FC2ブログ
  • 04月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 06月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

ファンタスティック・カップル7・8話

7話
記憶を取り戻すために、出会いの場に行くチョルス&サンシル。しかし、「過去は信じてる」なんてサンシルが言うから、チョルスは罪悪感でチクチクしながらも、言い出せない。言ったら出て行っちゃいそうだしね。
ビリーは記憶が戻ることを、チョルスは戻らないことを心配中。
サンシル、カメラ洗ってだめにしちゃって、こっそり庭に埋めて隠した。庭掃除だと思って、「手が荒れる」って心配するチョルス優しいねえ。そして、基礎化粧品+景品のカチューシャをプレゼント。ダサいといいつつ嬉しいサンシル。

チョルスにジャージャー麺の作り方習ったり、段々と仲良くなる二人。でも、食べようとしたら、ユギョンが体調悪くてヘルプしてきたので、チョルスは出て行ってしまう。遅くまで待ってるサンシルがしょんぼり・・・。帰ってきたチョルスは、残ってるジャージャー麺を食べてあげます。

カメラ見つかったら犯人とバレルと思って、犬のコッスンの小屋に突っ込むサンシル笑えた。でも、バレバレっすよ。コッスンを売り飛ばす!っていうチョルスの芝居に引っかかって、「ゴメンなさい・・・」なサンシル。

コートを買ってもらうサンシル。ちゃっかり高いのを選ぶサンシル。記憶が戻らなくても好きになれるかな?とか言い出しちゃって。

仕事で島に行ったけど天候が悪くて帰れないチョルス。心配して、翌朝、港で探し回るサンシル。かわいいねえ。

ユギョンは、「サンシルに記憶も帰る家もない」ってのを聞いて、「恋人じゃなくて面倒見てただけ」と思って一安心。

ビリーにアンナから結婚記念日のプレゼント?でビデオが届く。別荘+島を二人のために買ったことや、夫に殺された知人の話、それに「死んでもあなたに遺産は入らないわ。寄付する」というビデオ。
じゃあ、死亡が確定したら文無しジャン!迎えに行ったら??と思うけど、今まで無視したし・・・。連れ出したチョルスが悪いってことにするしかないのか??
チョルスが音を上げて放り出したタイミングで迎えに行く計画を。


8話
帰ってきたチョルスに、心配したって泣いちゃったサンシル。からかうから怒っちゃうけど、かわいいねえ。

風邪気味だっていうチョルスを看病しようとするけど、ますます迷惑ばっかりなサンシル。ユギョンがシッカリ来て、寝てる間に食事作ったりチャッカリしてる。サンシルはガッカリで家に居づらくて散歩に。サンシルが迎えに来て「ユギュンに気兼ねするな」って言ってくれたけど・・・。

ビリーの秘書さんヨングが、何故かチョルスの弟分のお母さんと知り合い。皆でリゾートに遊びにきてって誘ったら、サンシル=アンナも含めて近所を誘ってやってきちゃった!ヤバイジャン!!
でも、格好も性格も違うから社員も気がつかない。カンジャが勝手にフラフラ住居の方まで行っちゃったから追いかけたサンシル。カンジャはアンナとビリーの写真を見て「オンニの写真」って勝手に持ち出しちゃう。ビリーに会っても「ゴメンなさい」とカンジャの代わりに謝るアンナ。「アンナが変わってしまった・・・」とショックなビリー。

アメリカに記憶があるっていうサンシル、映画を見に行ってみる。でも、周りの恋人達をみてドキドキしちゃうサンシル。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ファンタスティック・カップル | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/2863-a4445eb5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。