FC2ブログ
  • 06月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP

  • [No Tag]

≫ EDIT

東京DOGS7話

もう、まともにストーリーを楽しむ気持ちは失せてきた。おバカドラマってわけでもなく、作ってる側はソコソコまじめなんだろうなと思うのだが、メインの神野ネタってもっとやりようがあるだろって感じ。
神野の組織にどうやって近づいていくのが、そこの試行錯誤がなくて、チョットしたドンパチと結果報告の警察の事務所のシーンだけで進んでいくってのでは、やはり興味の持ちようがない。
ユキちゃんと奏の関係での、ベタ~な「信じてくれる人がいる」ネタなんかも、二人が信頼関係を作る過程が適当なので、盛り上がらない。
もうコレは、かっこいい二人組をぼんやり眺めて楽しむドラマと割り切ります。月9はそれでよいのかもしれないしな・・・。


あらすじ(公式から)
高倉奏(小栗旬)に、松永由岐(吉高由里子)は神野が自分の恋人だったことを思いだしたと打ち明けた。以来、気まずくなる奏と由岐の雰囲気に工藤マルオ(水嶋ヒロ)はやきもきし始める。

神野は逃がしたが、特殊捜査課は組織の部下を捕らえていた。取り調べていた鈴江光男(志賀廣太郎)は野球賭博に関する情報を得た。プロ球団、シャークスの矢野亮介(塚本高史)が関与しているらしく、奏とマルオは張り込みを始める。そんな中、マルオは、久しぶりに奏と3人でディナーをしないかと由岐を誘う。

その日、由岐は西岡ゆり(ともさかりえ)、堀川経一(勝地涼)と神野との思い出が残る場所を巡る。由岐は過去のほとんどを思い出したが、ニューヨークでの最後の記憶が封印されたままだ。早く全部思い出したいと焦る由岐に、ゆりは辛い記憶を無理に思い出す必要はないと話す。

その頃、球場で矢野を見張る奏は、本人に聞いてみると言う。しかし、素直に答えるわけがない。その時、マルオはスタンドに不審な男を見つける。

帰り道、由岐とのディナーを念押しして奏を先にマンションへ帰すマルオ。マルオはディナーのためのケーキを買いに行く。と、その店先に球場で見かけた不審者が。マルオが追うと、男は雑居ビルへと姿を消す。そこは、賭博に参加している組事務所。中からは、賭博に関する男たちの会話が聞こえる。マルオは、事務所へと飛び込んだ。

一方、マンションに戻った奏は、由岐と2人きりで…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 東京DOGS | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/4489-9f8a74c2

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。