FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ファン・ジニ 19話途切れた心

ミョンウォルとプヨンが王の前で舞を披露する日がやってくる。メヒャンは2人のうち、王が選んだ方に女楽の行首の座を譲ると宣言する。
メヒャンは、弟子のプヨンに「よく修行に耐えた。普段どおりに」と声をかける。プヨン奇麗だったよね~。
だが、松都教坊の先輩妓生チュソンは、いまだにペンムの死から立ち直れずにいるミョンウォルを宴に出しても大丈夫か心配する。クムチュンは亡きペンムのためにも最高の舞で女楽の行首になれとミョンウォルを励ます。
王宮の敷居の前にやってきたミョンウォルは、かつて同じ場所でペンムから言われた言葉を思い出す。「崖の上に立った気持ちで、懸命に精進しろ。そうすれば、この敷居をまたぐことができる・・・」という言葉。懸命に精進などしなかったミョンウォルは動けなくなってしまう。メヒャンが「師への恩返しだ」と声をかけて励ます。

宴が始まり、まずはプヨンが鳴鼓舞を披露。だが踊りだした彼女の舞は、メヒャンの鳴鼓舞の舞譜とは違っていた。当然メヒャンもすぐにそのことに気づく。プヨンは「自分の舞」を踊りたかったんだよね。私はプヨン好きよ~。ミョンウォルよりずっと努力もしてるし、自分なりに舞とは何か?を追求した結果だよな。ダメでもよいって思ってるんだろうし。「やりきった」っていう表情が奇麗だった。まあ、結果は思わしくなかったかもしれないが。

続いて今度はミョンウォルの「鶴の舞」の番になる。イエジョパンソが、ペンムの舞譜を見せて、事情を説明する。王さまは、ペンムの師の舞を見てて、見る前から贔屓してるじゃん。ミョンウォルは踊り始めるが、ペンムの噂話が始まってしまう。ピョクケスは「あの女が殺した。非情な舞だ。師を殺してまで権力を望む舞だ」とか言ってしまい。ミョンウォルは踊れなくなってしまたうえに倒れた。
ピョクケスが言ってるのはホントのことだし、ミョンウォルへの励ましだよなあ。悪い話が出たから、気が強いミョンウォルを発奮させるつもりだったように見えるけど・・・。

王さまは機嫌を損ねてしまう。ジョンハンが優しく抱き起こすけど、こういうのは良くないと思うよ。
ジョンハンともども、処罰が検討される事態になってしまう。メヒャンは「ジョンハンにも類が及ぶ」と心配するが、ジョンハンは「彼女を連れてかえってくれ」とメヒャンに指示。
そして、官服を王に返して辞意を表明、膝をついて謝罪し、刑を受けると申し出る。「才能を守る官吏でありたい」とか大ウソこいて・・・。好きだからだろ~?
王さまは「才能を慈しんでくれ。それが罪を購う道だ。今後は、宮中であのようなことをして隙をみえsるな」と言ってくれる。

ピョクケスに抗議に行くジョンハン。「ミョンウォルに構うな」って言ってるけど、ミョンウォルの芸を触発してるのはピョクケスの挑戦なんだよねえ。正直になれと言われて、やっと恋心を認めたジョンハン。正直言って、ミョンウォルの芸ということであれば、ピョクケスの嫌がらせは刺激になってる面もあるよね。ミョンウォルのエネルギーで、100%「負けず嫌い」だけで出来てるから。

プヨンは、舞譜と踊りを変えたのに何で?と思ってた。師匠のメヒャンに諭されてしまう。プヨンが自分の舞を舞譜にしてるの知って、踊りが違う→「これはオリジナル」と主張する計画を察知。ちゃんと差し替えてたのね。プヨンは「私の舞譜は完璧だった。ご自身の名前を書いたのが、その証拠です。私は、完璧な舞を舞った。勝ったのは私だ」というが、「術をろうする心根を入れかえろ」とメヒャン。「そう教えたのはあなただ・・・」というプヨンに、「私が悪かった。間違っていた。ペンムの死が教えてくれた。もう一度やり直せ」と言葉をかける。でも、プヨンの踊りへの情熱はすごいよ。策を弄しても、敗北しても、ひたすらに踊りに向かっていくプヨン。

ミョンウォルは、気が付いた時に一瞬ペンムの死を覚えていないほど混乱してる。そこここで、ペンムの存在を感じてしまうミョンウォル。
ヘンスの死を受け入れずに、「ヘンス様はどこ?」とか言ってる。下着姿のまま稽古に来たり。母のヒョングムが必死に諭してるけどダメ。
宴席で舞い楽を奏でれば立ち直るのでは?ってことで、宴席に出すけど、コムンゴも弾けなくなって酒ばかり飲んでる。ムミョンがぴったりついてフォローしてるけど、全然ダメだ。

ミョンウォルが酒びたりと聞いたピョクケスとジョンハン。ジョンハンは、メヒャンに頼んで様子を見て来てくれというけど、「力を貸すことはできない。自分で乗り越えなければならぬ。手を差し伸べるな」とメヒャンは諭す。正論です。
ムミョンが「ミョンウォルを守りたい。力を貸してほしい」とジョンハンに話しに行って、ジョンハンは揺れ始めます。

ミョンウォルは発作的に、ペンムの飛び降りた崖に行って「お傍で舞いたい」とか飛びおりか?って状況に。駆け付けたジョンハンが引きとめた。「やっと掴んだ手だ。決して手を放さない」とかジョンハン。くさいなあ・・・。
「このひとを、しばし預かります。技芸が喜びではなく拷問のような苦しみになるのなら、私の愛が慰めになるよう・・・」とか言ってるよ。

ピョクケスも心配したみたいだよ?居なくなったミョンウォルを探してる。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| ファン・ジニ | 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/3275-80417a72

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]