FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不毛地帯 9話

橋部さんらしく、娘の結婚前夜に「おんぶしよう」というシーンはとても良かったですね~。
「好きな人と結婚するのが幸せ」という佳子さんの言葉。この言葉は、「佳子は俺と結婚して幸せだったのだろうか??」という自責に向かっていく言葉なんですが、やっぱり唐沢さんはそういう複雑さを演技で出せてない気がするな~。もっとハッキリした感情を表現するのであれば、凄く上手い人なんだけどな~。

正直、唐沢、天海、小雪に演技に繊細さがないんで、本当に恋愛模様が詰まらない。女性には「父性への憧れ」「前時代への思慕」があるハズ。設定的にも、それを匂わせるエピソードもあるんだけど、あんまり上手く演技で出てきませんね。
唐沢さんは恋愛もの向かない人だからな~。


あらすじ(公式から)
壹岐正(唐沢寿明)は、妻の佳子(和久井映見)を事故で失った辛さから逃れるためにひたすら仕事に没頭した。近畿商事社長の大門一三(原田芳雄)は、そんな壹岐の心情を察し、アメリカ近畿商事の社長としてニューヨークに駐在してはどうか、と持ちかける。

一方、近畿商事が輸出代理店を務めていた千代田自動車は、社運をかけて開発した新車タイガーを販売したものの、アイチ自動車のカロナや日新自動車のレッドバードといったライバル車に惨敗してしまう。しかも、近畿商事副社長の里井達也(岸部一徳)が中心となって合併話を進めていた富国自動車側からは、合併は白紙に戻したいとの申し出が入る。里井は、自主独立路線も合併の道も断たれた千代田自動車との取引にはもはや何のメリットもないとして、手を引くべきだと大門に進言した。

そんななか、ニューヨーク行きを決心した壹岐は、交換条件として、ひとつだけやりたい仕事がある、と大門に願い出る。それは、千代田自動車と米自動車産業ビッグ3の一角、フォーク社との提携を実現させたい、というものだった。大門は、それを了承すると、千代田自動車側やメインバンクとの交渉役を自ら買って出て、この件は社内でも極秘扱いにするよう壹岐に命じる。

その夜、壹岐は、娘の直子(多部未華子)にニューヨーク赴任の話を伝える。すると直子も話したいことがあるという。そこで直子は、鮫島辰三(遠藤憲一)の息子・倫敦(石田卓也)と結婚したい、と切り出す。直子と倫敦は、鮫島からも結婚を反対されていた。だが、直子の決心が固いことを知った壹岐は、倫敦との結婚を許す。

壹岐は、業務本部の部下だった兵頭信一良(竹野内豊)、海部要(梶原善)、不破秀作(阿南健治)だけに千代田自動車とフォーク社の提携話を打ち明ける。ほどなく、兵頭は業務本部を離れて石油部長になり、海部はアメリカ近畿商事の副社長として壹岐に同行することになった。壹岐の後任として業務本部長に就任したのは、里井の息がかかった角田保(篠井英介)だった。

渡米した壹岐は、海部やロス支店から呼び寄せた塙四郎(袴田吉彦)らとともに、フォーク社との交渉に向けて動き始めるが…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 不毛地帯 | 18:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/4548-58a47e25

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]