FC2ブログ
  • 05月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 07月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

スマイル 8話

突っ込みどころ満載っすねえ・・・。作りが甘過ぎて、問題提起にすらなってないような・・・。

林が死亡。うっかり助かってるって展開もあるかなと思ったけど、すんなり死亡という形に・・・。それも明らかに殺意があっての銃殺。追い込まれてたとはいえ、その状況は「僕は信じてもらえない」という意識があって、派出所襲撃のあとにいいなりになった結果なわけで・・・。
ビドの抱える弱さや醜さを書くつもりで脚本が構成されているなら良いんですけど、「ホントはいい子なのに。人を信じてる子なのに。明るい笑顔の前向きな子なのに」ってのが、言葉で直接的に何度も何度も語られてきてるので、脚本家の意図はそこにないんだろうなあ。エピソードでは、「前向きになる」と口で言うばかりで、あんまり具体的じゃないし・・・。上手く実行できないことで、ビドがもっと自省したりもだえたりしてくれればよいんだけど、割とあっさりしてるし・・・。
で、さらに公共交通機関を使っての逃避行・・・。少しは隠れようとしなくていいのか~って感じ。これじゃ花も犯罪者になっちゃうし・・・。
伊東に電話して、「迷惑掛けてごめんなさい」ってだったら逃げるなよ・・・。
花は「守ってくれたんだ」とか脳内お花畑なこと言ってるけど、花がやばいってのにプラス「フィリピン野郎」がなかったら、殺さなかったように思う描写だったけど・・・。ビドも「一緒にいてくれてありがとう」とか言ってるけど、状況の激しさに比べてビドが孤独をかみしめるシーンがキッチリ書かれていないので、言葉が軽いんだよなあ・・・。

富士山だけはきれいでしたね~。やっぱ富士山って見れるとうれしくなるものだ。このあたり、ビドは外国人ではなく日本人なんだってのを強調するのに使えばよかったのにね。もったいない。
で、「自首して罪を償ってくる」とか言ってるけど、すでに自首じゃないんだけど・・・。脚本家がミスってるよなあ・・・。
で、旅館なんかにふらふら行くなよ・・・。罪を犯したって意識がないとしか思えないし、警察みたら逃げるって、それは自首するつもりないってことだろ~。機動隊到着早すぎ&なぜか立てこもり犯は笑った。それに、あの状況で突入するか?アリエンだろう~。だからって、猛抵抗するビドも可笑しいし・・・。伊東や花がビドを庇おうとするならともかくさあ・・・。

で、逮捕直後~裁判開始までの3カ月。自分が人を殺したという意識や、裁判に対する不安など、一番ビドが精神的に揺れたであろう期間をすっ飛ばしたのはもったいないなあ。あとから描写されるのかもしれないけどさあ・・・。

で、伊東が「好きだったけど、在日コリアンだったから結婚できなかった」という話をします。これは、一応は差別というよりも「違う文化背景を持った人の接触」だよね。伊東の家族の方も、日本人との結婚は望んでない。伊東は、やはり「異質な存在」と認識されることが苦しくて、日本人になりたいという気持ちがある。アイデンティティの揺らぎは、単純に差別がどうこうという問題じゃないんだよねえ。
海外には、移民として生きる人々の故郷と移民先に対する複雑に絡み合った秀作が沢山あります。客観的には「差別」と言えないようなことでも、当事者が感じる疎外感そのものはリアルに描かれて胸に迫るものもあるし、誰もが経験する孤独が「移民である」ということに簡単に結びつくことで感情として固定化される不幸な経緯なども、なかなかドラマとしては深いものがあります。
でも、この脚本じゃなあ・・・。流石の中井貴一も、この唐突な語りだけではキッツイだろうねえ。
あと、花はともかく、ビドが「運命を受け入れて笑顔で乗り越えてる」とはとてもじゃないけど思えないんだけど・・・。夢を持ってるとかいうのも、如何にも付け焼刃っぽいしさあ・・・。「俺の選択だ。俺の人生を肯定して生きないと」という言葉は、「選んだ道だ。差別だ、不遇だと言う気はない」って感じでつながるセリフだと思うんだけどなあ。そこに複雑な感情があるのはあたりまえだけど、それは「不遇だと訴えても仕方ない。だけど・・・」という流れで示された方が良いような・・・。やっぱり脚本家がテーマについて突っ込んで考えてないんだろうなあ・・・。

で、裁判員制度・・・。うーん。キャラクタがバラバラで多彩ではありますが・・・。なんかなあ。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スマイル | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/3692-e858df67

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。