• 07月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 09月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

スターの恋人 7・8話

チェ・ジウさんの年齢を考えたら、「ノッティング・ヒルの恋人」のキャラに近い方がいいようなきがするんですね。日本の連ドラ「スタアの恋」のヒカル子さん的なキャラは、相当特殊ですから。マネキン女優・藤原紀香の特性を最大限にいかしたもの。あの天然キャラに近いパートが「苦しいなあ」と思ってしまう。


7話遠い日の記憶
マリ、「友達も家族もいない」って、ファミリーのスタッフ切っておいてさあ・・・。
ユリが病院に運ばれたという連絡が入り、チョルスはマリの車で病院へ。そこで行方知らずだったはずの母親ボヨンと出会い大騒ぎになる。
これを見ててイラッとするチョルス。マリは「帰ってくる?」ってブリっ子かよ。空気読めよ。幾つだよ。可愛くない。

チョルスはウニョンがフォロー。帰宅するマリにテソクが声をかける。あの星をプレゼントされて、「母にまつわる大事な思い出だ」と言われたマリ。「大人になったら迎えに来ると言ってた」と思いだす。

一方、ビョンジュンが撮ったスクープ写真を巡り、編集長、ビョンジュン、テソクは様々な駆け引きを展開。ピョンジュンは合成だとかいうけど、それでも出すとか言う編長。それでテソクに連絡して、他のネタを流す。

そんな騒動をよそに、当の2人は住み込み家庭教師の約束を実行に移す。
しかし朝食を食べているとテソクが現れ、隠れたチョルスの気配を感じ取ってしまう。
チョルスは、隠れなきゃならないようなことは間違いだと思って「僕を好きだとか冗談で言ったけど、辞めてほしい。本は一人で読め。僕は、あなたを好きじゃない。君は偽物だ。僕はウニョンを愛し続ける」

そんな時、ウニョンはチョルスの部屋で、日本でのマリとチョルスの写真を目にしてしまう。

ウニョンと教授に会いに行ったけど、代筆した教授の左遷とか聞いちゃうし、マリのエッセー(チョルスの作品)を褒められたりで、ちょっと複雑。ウニョンは「私が余計なことしたせいで、代筆することになって」と申し訳ないと語る。
ウニョン「今も会ってるの?」と聞く、チョルスは「本のことで会ったけど、もう会わないよ」と説明。

代筆疑惑がネットで騒がれ始める。代筆したと言う人が現れたんだ。チョルスを事務所に呼んだら、怪しまれるだろ?って気がするけど・・・。チョルスは「私じゃない」というけど、テソクは「マリがメディアに露出するからだ」といかる。


8話友達以上の関係
代筆をした責任を感じ、引き続き家庭教師をすると言うチョルスに、マリは断固として拒否する。
でも、なし崩しに同居することに。しかし「チングだ」とか言って、ダラダラ遊びまくりじゃね?っていうか、同居が必要なのはなぜ?

マリの事務所にはマスコミが詰め掛け、テソクは記者たちの対応に追われながらも、マリに専属契約の更新の話を持ちかける。
そして「まだチョルスに会っているのでは?」と疑うテソクに、マリは思わずその場しのぎの嘘をつく…とそこにチョン・ウジンが現れる。
ウジンを恋人だというマリ。ウジンは「協力出来てうれしい」とマリを送っていく。どうやら、マリを窮地に落とし入れて、婚約までもっていくつもりなんだね。
チョルスは家で待ってて「マネージャーです」とテソクに名乗る。バレバレ。

マリ、ネットの騒ぎもあって映画を降板することに。

一方、ウニョンはチョルスが住み込みの家庭教師を始めたことを聞き、心配になって早めに帰国することを決意する。
チョルスはウニョンの方が似合ってるんだよなあ。チョルスはマリに気持が動いてる気がするけどね。

ユリの手術台。おばさんたちが、チョルスからとってた家賃を貯めてくれてた。家賃でも取らないと遠慮するからという叔母さん、いい人だ~。

マリは、夜中にチョルスにい会いに病院に。チョルスはウニョンとお茶してたところで病室にいなかった。とはいえ、鉢合わせしてウニョンにはばれた。薄々分かってたウニョン。どういえば良いか分からなかったというチョルスに、「私のせいだから・・・」とウニョンは責めないし、疑ったりもしないという。
ウニョンは、「彼を信じてるから、二人の関係は心配しない。ただ、代筆は私のせいなんです。彼の小説素晴らしいんです。チョルスが巻き込まれるか心配だ。会わないで。優しくて責任感が強い人だから、」とマリに。

マリはチョルスの簡単な「フリーの方がいいんんじゃない?」ってのにつられて、契約をしない。あの記事に裏を感じたスタイリストは、「記事をもみ消したら説得する」とテソクに。ウジンのせいなんだけどねえ。

ユリの手術台をだそうとするマリに、「超えてくるな」と線をひいたチョルスだけど、マリは線を越えてきた。チョルス、キスしたよ。うーん、似合わん二人だなあ・・・。萌えないぜ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スターの恋人 | 15:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/3624-987918a3

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。