FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不毛地帯 10話

うーん、やっぱり壱岐と千里の恋愛パートはあんまり面白くないな~。橋部脚本らしくもなく、「運命を感じていた」とかナレーションで補足までしてるのに、二人の顔がまったく恋愛じゃない。コートを着せかけるシーンなんて、かなり良いシーンなのに、二人の力量不足を感じてします。
これと対になってるのが「ダンス」です。妻の死後の渡米で習慣化したレディ・ファーストでのコートを着せかけるという行為。でも、ダンスは「妻が生きているときから出来たこと」として、ダンスを習得した時期が語られます。あれは「出来たけど妻にはしてやれなかったことだ」という告白です。後悔の気持と共に、千里と踊るということに関する後ろめたさもアリという複雑な心情を乗せられれば、あの「軍にいた時に習った」というだけのせりふに意味が増す。でも、唐沢さんの壱岐だと、単純にダンスを覚えた説明をしてるだけに見えるんだよね。
橋部脚本って、やっぱり役者に読む力が要求されてるし、相性悪い人がやると脚本がダメになるんだな。誰がやっても良くなる脚本ではないんだなと思った。

あ、でも、寝た翌日にいきなりタメグチになる千里とか、抱きしめられて笑顔の千里がまるで「してやったり」な顔してるとか、家政婦さんが髪の毛発見!とか、下世話な方向に面白さがでるかも。

鮫島と里井副社長は相変わらずとってもいいですね。大好きだわ。逆に、壱岐は「スケールが大きい」とか言われながら、「所詮、この人は小姓どまり」って匂いがしますよね。まあ、それが実情に近いんだろうし、そう描いている部分もあるんだけど・・・。口で「汚いこともしてしまった」とか言っても、口先だけって感じがするんですよね~。


あらすじ(公式から)
アメリカ近畿商事の社長に就任した壹岐正(唐沢寿明)は、米自動車産業ビッグ3のひとつ、フォーク社と、経営が悪化していた千代田自動車との提携を画策した。交渉は困難を極めたが、陸軍士官学校の同期でもある韓国の光星物産会長・李錫源(榎木孝明)の助力を得た壹岐は、フォーク会長との会談に成功し、千代田自動車との提携に関する委任状を取り付ける。

本社に委任状を届けるために帰国することになった壹岐は、韓国に立ち寄り、李のもとを訪れた。李の仲介により、崔大統領に会う機会を得た壹岐は、ソウルで地下鉄の敷設計画があり、日本の援助を必要としていることを知る。

帰国した壹岐は、ただちに副社長の里井達也(岸部一徳)を訪ね、千代田自動車とフォーク社の提携に際し、連絡に行き違いがあったことを謝罪すると、崔大統領から得た韓国の地下鉄計画の情報を伝える。それは、里井抜きで提携話を進めたことに対する、壹岐からの手土産だった。その際、里井は、副社長のひとり、一丸松次郎(山田明郷)が次期社長の座を狙って積極的に派閥作りを進めている、と切り出し、壹岐に意見を求めた。それに対して壹岐は、次期社長は、社長の大門一三(原田芳雄)を長年支えてきた里井をおいて他には考えられない、と答える。

東京本社に顔を出した壹岐は、一丸に呼び止められる。一丸は、計画が差し戻された韓国の合繊プラントが、壹岐の交渉のおかげで再検討されることになり、喜んでいた。別れ際、一丸は、里井のことを持ち出し、壹岐が東京に戻ったら関連会社に出すつもりでいるから気をつけたほうがいい、と忠告する。

その夜、壹岐は、銀座で開かれていた秋津千里(小雪)の個展に顔を出す。壹岐が帰国した日に、ちょうど千里から案内状が届いたのだ。壹岐と千里は、2年ぶりの再会を果たし…。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 不毛地帯 | 17:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/4583-93c48cbb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]