FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スターの恋人6話ひとりぼっちのクリスマス

チョルスは、マリがジェイン・オースティンの本を3冊読むことを条件に、1ヶ月間文学の家庭教師をすることを約束する。マリはチョルスの屋上部屋に居座り本を読み始める。

この辺、マリのキャラクタがいまいち定まらないんだよね。世間知らずで天真爛漫じゃなきゃ出来ないようなことをしてますよね。チョルスだけじゃなくて世間に対しても妙に無防備。でも、マリって世間に対しては警戒してるキャラクタじゃなかったっけ??
わがままが可愛く見えないのは、セリフが可愛くないからだと思う。天然っていうより、単に性格悪く見える。例えば着替えとかも持参してるとか、少し遠慮があると可愛げがあるのになあ。

姿をくらましたマリを心配する一方で怒りが頂点に達していたテソクは、マリを探してチョルスの家へ向かう…。
チョルスに金を渡すテソク。それもあって「他人を土足で荒らしまわるな」なチョルスに、「お金は私が渡したのか?代筆したのもあなた。それなのに目をそらして逃げてばかり」と怒るマリ。うーん。迷惑省みてないことは反省しないのかよ・・・。

チョルスはウニョンと電話。クリスマスに思い入れがないというチョルスが気になるマリ。

一方、ビョンジュンもチョルスの家を訪ねて来る。二人が寝てる所を見て、そこにあったチョルスのカメラで撮影。でも、友情が・・・。
って、カメラ放置してどうするよ・・・。

そしていよいよトークショーの収録日。テソクが出演キャンセルを伝えようとしたその時、マリがやって来た。
テソクはイエリンという後輩をマリの代わりに育て始めた。マリはテソクの用意した問答集も使わないと言って、独立しはじめる。
収録が終わったら、「クリスマスを過ごす約束だ」とチョルスを呼び出すマリ。
マリのクリスマスの思い出。せっかくもらった人形も、施設をしてるハルモニは「欲しがる子に譲りなさい。心が美しいのが大事」と言う。素直に渡したけど、さみしいマリ。
チョルスのクリスマスの思い出は、母が男と出かけてしまい、妹に本を読み聞かせたこと・・・。
でも、ウニョンが「会いたくて」って帰国してきた。チョルスは行かなきゃって帰ってしまう。拗ねるマリ。「早く帰って来て」とか寂しがる。なんで?なチョルスに「好きだから」ってマリ。早いな。

ユリは母を探して、ジャズバーに。

マリに振られてふらふらのハヨン。従兄弟のウジンが「マリに指輪をはめて連れてくる。かける?」なんて言い出す。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スターの恋人 | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/3608-b5ee7cf3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]