FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タルジャの春 7・8話

7話人の心に必要なのは2%の湿度
「どんな形でも良い、会社に残して欲しい。青春をかけた会社だ。」と土下座したタルジャ。感動してくれるかな?と思ってたのに、「黙って謹慎してろ」と言われちゃった。
何にもすることなくて、家でダラダラして食いまくるタルジャ。「ろくな男がいない。私の見る目がないの?」なタルジャに、「魅力に気がつかない男が悪い」とかいうテボン。契約はあと10日。ちょと寂しいタルジャだけど、テボンは「ビジネスだし、自分で決めたルールだから惚れたりしないよ~。でも、もったいないから本格的なデートしたほうが良くない?」だって。照れちゃって食いまくりのタルジャに、ちょと寂しいテボン。惚れたな!

タルジャは顧客管理チームに左遷。離れるのが寂しいのに、みんな割りとそっけないな・・・と思ってたら、廊下に風船と見送りの言葉が書かれたカードが。皆、仲間だね~。「行って来ます!」と戻ってくる決意をこめて顧客管理チームへ。
しかし、そこは戦場だった。友人で先輩のコさんが電話応対のサービス室長。そこで複雑なトラブルのものが顧客管理チームに。魔女と呼ばれるイビリ魔の上司。大量の仕事を無茶なスケジュールで降ってくる。愚痴ってたらばれちゃったし!凹んだタルジャは母親の家に行って、少し甘えます。

オム・キジュンはタルジャの移動を知って少しは反省したか?ソンジュに事情を聞くけど「薄っぺらな同情はプライドが傷つく。本気じゃないなら無視して。人生かけて耐えてるんだから・・・」とやっぱ彼女は分かってるな。

タルジャも「避けられないなら楽しんでやる!」と前向きに頑張ってます。お客さんに接することで「感謝される喜び」を思い出して、「見返すために意地を張って、自分で自分を惨めにさせてた」と実感。
チーフにも「辞めるのは簡単だけど、今はお客さんに尽くすのが先。業務が多すぎては、結局はお客様に迷惑がかかる。」とキッパリ!これでチーフも認めてくれた?

テボンは、忙しくて連絡してこないタルジャが心配。会社に様子見に行って電話したのに、タルジャは出ない。お客さんのところに向かうタルジャの後をくっついて行って電話してるのに、タルジャは気がつかないで切ってしまう。心配してくっついていくテボン。
お客さんの処理が終わったところで「ご飯食べに行こう!」なテボン。か、かわいいぜ!
仕事が好きだ!という気持ちを取り戻したタルジャの表情を見て、安心。初雪が降ってきて「タルジャさんみたい」とか言って、タルジャと手をつないで自分のポケットに・・・。恋愛してるな~。
大雪でバスが止まっちゃってる。ずっと待ってたけど、行き場がなくてモーテルに。花札しながら結局は寝ちゃった二人。先に起きたタルジャは「寝顔かわいいな~」です。目が覚めそうなのを見て、狸寝入りのタルジャに「会社行かなくてよいの?」なテボン。それでも、モーテルから出るのを他人に見られたら!とコソコソしてるタルジャを「かわいいな~」と思うテボン。
しかし、それをテボンの強烈なお母さんが見ちゃったよ~。

テボンは、タルジャに手袋買って行ってあげるんだけど、ちょうどキジュンがタルジャに「妻とは離婚する。僕は本気だ」という話をしてるところで、「それは駄目です!」なテボン。


8話愛情不足が負け犬女に与える影響
「これからは僕が恋人です。迷惑ですから、こういうことは辞めて」と言ってタルジャを連れ出したテボン。どういうこと?なタルジャに「助けてやっただけ。左遷されて母親まで傷つけて、それでも断れないなんて。決断力もないのか?」とかいうテボン。「仕方ないじゃん。経験ないもん。優柔不断で悪かったわね!干渉しないで。雇われた身でしょ」と言い逃げなタルジャ。それをキジュンに聞かれちゃったよ。
心配して言ってくれたのは分かってるから、「傷ついちゃった?」と心配するタルジャ。先輩が「テボンがすきなの?」と鋭い指摘。

セボンが「父が来る。結婚させられちゃうから、恋人役をやって!」とお願いしてきた。昼ごはんに釣られて引き受けたけど、年齢のことをチクチクやられてしまう。さらに、思い直したソンジュが店にやってきたからセボンまでタルジャを置いて追いかけちゃうし。

凹んだタルジャはテボンに電話。でも「後で」と言われてしまう。テボンはヒヨンと会ってるところ。「お前の足を直す。そう君の両親に約束した」とお金を渡すテボンに、「引け目を感じないで・・・」というヒヨン。

翌朝、テボンはに契約は終了。ソンジュと契約した。」と言われる夢を見て凹むタルジャ。やけ食いででぶってしまったし、凹みまくり。無理なダイエットに突入。

返品不可の岩盤ベッドをOKしちゃって、他の客から「不公平だ」とトラブルに。仕方なく、買い取ってハルモニにプレゼント。

テボンは母親に家に押しかけられてすがられてる。タルジャの電話にも出られない状態。タルジャは「他の女?」と心配。そこにキジュンが「食事行こう」って訪ねてきた。既にやけ食いで満腹なのに、無理して食べるタルジャ。キジュンは「1人でも君は平気そう。安らぐよ。情熱や愛なんて年でもないし」とかいって、タルジャはガックリ。

帰宅したらテボンが待っててくれた。でも、「なんで電話にでないのよ。契約違反ジャン」とか言ってしまう。「じゃあどうしたいのよ!」なテボンに、「抱きしめてよ。2万ウォン払う」なタルジャ。おざなりに抱きしめるだけのテボンを「2倍払えばよい?」とムキになるタルジャ。「もう辞めろ」と言われても辞めないタルジャに、キスして「満足か?」なテボン。
「謝りたかったのに。携帯しか分からないのにつながらないし・・・。会いたかったの」と言ってしまったタルジャ。アチャー。テボン嬉しいんだな~。「会いたかったの?」なテボンだけど、そこでタルジャは満腹すぎて腹痛に・・・。救急へ・・・。心配してずっと手を握ってくれてるテボン。だけど、単なる食べすぎ&便秘です・・・。アハハ。
「愛情不足だよ。自分を愛してあげないから食料で満たそうとしてたんだ」なテボンに、「さっきのは本心よ。会いたかった。契約はどうなるの?」なタルジャに、「ルールはルールだから」というテボン。タルジャは、これでスッキリしたという気持ち。でも、やっぱり寂しい。テボン、可愛かったもんね~。

テボン母は「もう一度テボンを捕まえて」と父親におねだり。しかし、テボンは先読みして引っ越しちゃった。なんと、逃げ場はタルジャのところ。
帰宅したタルジャは「なんで??」です。「一ヶ月契約して。軽いスキンシップは無料。恋愛しようよ。本気になったら恋人になる・・・」とテボン。
セドは、ソンジュに一生懸命やってるけど、なかなか難しいっすね~。ツンケンしつつも、しっかりセド父にアピールしたりして、すっかりセドは骨抜きです。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| タルジャの春 | 17:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/2747-66151cd1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]