FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

必殺!最強チル 1・2話

2008年KBS
【演出】パク・マニョン【脚本】ベク・ウンチョル
【登場人物】エリックユ・アインク・ヘソンチョン・ノミン
乗りとしては、仕事人とかの類?分かりやすく、そして痛快ってやつ?
★チェ・チル役(エリック)義禁府羅将で、刺客団のリーダー。
下級官吏の義禁府羅将としてのチルのモットーは、良くも悪くも目立たずに、穏便に生きている。
妹ウヨンの養母キム・ホンジョが謎の死を遂げた。妹ウヨンの養父キム・ホンジョが謎の死を遂げた時、己の安全も顧みずに怒りをあらわにしたウヨンが死に至る。これをきっかけに、「世の中に腹をたてない」という悟りが、崩れ、正義感がよみがえる。
★ソユン役(ク・ヘソン)義禁府の官奴。チルの初恋の人で唯一の恋人。
幼い頃貴族の娘だったソユンは、書壇でチルに初めて会った。チル、ヨンジュと一緒に遊んで成長した。十七才で清国皇帝に捧げる貢女に選ばれた。助けてくれと、一緒に逃げようとチルに頼んだが、チルはソユンのために、妹や養父母を捨てることにためらいつつもやくそくをかわした。しかし、ソユンは現れなかった。時間が流れ、奴婢になって戻ってきたソユンだがチルに近付くことはできない。
★ミン・スングク役(チョン・ノミン)芸文館士官。刺客団に二番目に加わった人物。武器は編み笠刀。武術の達人。最高位の貴族の息子で、融通が利かない。ニックネームは竹割先生。刺客団の中で唯一の貴族で、貴族の不正な情報を収集する役目を担当する。まっすぐで高尚な精神で武装した、刺客団の戦略家。天文易経にもたけている。


1話
万民に教育と官吏になる機会をと進善門で訴えて、逆賊として成敗された両班の男。彼は、身分の差のない平等な村、無倫堂をたてたんだね。しかし、その息子チルは身分の違う子供を最初は見下していた。しかし、喧嘩をするうちに仲良くなっていく。
しかし、村は襲撃される。母は殺されてしまう。父に「妹のウヨンをまもれ」と言われて、妹と友人と隠れて生き延びた。父は殺された・・・。それは、あの友人の父親。裏切ったんだね。チルを殺そうとする父から、体を張って守った。父は「何としても生きろ。世を変えよ」と告げて亡くなった。

成長したチルは「生きるため」に変わってしまった。お上に訴えを起こそうと、進善門の鐘を鳴らそうとした庶民(どっかでみたと思ったら、憎くても可愛くてもの主役の人だ)に、「騒がないことだ」と諭す。しかし彼はやっぱり鐘を鳴らした。結局、何を言っても、官に言いくるめられちゃうだけなのに・・・。
世の中では、金貸しをする役人が増えて、チルの方な下級役人に取り立てをさせる。それが嫌なチルだけど、妹のウヨンの養父が相手だと聞いて、仕方なく引き受けた。志のためだと、官吏になるための金を使い、貶められても耐えているウヨンの養父。借金の返却ができずに、棒うちの刑にあってしまったりする。
妹のウヨンは、信念のない兄を軽蔑し、怒っている。

チルは、ソユンが客の相手をしないで良いように、金を使って守ってる。でも、それで金に苦労してるんだね。しっかし、ソユン(ク・ヘソン)はかわい顔だ。
子供の時に知り合ったソユン。当時はお嬢様だったのね。星が欲しいと冗談言ったソユンに、ホタル=星をとってあげた、ほのぼのした思い出。
だけど、ソユンは「辞めてほしい。裏切ったのは私」とチルを拒絶する。チルを裏切って昭賢世子の妻として清に渡ったけど、奴隷として戻ってきてる。

妹の養父が亡くなった。Zの刀傷があるのに、でき死だとされた。妹は「父は何か証拠を握ってた」というが、草書なので読めずに、同僚に相談。「世子は毒殺だった」と書かれていたらしい・・・。これは、捜査を続けてもらおうとすると危ない・・・。
審議の場で、書を差し替えてしまうチル。罰せられても生きてるだけでマシだと考えて、鞭打たれる妹を見守るチル。だけど、絶望した妹はチルを拒絶し、進善門の鐘を打つという。
しかし、「無倫堂をおこした父は、光海君をころす口実のために今の王に利用され、踊らされたんだ。かかわるな」というチル。それでも意地を張る妹を、気絶させて、遠くに逃げようとするチル。準備をしている間、妹の面倒をソユンに頼んだ。でも、ウヨンは逃げだしちゃった。
しかし、敵に捕まって殺されてしまった。チルは、鐘を打った!!




2話
チルは、怒りに任せて役人ホ・ウォンドを殺した。その部屋に隠れていた謎の男に素性を問われたが、とにかく逃げきった。逃げ込んだハン家では、寡婦がとらえられて「妊娠してる」とウソの診断をされて、自殺に見せかけて死罪にされてしまう。

チルは一時落ちこんでいたが、明るい家族のおかげで立ち直ってきた。仕事にも復帰。還郷女の水浴びの警護班になったチル。でも、ホ・ウォンドを殺しが、夫に売られた還郷女の犯行とされ、元妻が自首してきたために、明日、刑の執行となっていると聞いて、気になった。罪人の警護を交替しに行き、彼女を逃がす・・・。彼女は「自分の息子がやった」と思いこみ自首してきたのか・・・。逃げる前に、義禁府に襲撃があって、目をつぶされた息子が彼女を救いにきた。(清で生まれた子なので、ウォンドに片目をつぶされた息子。ウォンド、ひでえ・・・)

翌日、官吏たちは厳しく叱られるが、チルは「一人で追ってて負傷した。倭にわたると言ってた」とか芝居して、免れてヤンの。実は、こっそりと母子を逃がしてあげたチル。

チル。ウォン度の部屋で会った男と行きあって、刀を向け合っているとき、ハン家の幼い子供ドヨンが「母は自害ではない。祖父が殺した。母の作った風車をあげますから。神様・・・」と訴えているのを聞いて気が緩み、謎の男は逃してしまう。さらに、湖に落ちちゃって、ドヨンに「神様!」とか言われちゃう。神様のふりして、話を聞いてみるチル。

チルは、勤務している中で、ハン家の寡婦の自殺が「列女」として称えられていることを知る。そして、幼いドヨンの様子を探ると、遠くに連れていかれている・・・。ドヨンの身の危険を感じたチルは、追いかけてドヨンを救った。ドヨンに尋ねると、祖父は亡くなった母を自分のものにしようとして断られ、体裁が悪くて殺したと・・・。

チルは、ドヨンを見て「刺客になろう」と決意。黒い覆面がバットマンもどきだ!ドヨンの風車を祖父をおびき出して、罠を使って逆さづりに。

チル、訓練中にあの謎の男を発見!
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 必殺!最強チル | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/2968-28bf12e5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]