FC2ブログ
  • 06月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

風の国 36(最終)話

風の国 最終章<ノーカット完全版> [DVD]風の国 最終章<ノーカット完全版> [DVD]
(2009/11/04)
ソン・イルグクチョン・ジニョン

商品詳細を見る

終わりました~。なんだかな~な話でした。私は、海神のイルグクさんは好きだったけど、チュモンもムヒュルも好きになれなかったな~。なんというか、どっちも「主人公だから、伝説の人物だから持ちあげられる」って感じで、この人につき従って生きたい!という気持ちになれなかったんですよね~。
あと、ヨンの馬鹿さ加減に・・・・。ムヒュルもたいがい馬鹿だったけど、ヨンにはハアア???の連続だった。



プヨ城を攻めるムヒュル王。ヨンを使えばムヒュルを降伏させられるというペグクだが、それはプヨ国王テソもトジンも考えないこと。彼らは「国の民を守る」って意味で一貫してるし、ヨンがプヨの民である以上はそういうことはしない。将軍が見捨てられるのは職務のうちだけど、民は違うからね。

プヨ城陥落。え???って感じでしたね。こんなに簡単なのかよ!!って感じ。
トジンは、傷を負って宮殿に。ヨンが助けようと必死で、場所に乗せて脱出&治療します。しかし、一緒に落ちた兵の中に、ヨンに「お前のせいだ」といって斬りかかるものがでました。当たり前だよね。王族のくせに、国を高句麗に売りまくりだったわけだから・・・。しかし、トジンにとってはヨンこそが「プヨ」の象徴。彼は兵を殺してヨンを守ろうとしました。ヨンを、マファンの商団に密かに送って治療を受けられる環境にしてやるトジン。やっぱ、この人が王だったら良かったのにな~。そして、手紙を託します。風のように去って行ったトジン。かっこええ~。

テソ王の前にたったムヒュル。「俺はお前の祖父や父と戦ったが、お前もたいしたヤツだ。お前の勝利を祝ってやる。一杯受け取れ」と酒を注ぐテソ王。いやあ、テソ王はホントにかっこええ・・・。
「高句麗とプヨは兄弟国です。降伏するなら、王の命を守る」なムヒュル。でも「みじめにさせるな。民を守れなかったのに。俺の夢は、古朝鮮の地を取り戻すことだ。チュモン神剣で俺を殺し、お前は千年続く大帝国を成せ」とテソ王。そして、首を斬られます。うーん、やっぱ、ムヒュルよりテソがかっこいいわ。

ヨンが見つからないまま、高句麗の宮殿に戻ったムヒュル王。「今回の勝利は終わりではなく、始まりだ。俺と高句麗の進軍はけっして止まらない」と宣言。

「長い戦争がやっと終わった」というムヒュルに、「チュモン大王とユリ王の恨みを晴らしたのです。お二人は喜んでいるはず」とヘアブ。これもな~。正直、チュモンがプヨ国を裏切ったわけで、恨みがあるのはプヨの国の方が深いと思うんだよね~。ヘアブが「高句麗の立場」でしかものを言わないのは分かるけど、ムヒュルは「高句麗を恨む」といってプヨに助けてもらった男だから、別の視点を持つべきなんだよね・・・・。
でも、「その為に、とても多くの者を失いました。」としか言わないんだよね・・・。ま、ヘアブに理解できるのは、そういう感情的な話なのかもしれないが・・・。

ムヒュルは、トジンからの書簡をチュバルソから受け取ります。「父母が死んだときから強くなりたかった。俺が弱くて、愛する者を守れなかったからだ。強くなり失くした物全てを取り戻し、俺が愛する者達を守りたかった。敵だったが一時は俺の全部だった友、お前は俺にとってそういう存在だった。お前の為に全て失ったが、お前を恨みはしない。ムヒュル、お前にとっても、俺にとってもひとりの女性、ヨンを守ってくれ」と書いてある。トジンはかっこいい男だったな~。国のために、民のために、ひたすらに尽くした男。プヨの象徴「ヨン」を頼むといったということは、この後の民を頼むっていうことだと思うんだよね。

ヨンのもとに駆けつけるムヒュル。「申し訳ありません。全てを失くしたトジン兄さんを置いて行くことはできなかった。生まれ変われたら、同じ天の下で生まれたい。ホドンに会いたい」とムヒュルの側でヨンは息を引き取ります。

5年後。「母親に会いたいか」と聞くムヒュルに、はいと答えるホドン。「私も会いたい。お前の母は、全ての民の為になる大王になれといった。」とムヒュル。「どうしたら素晴らしい大王になれますか?」と聞くホドン王子に、「風のような大王になればいい。見えないがどこでも見ることができ、いつも民の側にいる風だ。疲れている民の汗を拭い、適を蹴散らす突風になる。そういう風のような者が素晴らしい大王だ。ホドン、素晴らしい大王になれるか」と問うムヒュル。「必ず、素晴らしい大王になります」と答えるホドン。
私は、トジンこそ「風のような人」だったと思うんですよね。目に見えない「黒影」として、陰になり日向になり、国に尽くした。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 風の国 | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/4254-bfb9d8b8

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]