだ。タルジャとは合わないと思った。だから、二股じゃない」と言うセド。アチャー・・・。「それが二股だろうが!」と思っても、笑顔なセドに何も言えないタルジャ。

「男と待ち合わせ」と言った手前、ふたりがいる前で、1人でバーから出て行けないタルジャ。「誰かいるはずだ」…と考えているところ、さっきのテボンからもらった名刺を見つけた。電話して「今すぐ来れる?」と聞くタルジャ。テボン登場~。「ここよ!」と言って、椅子から落ちるタルジャ(焦ってます)。ソンジュとセドの前で、「部屋に行こう」なんて言って、無理してるな~。
ダブルだから20万ウォンの出張料だと言うカンテボンに、「高い!10万ウォン!」と言って5万ウォンを渡し、「まけさせるのがおばさんの醍醐味だ」と言うタルジャ。渋るテボン、嫌なら止めろと渡した札束を取るあげるタルジャ。
揉めているところに、ウィソンジュとセドが来たので、「部屋のカードが・・・」とごまかすタルジャ。部屋に入って、ウィスキーを自棄飲みするタルジャ。「飲む前にお金を払って」なテボンだけど、タルジャは「心が痛くて」と大泣き。捨てられた愛の為じゃなくて、傷ついた自尊心の為に…。テボンは、そんなタルジャを心配そうに眺めてます。

翌日、会社に出勤するタルジャ。タルジャがセドに振られたことが噂になっているらしい。ソンジュにはアクセサリーをプレゼントしてたのに、自分のデスクの上にはぬいぐるみのプレゼントを置いてるセド・・・。「30女にこんなもの」と強気発言のタルジャ。
そこに、「タルジャには、年下の男がいる」とか言って、挑発してくるソンジュ。「そんなわけはない」とバカにする上司。
そこへ、テボンがやってきて、「タルジャのボーイフレンドです」と名乗った。「クリスマスイブに秘密の約束をしたじゃないか。あの夜のこと、覚えてないの?」と言うカンテボン。ええ?何があった?なタルジャ。飲み過ぎて思い出せません。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| タルジャの春 | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/2567-4da471a0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]