FC2ブログ
  • 08月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

テワンセジョン大王世宗77話 世子の四輔星

文字創生に燃える世宗のもとに、スクチェがやってきた。なんで気持ちが変わったの?なユンフェに「断酒するなら教えます」な孫婿。酷いよ~なユンフェに「おじい様を失いたくない」というスクチェ。泣けるのう。ユン・フェは「痛いんだよ。酒がないと・・・」というけど、スクチェは心配しまくり。いいねえ~。じいさんと孫ってのは、親子とは違う情があるよね。韓国ドラマでいいなあと思うのは、現代ドラマでもハラボジ・ハルモニがバンバン出る所だな。

スクチェを迎えに来たのは、記里車を伴ったファン・ヒ。父が乗って国中をめぐって測量した車。「お前の父親の迎えだぞ」と言われたら、乗るよね。

天文器がみたいというスクチェに、世子は星を見せてあげる。北極星(王)の一番そばにある四つの星=四輔星を見て、「自分の位置を確かめたかった。」といって、王を代行する世子の四輔星になるように昇進すると誓うスクチェ。
この一連の流れ、ほんとうに泣ける展開だったわ・・・。

世子の代理聴政人事が進められるなか、世子妃が世宗に自らの不貞を告白。廃妃を求める。世子妃の最後の世子への気持ち。しかし、王妃は「何と軽はずみなことを」といいつつも、世子妃を「大丈夫か」といって、手をとって慰める。夫が忙しすぎて夫婦仲が可笑しくなってたのは、世宗と王妃もかわらないもんね。娘が亡くなる時に「仲良くして」と訴えるほどだったし・・・。

世宗は、王室を守るためには自分を廃位すべきだと言い出す世子に、「ひとりで苦しませてすまなかった。ふがいない父だ」と詫びる。

一方、チェ・マルリのもとに、世子妃と戯れた女官が保護を求めてやってくる。あんな四角四面男の所に、不貞の話なんかしたら、一発で処分されそうだけどな~。やっぱり捕まってるし・・・。

しかし、世宗がホンキで文字を作ろうとしていることに気づいたマルリ。周囲に言われて、醜聞を葬り去ることと引き替えに、代理聴政の辞退を世子に求める。世子にも「代理聴政は文字作りのためですよ」と、世子が信頼されているからではないといささやく。

世子は、「なぜ、集賢殿にかくして進めるのか」と世宗に尋ねた。民のために文字を作りたいという世宗の思いに対して、世子も「民のためになる優秀な臣下を失いたくない」と訴える。世宗は、「始めの一歩にしては難しすぎる命題だが、お前に政務は譲ったのだから、決断せよ」と言う。

世子が出した答えは、私は負けませんという答え。マルリも「私は世子の臣下である前に、朝鮮のために尽くす官吏です」と負けません。
クリックよろしくお願いします→ 拍手する

| 大王世宗(テワンセジョン) | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP















非公開コメント

http://utw0405.blog46.fc2.com/tb.php/4586-b2bb11da

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

魔王 DVD-BOX 1 復活 DVD-BOX 1 家族の誕生 [DVD] 私の恋 [DVD] 済州島の青い夜 [DVD]