FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

姉さん 45-51話

45話
アボジの意識が戻ったは良いけど、事情を説明するのも辛いよね。
そこにハルモニ登場でオットケー。「なぜ、連絡が途絶えたのか?事業が暗礁に・・・」と混乱しているアボジ。スンジュから、ハラボジとハルモニの関係から話した。
疲れてしまって再入院。ジャンスクを呼べって言ってるけど、事情がな・・・。

ヒョクジュはピルラムさんに会って、「何も知らない。叔母さんが名前を借りたみたいだ」と調べてきた。
見舞いに来てくれたゴヌに、「スアの両親が家やお金を奪ったみたい。ヒョクジュは謝らせろと言うけど、アッパがショックを受ける気がする」と相談。「慌てるな」と言ってもらって、とにかく休ませようということに。

スア陣営。オジサンのジャンソンさんはオットケーながらも、自分の身の問題より、「良かった・・・」と喜んでる。会いに行く!というジャンソンさんを必死に止めるけど、ダメだった。会いにきたジャンソンに「ショックを与えたくないから、何も言わないで」と言うスンジュ。「会わせる顔もない」といいつつ、泣いてるジャンソン。ヒョクジュが「警察に突き出してやる!」というけど、「パパの幸せを壊さないで、証拠をつかんでから・・・。」なスンジュ。

アボジはジャンソンに「家に連れて行って。鞄を取ってきたい。大事なものが入ってるんだ。あと、理事を呼べ」と命令。ジャンソンが「会社はなくなりました・・・」と告げた。

ジナ父が調べて、「アボジは家をジャンソン名義になってる。アボジは、リスク回避でそういうことをしてたんだ。」とスンジュに説明。

スア母がアボジの様子を見にきた。スンジュを「何を調べてるの?悪知恵がついたわね。金持ちの後妻にでもなるの?」と侮辱しちゃって、「動揺してるのね。首洗って待ってろ」と言われた。私だけでも逃げる!なスア母。

スアは壊れちゃったよ。「私のお金を頂戴!私だけでも助かれば良い」と母親から奪い取ろうとして揉める。
で、高価なコートをゴヌ母にプレゼントしようとしたりして、様子がおかしい。ゴヌ母はゴヌに相談。「追い返して。できれば逢わないで」とお願い。
で、ゴヌはスアと話し合い。スアが用意したチケットを返した。「一緒には行けない。スンジュと話し合え」とかいうゴヌに、「あんなムカつく女の話をうるな」と酷い言葉を吐きまくり。
スアは、スンジュ父の病院に。眠っているアボジに「可愛がってくれましたよね。でも、再会しても喜べない。私はスンジュの持ち物が羨ましかった。」と語りかける。

ボクヒさんの家では、ゴンスクが家事をしてくれて、ボクヒさんオットケー。
ユスンがボクヒに謝るけど無視。
両親とゴヌが相談して、美容院をもたせることに。コソコソ店を探してるもんだから、ゴンスクは「皆がシカトする」と怒ってる。

しかし、ヨンジュとジナはかわいいカップルだな~。和む。



46話
アボジはユンジュに頼んで家を見に行った。別の人の家になってる。幸せな家族の時間が思い出される。鞄の存在を思い出した。口ごもるユンジュに代わって、ジナが事情をペラペラ話す。強気だけど、オバサン達に傷つけられたユンジュの味方なんだね。
アボジは「ジャンスクに会う」と言う。躊躇うユンジュだけど、ジナがどんどん進めてます。

スア母、借金とりに逃げられた。事務所を訪ねたらもぬけの殻。
ジナ父が、債権を現金化した複数名義がすべて借金とりのものと調べ上げた。葬式の時に会ってるから、ヒョクジュ達も納得。

そんな中、ジャンソンがアボジに会いにきた。「生きていて良かった」というジャンソンに、「私の家を奪ったな」と責めるアボジ。興奮し過ぎでぶったおれちゃった。
ジャンソンさんは「俺は酷い罪を犯した」とか言ってるけど、借金とりに呼び出された。「お前のせいで」と掴みかかるけど、「俺達、泥棒仲間だろ」と脅しつけられ、「一人が死ねば、お前と娘と俺は助かる」と持ちかけてくる。叔母さんを捨てるのか・・・。

アボジを守れなかったと自責の念のスンジュに、ハルモニは「あなたは立派だったわ。金がなくなっても、プライドを捨てなかった」と励ましてくれる。
ジナ父がアボジと話し合って、「お父さんは資金をちゃんと用意してた。簡単に倒産するような状態ではなかった。でも告訴を躊躇ってる」という。

そんななかジャンスクが「妻が宝くじで買ったというのを信じてた。妻が勝手にやったこと」と涙ながらに訴えてきた。妻を切り捨てるのか・・・。たしかに騙されてた面もあると思うけどなあ・・・。
スアは「お前だけでも助けたい。元はあいつの罪だ。親族なら大して罪にならない」という父に、「自分の保身じゃない。優しい父さんなのに、他の父さんが良いと思う事に罪悪感があったけど、そうやって卑屈だから。もう、父親と思わない」と反発。

ゴヌは学科長に呼び出されて、「講義を再会しないか?」と言われた。
ゴヌが留学を辞めるらしいってことを聞いたスアは、ゴヌ母に「私は全てをささげて尽くしたのに、海外に行かないなんて酷過ぎる。」と怒鳴りつける。完全に壊れちゃってるよ。止めに入るハラボジを突き飛ばしたし・・・。でも、哀しいなあ・・・。

ゴヌは相変わらず力になってくれてます。中睦まじい二人。やっぱり似合ってる・・・。

ゴヌのハラボジは、鏡に向かって会話してる。誰と話してる?というユスンに、「見えないの?心の綺麗な人にしか見えないのよ。」と言って、ハラボジに合わせて会話して見せるゴヌ母。いい家族だよね~。ハラボジの人徳だわな。

ゴンスクの店選び。経営者でもあるユスンが抜群の行動力でバシバシ決める。
ゴンスクさん、ジナ父が気になってるのね~。


47話
ゴヌ母を怒鳴りつけるスア。「教えてください。スンジュに比べて私が劣る?何で裏切るの?どうして?スンジュがお金持ちに戻るから?私はゴヌさんを諦めない。邪魔しても無駄ですよ」って怖いってば・・・。
スンジュはスア母が逃げる前に話すと言い出した。ゴヌは法律まで調べて、「落ち着いて冷静に話して自白を引き出せ」とアドバイスをくれる。そばで待っててくれるから、心強いよね。
「何よりも重い罪は、ユンジュに世間は汚いものだと教えたこと。あなたがおしめを替えて育てた子。母の日には花を送ってた子。」という訴え。「あの金融業者のせい。それに、夫のせい。お願いだから許して」とすがりつくオバサンに、お金のために夫を売るの??とスンジュ。

外で待ってたゴヌ。そこに帰ってきたスアは「私に会いに来てくれたのね。すぐにロシアに行こう。先輩が愛してるのは私なの。」って、完全に狂ってるわ。ゴヌが「僕は君が嫌いだ。話したくない」とかなり厳しく突き放した。
スアは「パトカーの音がする」と幻聴を聞いたり大変なことに。

ピンクはスアに怒鳴られたのがかなり怖かったみたいで、夜中にひきつけ起こしちゃう。パニク状態で、家族にヘルプ!!ゴヌ母って元看護師なんだっけ?落ち着いてるよね。
あの女!ぶっ殺してやる!なゴンスクの怒りで、ゴヌはスアが暴れたことを知った。

アボジは、「家の名義貸しをした」ことが罪に問われるかも?と告訴を躊躇ってる。それに、親族だから横領でも大した刑罰にならない。

ゴヌとスンジュがわかれちゃったのをジナはアボジに話した。感謝する人が沢山いるって、ゴヌの家族に良くしてもらったのを説明。
退院したときに、ゴヌに頼んで家族にもお礼に出かけました。ハラボジの名言が炸裂。「罪を許せることで生きていける。罪を問うなら、自分の罪も問わなければ」

ジナが、父親に甘えるシーン良かったね。ユンジュの父を見て心配になったみたい。ジナ父の気持ってハッキリしなかったけど、「スンジュが好きだけど、勝手な行動はしない」なんだな。そういうポリシーを貫く所があるんだな。

ゴンスクの美容院開店!!内装もお父さんがやって、皆でお祝いです。これは感激するよな。


48話
スンジュ借金とりが使ってた偽名を訴えて告訴した。そして、「お金が必要だ」と電話して借金とりと会う約束を。直接対決するスンジュと借金とり。百戦錬磨の相手だから、大変だわな。「俺が盗んだけど、何か?世の中、正義ばかりじゃないぞ」と開き直った借金とり。しかし、ちゃんと録音もして、刑事が見張ってたのか~。

アボジは、ジャンソンを弟同然に思っていたからショックだし、訴えたくない。でも、それは自分の不徳だと思い直したみたい。
ま、すでにスンジュが動いてるんだけどね。「お前を清く美しく育てると母さんと約束したのに。世間の嫌な所を見ることになる。暴力を振るわれたかもしれない」と説教。
スアは壊れちゃったな。ゴヌが大学に戻ると聞いて、教授に「大学に戻るなんてダメ」と怒鳴りこんじゃう。なんで??な教授。「恋人の私がいるのに、浮気してる。ゴヌは素行不良です。」とか無茶苦茶や。
スンジュの所に「なんで、私とゴヌを引き裂くの?私はあなたの父の娘かも。あんたは娘じゃない。消えてよ」って完全におかしくなってる。

スア母は、「社長に謝って、借金とりに罪を着せよう!と夫に相談。スア母がゴヌに「盗んだんじゃなくて拾っただけ。告訴を取り下げさせて。お金は返す」とかアホな言い訳を。「盗まれたのは金ではない。人間関係です。謝りたいなら、罪を償って」というゴヌ。

スア母は警察から出頭しろと連絡が来て、焦ってアボジに会いに行く。媚売りまくるけど、無理がある。必死に謝ってすがる。ユンジュにも「あの時の私はお化けに取りつかれてた」という。本心から謝ってくれれば変わっただろうに、保身しか考えてないから「帰って」と言われちゃった。それで逆上して「私が面倒見てやったのに」と掴みかかる。スンジュが登場して「手を離せ!」です。ユンジュにこんなことして、許されるものも許されないわ。

ユスン、「ひとつだけ」と言われたのに、ハラボジのための柿を全部食べちゃった。これは怒られるよな。食欲のないハラボジのために用意してあったものなのに。


49話
「そんなに刑務所に入れたい?家族なのに」というスア母に、「家族なのに何をした?そんなことより、スアを病院につれていけ」とスンジュ。
ユンジュは「訴えは取り下げたら?母親代わりになってくれた。罰しないといけない?赦さないことも罪だ」と話すけど、スンジュは家族を守るのに必死なんだよね。ユンジュは「姉さんは変わっちゃったよ。ゴヌさんと愛し合ってた時の姉さんに戻ってほしい」ってアボジに甘える。
なんで別れちゃったのか?というアボジに、ジナが「アッパとスンジュさんのことをゴナ家族が誤解したの」とあっさり。
アボジはゴヌを呼びだして、ハルモニにも「スンジュの恋人です。結婚するはずだった」と紹介。2人を後押ししたいのね。「事故で人生観が変わった。スンジュの傍にいてやってほしい。スンジュは変わった。私はそれが悲しい」と。
帰りかけにスンジュにあったゴヌ。「別れたことを説明したよ」と言われて、涙ぐんじゃうスンジュ。

スアは完全に壊れて、夜中にゴヌ叔母を訪ねて「私はゴヌさんの婚約者」と騒いで、発作で倒れた。(すげー、そんあことあるか!って感じ。深刻なのに笑っちゃったよ)連絡受けたゴヌ。スンジュと一緒に駆けつけた。
ヒステリー性の発作でストレスが限界だということ。スンジュは信じたくなくて「「猿芝居をいつまでするの?騙されないで。いい気味だわ」とか、酷いことを口にしちゃう。ゴヌが「辛いんだろ。訴えを取り下げては?スアは罰を受けた。君が傷つくことになる」というけど、スンジュは「自分が傷ついたって良い」となってしまってる。でも、スアのために泣くジャンソンを見るとなあ。
「出会った時を覚えてる?君はスアを待ってて、僕を捕まえて”スアはまだ?”と聞いた。色んな事があったけど、まだ愛してる。」と抱きしめた。

ゴンスクさんの店はお客さんがあんまり来ない。ピンクがちょっと考えた。ジナ父に「開店祝いにお花を飾りたいってママが言ってるの。お花を持って来て」とお願い。かわいいお願いされたら、断れないよな~。ジナ父は紳士だし。


50話
ハルモニが「支援する」というけど、アボジはゼロから自力で再出発すると言って、まずはリゾート跡地を見に行く。
夢は消えてしまったけど、「世の中は甘くない。学生に事業ができなくて当たり前だ。ちゃんと可能性を育てて、自分の弱さも知った。良く頑張ったよ」と褒めてくれる。イイお父さんなんだね。子どもたちの名前を呼んで、「諦めないぞ」と宣言。

ハルモニは、アボジとジナ父に義兄弟の契りを交わしてほしいと言い出した。「家族のように助け合って生きよう」だって。ジナは嬉しそうだなあ。ジナ父も寂しい人だから、「スンジュのような妹が出来て嬉しいです」と受け入れてくれる。しかし。ジナとユンジュのカップルは結婚できなくなるぞ?それで良いのか?兄妹で満足か?

ゴンセは、スアに同情しちゃってお見舞いに。逃げだそうとしてるのを見つけて、「連れて逃げて」と頼まれちゃった。で、看護士さんたちから庇って、身内のフリしてあげる。「兄貴が様子を見て来いと行った」とか嘘を~。

スアは退院して母に会いに行った。ジュースに睡眠薬を混ぜて、母と自分とで飲む計画か。しかし、挙動不審でバレちゃった。「母さんが変えてしまった。ごめんなさい」なスア母。

ゴンセが「早くスンジュさんと結婚した方が、スアのためでもあるんじゃ?スアさんが哀れだよ」とゴヌにアドバイス。
ゴヌも、スンジュの助けになりたいって、「初めて奢ったレストランで食事しよう」とデートに誘った。「迷わない。正直に生きる。前回は断ったよね。理解したけど、今回は逃げないで。これからの人生を一緒に歩きたい。苦しみを分かち合いたい。僕と一緒に年をとろう」とプロポーズ。陳腐だけど、誠実でゴヌらしいよね。「ゴヌさんを愛してる。ずっと一緒にいたい。」と答えてくれた。良かったね~。やっと結婚できるか~。「君が準備できるまで待つ」ってゴヌはホント紳士っすね。あの時の指輪をもう一度受け取ったスンジュ。でも、「パパの事業がおちつくまでは、結婚したいとは言えないわ」ってスンジュ~。とっとと結婚しちゃいな!!

借金とりは、口先でなんとか罪をすり抜けようとしている。スア母が隠れてた借金とりの事務所に戻ってきた。「絶対にやり返す」とか言ってて、怖いな。

ピンク&ハラボジはかわいいよね。何気に和みキャラが沢山いるのが、このドラマの良いところ。

ボクヒは、ずっと疑ってた夫の同級生に訪問されて、「何こいつ・・・」。


51話
ゴンスクのお店を訪ねるジナ父。ピンクがかわいいから、良い橋渡しになってるな。「おしゃれにしてあげる」って、ヘアメッシュ入れてしまうゴンスクさん。「スンジュに振られたんでしょ~」とかいうゴンスクとだと、なぜか口喧嘩しちゃうジナ父。
ゴンスク、同級生が名前みて訪ねて来て「黒バラ会のボス」という過去をジナ父に聞かれちゃったよ~。

ジナは、ユンジュに「姉さんと呼べ!」ってじゃれついてる。ホント、和む二人だ。
ヒョクジュは屋台の仕事頑張ってて、安いけどあったかい靴をアボジにプレゼント。皆で楽しく笑い合って。幸せな家族だ。ハルモニは悪縁だと思ってたけど、良い縁だな。
そこに、またまたスア母が訪ねてきた。借金とりと再び組んでの逆襲。スンジュに「告訴を取り下げて」と願うけど断れられて、「復讐してやる」なスア母。
でも、スンジュは、スアが哀れでもあるのね。迷ってる。しかし、借金とりは「思い知らせてやる」と、アボジを車でひくことを計画。

ジャンソンが「スアの気がおかしくなった」とアボジに頭を下げにきた。記憶を失ったみたいで、詩の朗読をして、ヘラヘラ笑ってばかりいる。「このままでは娘を失ってしまう。妻の代わりに俺を刑務所に。娘には母が傍にいないと・・・」とお願い。
結局、アボジは告訴を取り下げた。「人を助けるのが先だ。」というけど、スンジュは「私は許せない」という。苦労したからね・・・。「私、間違ってる?スアが哀れだけど、罪は罪。」とゴヌに質問。思い出の丘に連れて行って、「君にプロポーズを断られたとき、凄くショックだった。でも長い目で見たら、断られて良かった。君の復讐したい気持ちは分かるけど、長い目で見よう。彼等は自分で作った監獄に囚われている」と話し聞かせます。スンジュは、スアを妹みたいに思って一緒に過ごしてきたからこそ想い出まで奪われた気持ちで、「お金の事じゃないの」って気持を説明。
ゴヌが抱きしめて、悲しみを癒してあげる。そうすることで、少しづつ許せるようになるかな?

ゴヌの家族も、よりが戻ったのを喜んでるけど、ゴヌ母は複雑な気持ち。「お母様って呼んでくれない」とか小さな事が気にくわない。
しかしゴヌ父は、勝手にスンジュ父と相談して、結婚させましょうってことにした。

告訴取り下げを受けて、ジャンソンは「俺が罰を受ける。お前はスアをさせてやれ」と珍しく父親らしい所を。これで、借金とりとの決別を決意したスア母。アボジを事故に見せかけて怪我させる計画を警察に届け出た。

ボクヒが喧嘩して実家で暮らす。ユスンとボクヒの妊婦二人に甘えられて、うんざりのゴンセ母は、「あんたらチャンと謝りなさい!」と男たちを叱責。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 姉さん | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/2776-2a08894b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]